会社トラブル 債権が無いのに担保を主張された

公開日: 相談日:2019年03月01日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

会社間の揉め事で困っています。私の会社は電子機器の製造している会社です。製品に使用するプラスチックの部品を製造するための、弊社所有のプラスチック成形型を、成形先の会社(仮にB社とします)から別の会社で製造させるために、引き上げようとしたら、30万払わなければ型は渡せないといわれました。B社とうちは直接の取引はありません。間に1社経由して依頼しています。(経由会社をA社とします)B社とA社との間には焦げ付いた未収金があるようで、型は担保代わりだから金を払わない限り渡せないと主張しています。A社の代表が死亡しており、A-B社間の詳しい状況をこちらから確認するが不可能な状況です。B社は裁判が4月にあるといってました。

お聞きしたいのは
所有権が弊社にある成形型に対して、上記のような主張が法律的に通るものなのでしょうか?
お金を払わずに、引き上げた場合に法律的な問題が生じる可能性はあるのでしょうか?

以上よろしくお願いいたします。

769325さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1.B社は民法上の留置権を行使しているものと思われます。
     民法295条は「他人の物の占有者は,その物に関して生じた債権を有するときは,その債権の弁済を受けるまで,その物を留置することができる」とあります。
     そして,ここでいう「他人の物」とは,ひろく占有者以外の人に属する物という意味であり,債務者の物に限らないというのが判例です。
     したがって,B社がプラスチック成形型に関して生じた債権を有している場合には,その債権の弁済を受けるまで,B社はプラスチック成形型を留置することができます。

    2.プラスチック成形型を引き上げた場合,B社が占有を失うことによって留置権は消滅します。もっとも,B社が占有回収の訴えを提起して,損害賠償を請求する可能性があります。

  • 相談者 769325さん

    タッチして回答を見る

    明確な回答で大変参考になりました。ありがとうございました。

この投稿は、2019年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから