財産開示請求を受けても体調不良などで裁判所に行けない場合。

公開日: 相談日:2022年09月15日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
昨日、債権者より財産開示請求の実践決定通達が裁判所からの特別送達として封書で届きました。

現在、裁判所は申し立ての適否を審査しており、手続きを実践するかどうかの決定をする為の審査をしている段階だそうです。

よってまだ出頭呼び出しは受けていません。

しかしながら、私は体調不良(大鬱や体力衰弱)がずっと続いており、親の援助を介しても今後、裁判所には行けそうもないのです。

【質問1】
ここで質問なのですが、この現段階で私が出来ることは何かあるでしょうか?

医師からの最新の診断書を入手する必要がありますか?

あるいは、裁判所にこういった諸事情の現況を電話で伝えることでしょうか?

1185129さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    ここで質問なのですが、この現段階で私が出来ることは何かあるでしょうか?
    医師からの最新の診断書を入手する必要がありますか?

    体調が悪くお金もないのであれば、自己破産の検討でしょう。

    あるいは、裁判所にこういった諸事情の現況を電話で伝えることでしょうか?

    書面で報告してもよいですが、それで責任が一切なくなるわけではありません。
    債務整理の検討は必要でしょう。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのこととお察し致しますので、一般論にはなりますがお答え致します。

    【質問1】
    ここで質問なのですが、この現段階で私が出来ることは何かあるでしょうか?
    医師からの最新の診断書を入手する必要がありますか?
    あるいは、裁判所にこういった諸事情の現況を電話で伝えることでしょうか?

    →まず、財産開示手続き期日に正当な理由なく出頭しないと、相手が刑事告訴等をしてくるリスクがありますので、まずは裁判所から指示された際に財産目録を郵送で提出し、裁判期日には体調不良のため出頭できないということを記載した上申書に、最新の診断書コピーをつけて提出するべきだと思います。

    もっとも、上記のような対応によって、今回の財産開示期日に出頭しなくてよかったとしても、ある程度日数が経過すれば快復するような病名ですと、裁判所が期日を1か月後などに延期して再度実施する可能性もありますし、長期化するような病名であっても、アイフルが数か月後等に再度申立てをしてくる可能性もあります。

    したがって、他の弁護士も言うとおり、最終的には自己破産等の解決方法を検討された方がよいのではないかと思います。

この投稿は、2022年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました