少額訴訟から通常訴訟への切り替えについて。

私は会社の代表をしており、元代表から当時の立替金を払えという身に覚えのない訴訟を起こされました。
徹底的に戦うつもりですが、裁判は心理戦の面もあると思います。なので、少しでも相手に精神的ダメージを与えたいのですが、出廷日前日に届くよう通常訴訟への移行申請書と移送の申立書を答弁書と共に送ろうと考えています。
そこで質問です。

(1)移送の可否についての審議については即日結果が出るのでしょうか?
   移送は却下される可能性が高いと個人的にも思っていますが、証拠集めの時間が足りないので時間稼ぎをするために移送申立をします。
   審議に時間がかかる場合、翌日の出廷日に変更は有るのでしょうか。
   即日結果が出る場合、その可否は電話で連絡があるのでしょうか。(電話番号は担当書記官に伝えてあります)

(2)移送申立が却下された場合は通常訴訟になり、初回の口頭弁論日は翌日のまま変更ない、という認識で良いでしょうか。
   また、答弁書も一緒に送っていますので、初回の口頭弁論日には答弁書を提出しているので、陳述擬制として扱われると聞いたので出席しなくてもよいでしょうか。

(3)第二回口頭弁論について
   初回は原告は訴状に有る内容を言うだけで、被告は答弁書の内容を陳述するだけだと思います。
   原告は被告の答弁書に対する反論の証拠などを第二回の口頭弁論日までに用意するのだと思いますが、
   被告側としては第二回までに何を用意すればよいでしょうか。
   原告が反論するであろう内容をシミュレーションし、それを潰せる証拠を用意して第二回に望めば良いのでしょうか。

(4)仮に第二回の口頭弁論を被告が欠席し、原告が第一回の被告の答弁書に対して反論をした場合は、
   被告が欠席なわけですから、その日のうちに結審するのでしょうか。
   私は原告の訴えに関して100%反論出来る証拠を答弁書で提出する予定なので、
   原告はそれに対しての反論は出来ないと思っていますが、被告不在でも原告が敗訴することって有るのでしょうか。
   それとも、原告の反論がどうであれ、欠席すると言うのは心象が悪くなり敗訴となる場合が多いのか、第三回の口頭弁論に移るのか、どうなるのでしょうか。


どうぞよろしくお願いいたします。
2015年01月31日 18時50分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
出廷日前日に届くよう通常訴訟への移行申請書と移送の申立書を答弁書と共に送ろうと考えています。

詳細な質問は、実際に訴状を見ないと回答できないでしょう。

いずれにせよ、意味のない主張や申し出をしたり、期日の直前に書面を出すことは、単に悪質な人物とみられるだけです。
そのようなことをしなくても、事実がないのでしたら、誠実に対応すればよいです。

裁判での駆け引き云々というのはそういうものではありません。

2015年02月08日 07時32分

相談者
ご回答ありがとうございます。
そうですね。普通に対応すればまず負けるはずは無いので余計な事はせずに誠実に対応すれば良いなと私も考えなおしました。

ありがとうございます。

2015年02月11日 03時10分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
誠実に対応すれば良いなと私も考えなおしました。

そうですね。そして、本人訴訟でしたら、裁判官の指示をよく聞いて対応していけば、よいかとおもいます。

2015年02月12日 17時33分

この投稿は、2015年01月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

少額訴訟…請求額60万円以下で利用できる1日訴訟の仕組み

退職した後、未払いの残業代や割増賃金を会社に払ってほしいと考えたとき、請求したい額が60万円以下であれば「少額訴訟」という手続きを利用すること...

この相談に近い法律相談

  • 離婚訴訟に自信のある弁護士さんに聞きたいです。

    現在、相手方(原告、代理人あり)からの離婚訴訟に対し、本人で対応しております。 被告第1準備書面に対する反論(原告第1準備書面)が送られてきました。 しかし、私が、原告の訴状内容(ほぼ嘘です)全てにに対して、具体的、精細に反論した被告第1準備書面の内容に対して、原告側が原告第1準備書面で反論してたのは、10あるうち...

  • 訴訟問題について。訴訟を取り下げは可能ですか?

    第1回口頭弁論期日呼び出し状及び答弁書催告状の封筒が届きました。 中を開けると、原告から訴訟が提出されました。 っと書いてました。 訴訟を取り下げは可能ですか? 原告に話せばよいのか? 原告担当の弁護士に話せば良いのか? 宜しくお願いします。

  • 第2回口頭弁論以降について

    いつもお世話になっております。 当方、原告にて本人訴訟で初めての裁判をしております。(被告も本人訴訟) 第1回口頭弁論が先日、被告欠席の基で行なわれました。被告からは答弁書及び陳述書が提出され、当然擬制陳述が認められました。 1. 第2回口頭弁論以降に被告欠席で被告が1度も出廷しない場合、被告からの書面での主張及...

  • 訴訟での、準備書面提出の流れ

    訴訟で、第一回口頭弁論の時に、被告が「原告の請求を棄却する。追って認否する」等の答弁書だった場合、 第二回口頭弁論までに被告が準備書面を提出することになるのでしょうか。 上記の訴訟の流れが正しい場合、原告は、第三回口頭弁論で被告の準備書面に対する反論等を書いた準備書面を提出することになるのでしょうか。 それま...

  • 反論、質問がある場合の対応について

    お世話になります。 ご回答いただけるとありがたいです。 裁判の流れをお聞きしたいです。 現在、本人訴訟中で被告の立場です。 第1回口頭弁論にて、原告側に被告の答弁書を提出し、その答弁書には反論もある程度記載いたしました。 第2回弁論日用に、原告、被告どちらともに準備書面と証拠を提出しました。 原告が提出した書...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。