少額訴訟における、証拠について。

公開日: 相談日:2019年07月12日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

お世話になります。
不動産業者からの依頼で、建具の修理を行い、3万円を請求しました。しかし、半年以上たっても、支払われません。
口頭で依頼されたため、注文書など、不動産業者の社名の入った書類はありません。
こちらには、作業日報、請求書、内容証明の控えがあります。
少額訴訟を、起こそうと思いますが、
証拠が、あまりないと勝てないと言われました。相手側の反論の余地は注文書がない事くらいですが、この程度の証拠では、弱いのでしょうか?
少額訴訟を起こした場合、勝訴すれば債権回収も期待できますが、もし負けた場合には、何か、相手側から請求されたりするのでしょうか?
また、少額訴訟で、勝訴しても、異議申し立てで負けたりした場合も、何か請求されるのでしょうか?
いろいろと、不安で、仕方ありません。
宜しくお願い致します。

822605さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    宮城県2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    順番は先後しますが、敗訴したからといって直ちに被告側から何かを請求されるということはありません。一応、相手を困らせるために、嫌がらせ的な訴訟を起こした場合に損害賠償請求が認められることは稀にありますが、証拠と明らかに反している事実を主張して訴訟を起こしたとか、相手への嫌がらせ目的がかなりの程度あきらかな場合に限られますので、記載のような事情の元では訴訟を起こすこと自体は問題ないでしょう。

    次に、証拠の問題については、不動産業者からの依頼が分かる注文書や、不動産業者とのやり取りが分かる証拠(メールやLINE、録音等)があればそれにこしたことはありませんが、不足する点は、間接的な事情から依頼の存在を推認してもらえるよう主張していくほかないでしょう。あくまで例えばですが、工事に入ったのを知っていたのに何も言ってこなかった、請求に対して何も言ってこないのは、契約が存在するからだ、といった風に。
    実際の具体的事実関係にもよりますが、直接示すものはなくとも、間接的な事実から依頼があったことを推認させるということは、実際の訴訟でよく行われることです。
    もちろん、当時の状況として、不動産業者からどのように依頼されたか(いわゆる5w1hを意識して)の事実関係も主張します。

    インターネットでは限界もありますので、細かな点は、お近くの法テラス等を利用して直接弁護士に説明しながら相談するのが良いと思います。

  • 相談者 822605さん

    タッチして回答を見る

    わかりやすく回答をしていただき、ありがとうございます。

    少額訴訟について調べる中で疑問があり、もう少し、教えていただきたいのですが、

    少額訴訟を提訴する場合、相手側に提訴する事を伝えずに提訴しても、問題ないでしょうか?

    少額訴訟の、出廷の際に相手側に会いたくないので個別の部屋で、会わずに裁判を行うことは可能でしょうか?

    少額訴訟は、原則として原告側の最寄りの簡易裁判所に出廷しますが、勝訴の判決の後で、相手側が異議申し立てをした場合、再度、出廷するのでしょうか?

    また、出廷するとしたら、原告側の最寄りの簡易裁判所に出廷するのでしょうか?

    お忙しいとは思いますが、
    宜しくお願い致します。

  • 弁護士ランキング
    宮城県2位
    タッチして回答を見る

    > 少額訴訟を提訴する場合、相手側に提訴する事を伝えずに提訴しても、問題ないでしょうか?
    全く問題ありません。被告には裁判所から連絡が行きます。連絡したほうがスムーズに進みそうな何か特別な事情があれば別ですが。調停であればともかく、訴訟でそのような事情はあまり無いように思います。

    > 少額訴訟の、出廷の際に相手側に会いたくないので個別の部屋で、会わずに裁判を行うことは可能でしょうか?
    これは、代理人をたのまない限りできないでしょうね。和解の話をするにあたり別席で話を聞きながら進めることはありますが・・・

    > 少額訴訟は、原則として原告側の最寄りの簡易裁判所に出廷しますが、勝訴の判決の後で、相手側が異議申し立てをした場合、再度、出廷するのでしょうか?
    異議が出た場合は同じ簡易裁判所で通常訴訟へ移行します。簡易裁判所なので擬制陳述という方法もありますが、基本的には出廷するほうが良いでしょう。
    > また、出廷するとしたら、原告側の最寄りの簡易裁判所に出廷するのでしょうか?

この投稿は、2019年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから