民事再生中の相殺通知書について

民事再生中のフランチャイズ本部より相殺通知書が届きました。内容は本部側の再生負債の弁済期が到来し、こちら側より支払う予定のロイヤリティ、材料費などを負債とし、両者を対等額で相殺するというものでした。
①弁護士などからの通知書ではなく、本部より送付されたものなので、正当性があるものなのかどうか
②対等額とあるが、金額にかなりの差があり、どんな形で処理されるのか
③こちらの負債のほうがかなり少額なので、戻ってくる分があるのか
以上です。ご回答よろしくお願いいたします。
2016年05月02日 19時44分

みんなの回答

小沢 一仁
小沢 一仁 弁護士
債権回収に注力する弁護士
ありがとう
①弁護士などからの通知書ではなく、本部より送付されたものなので、正当性があるものなのかどうか

>本部でも本人からの通知なのですから、正当性はあるのではないかと思います。窓口となっている弁護士(申立代理人)がいるのであれば、その弁護士に聞いてみてもよいと思います。

②対等額とあるが、金額にかなりの差があり、どんな形で処理されるのか

>対等額の限りで相殺されます。債権の多い方は反対債権の額だけ控除され、残金は債権として残ります。これが再生債権となり、再生計画が認可されたときは、再生計画案の内容に従い弁済を受けることになります。

③こちらの負債のほうがかなり少額なので、戻ってくる分があるのか

>あなたの債権額の方が多いなら、再生計画により減額はされると思いますが、戻っては来ると思います。

2016年05月02日 20時39分

相談者
ご回答ありがとうございます。
あと質問ですが、裁判所にこちらから提出した再生債権届出書の金額と、相殺通知書の負債の金額が違う場合はどうしたらいいでしょうか?
本部の提示した負債額に納得がいかないので、相殺通知書を送り返さないつもりでいます。

2016年05月03日 12時29分

小沢 一仁
小沢 一仁 弁護士
債権回収に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
>あと質問ですが、裁判所にこちらから提出した再生債権届出書の金額と、相殺通知書の負債の金額が違う場合はどうしたらいいでしょうか?

債権認否手続で争って下さい。届け出た債権について、再生債務者が認否したものがそのうち送られてくると思います。それに対して金額が違うことを資料でもって示してください。

>本部の提示した負債額に納得がいかないので、相殺通知書を送り返さないつもりでいます。

相殺自体は一方的な意思表示でできるので止められませんが、相殺された額がおかしいというのであれば、やはり債権認否手続で争って下さい。

2016年05月03日 21時37分

相談者
大変分かりやすいご回答ありがとうございました。とても参考になりました。

2016年05月03日 23時26分

この投稿は、2016年05月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故の賠償金が過失相殺により減額されたときの対処法

交通事故で被害を受けたのに賠償金を減額されてしまった…。交通事故の被害者でも、前方不注意などの過失がある場合には「過失相殺」によって賠償額が減...

この相談に近い法律相談

  • 債権者通知書。その債権者通知書には債権額も記載されるのですか?

    自己破産の手続き中で、裁判所から債権者に債権者通知が送られるそうです。その債権者通知書には債権額も記載されるのですか?

  • 「相殺」対当額?対等額?

    相殺の取り決め契約書で 相手方に債権を有するときは、当該債権の弁済期の到来すると否と問わず、その債権と相手方に対して負担する債務とを対等額で相殺することができる。 この条文の「対等額」「対当額」どちらが正解でしょうか?

  • 法人の破産で資金の動きが個人でもあった場合、少額管財を受けられない事はありますか?

    法人と個人の破産を考えている中でお聞きしたいのですが 会社の規模が小さいので少額管財で行える可能性があると聞いたのですが 通常と少額は関係なく、法人と個人は両方で通帳などの原本提出を求められるのでしょうか? 法人で、破産前の収益で100万円を超える資金の動き(入金)があると少額管財は通らないかもしれないと聞き...

  • 内容通知依頼金額について

    不貞相手に内容通知を出そうと思いますが弁護士へ依頼する価格を教えていただけませんですか?

  • 遺留分侵害額の計算における「法定相続分」について

    「最高裁平成8年11月26日第三小法廷判決・民集50巻10号2747頁」 によると、 遺留分侵害額=(相続開始時の財産価額+贈与価額-債務額)×遺留分の割合×『法定相続分』-遺留分権利者の特別受益価額-同人が相続によって得た財産価額+同人が負担すべき相続債務額 とのことですが、上記算式における『法定相続分』につ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。