訴訟内容についての質問

少額訴訟についておききします。

60万円以下の請求ならば全て少額訴訟扱いになるのでしょうか。
損害賠償請求と銘打ったものの、少額訴訟の判断は額で裁判所が決定するということなのでしょうか。

訴状を出したのは簡易裁判所です。
2018年12月03日 18時59分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
少額訴訟手続きは、きちんと少額訴訟手続きを求めなければ、そのように扱われません。

60万円以下であっても、通常の訴状を提出すれば、通常訴訟として扱われます。

2018年12月03日 19時57分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 債権回収に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
少額訴訟とは、民事訴訟のうち,60万円以下の金銭の支払を求める訴えについて,原則として1回の審理で紛争解決を図る手続です。
しかも、金銭の支払を求める訴えでも、内容が複雑なものについては利用できないとされています。

また、少額訴訟については、少額訴訟による審判を希望する旨を裁判所に求める必要があります。
裁判所の書式にはチェック欄がありますので、ご覧になってください。

損害賠償請求の場合、損害額や因果関係で争いが複雑になる可能性があるため、少額訴訟を希望しても、相手方や裁判所により、通常訴訟に移行する可能性があります。

ご参考までに。

2018年12月03日 21時14分

この投稿は、2018年12月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

少額訴訟…請求額60万円以下で利用できる1日訴訟の仕組み

退職した後、未払いの残業代や割増賃金を会社に払ってほしいと考えたとき、請求したい額が60万円以下であれば「少額訴訟」という手続きを利用すること...

離婚訴訟の必要条件や流れ・期間・費用

裁判離婚とは、離婚訴訟(離婚裁判)で離婚を成立させることを指し、協議離婚や調停離婚、審判離婚のいずれでも離婚が成立しなかったときに取る離婚請...

交通事故で愛車が全損に…相手に買替え費用を請求できる?【弁護士Q&A】

交通事故で車が全損になった場合、相手に対して車の買替え費用を請求することができます。買替え費用はどのような基準で計算されるのでしょうか。計算...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。