1. 弁護士ドットコム
  2. 債権回収
  3. 手続き
  4. 少額訴訟
  5. 少額訴訟での慰謝料請求

公開日:

少額訴訟での慰謝料請求

2014年10月26日
社長と社会保険の加入について交渉してきましたが、全く埒が明かず8月末で退職しました。

会社の法令違反で受けた精神的苦痛に対して慰謝料の請求は可能でしょうか。
金額は、退職してから社会保険が入社時に遡っての加入が認められた日まで(9月初から
10月16日まで)の1.5ヶ月分の給与で30万円を考えています。

法令違反として考えられるのは下記の通りです。

1.労働基準法15条
 労働条件の明示をしていない。
2.労働基準法24条
 賃金を現金で支払っていない。(9月25日支払いの8月分の給与は取りにこないと支払わない
 と言われ、それまで振込だったのが急に手渡しが原則たと言い出した。7月分までの給与支払か
 8月分給与支払かのどちらかが違反だったと考えます。)
3.労働基準法24条の2
 8月分の給与が振込みで支払われたのが10月6日であり、11日間遅れている。(遅延利息請求中)
4.健康保険法3条及び厚生年金保険法6条
 社会保険を入社時から加入させていない雇用契約書に未加入を明示しているとの事。
 (入社時からの加入が年金事務所での調査で認められたのが10月16日)
5.雇用保険法5条
 雇用保険を入社時から加入させておらず、雇用契約書に未加入を明示しているとの事。
 (入社時からの加入での離職票が送付されてきたのが10月4日)
6.所得税法226条
 退職者に対して源泉徴収票を1か月以内に交付していない(送付されてきたのが10月4日)
7.条項は不明ですが時間外労働手当の未払い(請求中)
8.法令違反かどうかはわかりませんが、8月分給与支払いに含まれて支払われるはずの出張旅費が未払いのままとなっている(支払日までの延滞利息と共に請求中)

以上により、
1.給与が支払われないのではないか
2.ハローワーク失業手続きが遅れて失業認定手続ができなくなるのではないか
3.源泉徴収票が発行されず、確定申告に不備がでるのではないか
4.健康保険無しの状態が続き、病気になった場合の当初の治療費負担が大きくなるのではないか。
 また、将来の年金受け取り額に影響がでるのではないか
という事を考えざるをいない状況になったことに対する慰謝料請求となります。

少額訴訟での慰謝料請求は難しいと聞いていますが、可能でしょうか。
ご教示お願いいたします。
相談者(293660)の相談

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県6
ありがとう
金銭請求権の未払、労働法不順守がただちに慰謝料請求が認められるというわけではありません。
1.給与が支払われないのではないか
2.ハローワーク失業手続きが遅れて失業認定手続ができなくなるのではないか
3.源泉徴収票が発行されず、確定申告に不備がでるのではないか
4.健康保険無しの状態が続き、病気になった場合の当初の治療費負担が大きくなるのではないか。
現実化したなら請求できることはあるでしょうが、可能性段階では慰謝料請求は困難であると思料します。

2014年10月27日 23時52分

この投稿は、2014年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 少額訴訟裁判の和解について

    敷金返済で少額訴訟を起こしましたが、納得いかずにそのまま通常訴訟に移行しました。(出廷の日にちは決まっていますが、まだ通常訴訟移行後の1回目の裁判には行っていません。) しかし、また裁判所に行ったりの手間を考えると、、和解の方が精神的にも時間的にも負担がないので和解したいのですが、、 ①通常訴訟移行後でも、こち...

  • 失業保険、年金の差し押さえについて

    裁判で判決が出ている慰謝料の回収をしたいのですが、相手が失業中の為給料の差し押さえができません。また、他に財産も無いようです。 失業保険の差し押さえはできますか? 近い将来年金をもらって生活すると思うのですが、年金は差し押さえできますか?

  • 少額提訴について

    不倫相手の女性に対して慰謝料を請求しようと思っているのですが少額提訴で請求可能でしょうか?

  • 面会交流の違約金請求、少額訴訟の書き方

    公正証書でこのように書きましたが面会交流をさせてもらえません。途中まで連絡を取れていましたが現在着信を拒否されています。 違約金を求める少額訴訟をするのにどのように訴状を書けばいいか教えてください。 乙は、甲が月一回程度、各回おおむね3時間程度、丙と面会交流することを認める。ただし、具体的な面会交流の日時、場...

  • 被告が少額訴訟から通常訴訟に移行するように申し出た

    少額訴訟で慰謝料請求をしておりました。期日まで2週間となり、こちらも準備を進めておりましたところ、裁判所から郵便が届き、開封すると「被告が通常訴訟に移行するように申し出たのでお知らせします」と記載されておりました。 この場合、当初予定されている期日等は変更されるのでしょうか? また、どういう意図を持って被告は通常...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。