同一人物に対する複数の少額訴訟について

10日間に渡り、知人に続けて3回、合計30万円を貸しました。借用書は各回毎に受領しています。
数度のメールおよび内容証明郵便で返却を求めましたが、何も返事がありません。
そこで少額訴訟を行いたいのですが、3回分をまとめて提訴することが可能でしょうか?
それとも、1回ごとの提訴が必要なのでしょうか?
ご教授ください。
2019年07月03日 08時22分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
弁護士が同意2
ありがとう
貸付金の合計が30万円であれば,訴訟物の価額は(一度も返済されていないのであれば)30万円になりますので,3件の貸付金をまとめて少額訴訟による提訴ができます。

2019年07月03日 08時32分

庄島 純平
庄島 純平 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
>3回分をまとめて提訴することが可能でしょうか?

 3回分まとめて提訴することは可能です。借用書があるのでしたら、立証の点もクリアできるのではないかと思います。書式等を含めお近くの簡易裁判所で一度お尋ねになってもよいと思います。

2019年07月03日 08時41分

大西 康嗣
大西 康嗣 弁護士
ありがとう
3回分まとめて30万円で少額訴訟で請求することが可能です。借用書等の書証を付けて、簡易裁判所に提訴することになります。

2019年07月03日 10時12分

この投稿は、2019年07月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

少額訴訟…請求額60万円以下で利用できる1日訴訟の仕組み

退職した後、未払いの残業代や割増賃金を会社に払ってほしいと考えたとき、請求したい額が60万円以下であれば「少額訴訟」という手続きを利用すること...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。