債権の仮差押以後の手続きに関して

 当方は、法人で債務者も法人です。売掛金の回収のために第三債務者(2者に対して)に対する債権を仮差押しました。第三債務者より次のように陳述が来ました。

1者目(民間の会社)債務者の売掛金
・優先する質権者などは存在しない
・債権譲渡通知も受けていない
・他の差押命令等もない
・仮差押に係る債権の存否 ある
・仮差押債権の種類及び額 ○○○円(当方の求める満額)
・弁済の意思 なし 供託予定

2者目(公益社団法人)債務者の供託金
・仮差押に係る債権の存否 ある
・仮差押債権の種類及び額 
 (1)宅地建物取引業法64条に定める弁済業務保証金分担    金の返還請求権
 (2)上記分担金の額金60万円(同法施行令第7条)
 (3)但し、後記のとおり上記の返還請求権が消滅する可    能性あり
・弁済の意思 なし
・弁済する範囲又は弁済しない理由
 (1)同法第64条の11項第2項・3項に定める上記の返還請   求権の履行期が未到来
 (2)ただし、当協会入会金・会費等に関する規則に基づ    き官報掲載料・退会等事務手続き費用、及び未納会    費がある場合それを控除した残金
 (3)同法第64条の11項第3項に定める弁済が優先する。
    従って上記の返済請求権が消滅する可能性がある。

 仮差押までは弁護士に頼らず手続きしたのですが、
この内容の陳述の場合本訴勝訴後、仮差押債権はとれるのでしょうか?
また、どのような手続きが必要になるのでしょうか?
債務者との間の裁判自体は、あまり問題なく勝てると思われますがやはり、弁護士さんに頼んだ方がいいのでしょうか?
また、心配な面としては債務者は事業停止状態で破産されないかと言う事も心配です。
ちなみに債権額は、約300万です。
本訴にあたっての注意点等があれば教えて下さい。
2012年09月26日 11時15分

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
仮差押えまで弁護士に頼まずにされたのであれば、そのまま弁護士に依頼せずに手続きを進めても問題ないと思われます。
裁判の内容が複雑であれば別ですが、基本的な資料があり、問題なく勝てるのであれば弁護士に頼む必要はないでしょう。

裁判を起こし、勝訴判決を得た後は、必要書類を取得して、強制執行手続きを実施します。その強制手続きの対象が、仮差押えにかかる債権になります。
供託金の場合は供託金の配当手続きになりますが。
供託金から配当を受ける手続きは少し複雑ですが、書類を整えて出すだけですので、書店や裁判所で書き方を学べば問題なくできます。
強制執行は定型的な書式を作成するだけなので、弁護士がやっても同じものができます。うまい、へたということは普通はありません。

なお、相手が倒産してしまうと仮差押えは無効になりますので、どの手続きも迅速に進める必要がありますね。倒産前に債権を回収しておかなければなりません。

2012年09月26日 12時16分

比護 望
比護 望 弁護士
ありがとう
上記のような状況だと滞納税金等の公租公課に優先して配当されてしまうおそれも高いのではないかと思います。
本案訴訟を可能な限り早く進めた方がよいと思います。

2012年09月26日 12時45分

この投稿は、2012年09月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,798名の弁護士から、「債権回収に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

財産を隠されたとき・隠されないための対処法

離婚の協議に入り、財産分与について考える中で、相手に財産を隠されていないか不安になることもあるでしょう。ここでは、財産隠しによく用いられる方...

この相談に近い法律相談

  • 民法第481条について質問があります。

    弁護士の皆様よろしくお願いいたします。 民法第481条について質問があります。 第481条  1 支払の差止めを受けた第三債務者が自己の債権者に弁済をしたときは、差押債権者は、その受けた損害の 限度において更に弁済をすべき旨を第三債務者に請求することができる。 2 前項の規定は、第三債務者からその債権者に対する求...

  • 【仮差押】第三債務者の陳述書の書き方

    仮差押の第三債務者として通知が届きました。 当社との契約顧客が債務者です。 通知が届いたときは売上金は債務者に支払い済みでした。 次回の締めがくるまでは金額が確定しないですし、債権(支払うべき金額が)が発生するのかも現時点では 不明です。 上記の場合でも「債権のの存否」は【ある】となるのでしょうか?

  • 抵当権取消請求訴訟判決前に、条件付き仮買取契約登記ができるのでしょうか?

    (現在の問題) 私は債務者の不動産に5000万抵当権設定したところ、A債権者が、抵当権登記した不動産に、競売申立してきましたが、無剰余の取消となったため、A債権者は上告し、債務者と、抵当権者である私に対し、抵当権取消請求訴訟を起こしてきている状態です。原告、被告ともに代理人である弁護士がついていません。 (質問お願...

  • 債権執行。つまり第三債務者は供託義務を負いますか?

    債権執行の二重差押えについて質問があります。 まず、債務者甲が債権者Aに20万の貸金債務を、債権者Bに30万の貸金債務を負っていたとしたとして、ABともに、これらの債務を回収するため、甲が乙に有している100万円の貸金債権を差押えたとします。この場合の差押えの範囲としては、全部差押えか、一部差押えがあるかと思いますが...

  • 第三債務者が陳述をしない場合の損害賠償の算定方法

    差押をしていますが、明らかに差押債権があるであろう第三債務者が命令の送達から2週間経過後も陳述をしてきません。裁判所から照会をかけてもらう予定ではいますが、それでも陳述をしてこなかった場合、民事執行法147条2項に基づいて損害賠償請求としての取立訴訟を提起することになるのでしょうか。 また、その場合の差押債権の立証...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。