知的財産権を侵害すること

公開日: 相談日:2019年05月14日
  • 1弁護士
  • 1回答

あるECサイトのセラーです。
弊社のA商品が2018年10月にECサイトで販売を始まりました。

2019年4月にAがB社のB商品の知的財産権を侵害することとサイトの運営会社から知らせて販売不可になりました。

Aは2019年1月に欧洲連合に外録観特許登証が出しました、
登録日は平成31年1月18日(2019.1.18) です。
日本に外観特許が登録していません。

Bは日本に外観特許が登録しました。
登録日は平成31年1月11日(2019.1.11) です。
外観特許発行日は平成31年2月4日(2019.2.4)です。

そこで先生方に一つ質問がございます。
Bは2019年2月に外観特許発行しましたが、弊社のA商品に2018年10月から発売していました。この場合、権利侵害が成立しますか。

798030さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    私見ですが、B社が外観特許を用いた商品を販売する前から、貴社がA商品を販売しており、かつ、Bの特許の内容である発明を知らずに自らAに使われている発明をしたのであれば、先使用による通常実施権を有する可能性があります(特許法79条)。
    通常実施権者といえれば、A商品の販売を継続できそうです(特許法78条2項)。また、権利侵害は成立しないといえそうです。
    一度弁護士に相談されてみると良いと思います。

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから