自己破産の免責後に債権回収会社から督促状がきました。

債権回収会社の支払いについてご相談させてください

約5年程前に設立した会社の経営不振より、破産の手続きを行い免責を受けました。(法人・個人)、その当時会社のホームページをある企業に行い、総額150万円程度の費用がかかりました。(債務110万円程度です。)
その後生活保護を受け、精神障害になりました。

現在では再就職もして、仕事にも就くことができています。

再出発も果たして順調進んでいた矢先に、先月から債権回収会社から、連帯保証人(個人)宛にそのホームページの支払い命じられた通知書が、自宅に届きました。(遅延損害金含め500万円)
これは支払わなくてはならないのでしょうか。

債権者のリストにはその企業は記載しているはずですが、精神的に体調も悪かったので、確実載せているとは断言はできません

支払えるお金もなく、今後どうすればよいか分からないです

教えていただけると幸いです。
2018年06月27日 04時15分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
弁護士が同意1
ありがとう
> 再出発も果たして順調進んでいた矢先に、先月から債権回収会社から、連帯保証人(個人)宛にそのホームページの支払い命じられた通知書が、自宅に届きました。(遅延損害金含め500万円)これは支払わなくてはならないのでしょうか。

相談者が保証人ということでしょうか。
そうであれば、支払う必要はないと思います。
ただ、相談者が知りながら債権者名簿に記載していなかったということであれば、免責されない可能性はあります(破産法253条1項6号)。
なお、別の方が保証人ということであれば、免責の効果は保証人に及びませんので、その方が支払う必要があると思います。

2018年06月27日 04時28分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 債権回収に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
> 債権者のリストにはその企業は記載しているはずですが、精神的に体調も悪かったので、確実載せているとは断言はできません

まずぱ、債権者一覧表を確認するのが一番と思います。
5年前なら、申立代理人の弁護士も資料を保管していると思いますので、問い合わせてコピーを送ってもらうようにお願いしてみてください

その上で、載っていないとすると、残念ながら、支払義務が残ってしまいます。

まだ7年経過していませんが、『裁量免責』を受けられる可能性はありますので(病気で正常な判断ができなかったという事情もあるようですので)、自己破産を検討する余地はゼロではないと思います。
また、任意整理などをして、分割払いの交渉をすることも考えられると思います。

いずれが妥当かは、直接弁護士にご相談された方がいいと思います。
債務整理の相談は無料のところが多いので、早めに相談してください。

まずは、申立代理人に債権者一覧表のコピーを送ってもらうことから初めてください。

2018年06月27日 07時34分

この投稿は、2018年06月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 連帯保証人から回収するには?

    二年前に福岡県の会社に「契約解消ならびに解約通知書」を提出し、半年後に解約合意書を取り交わし、その会社が私に和解金を支払うことになりました。 当初同意書どうりの入金があったのですが、途中から半額の入金になり、それでも毎月支払いがあったので、静観しておりました。 それが、2月末から確認できず、福岡の会社宛に支払う...

  • 家賃滞納を連帯保証人から回収の件

    家賃滞納の件 入居者が半年以上の家賃滞納で連帯保証人(入居者の会社の社長)に連絡しましたが、 払う払うと言いながら3ヶ月間引っ張られています。 話によると人夫出しのような人材派遣会社をしている保証人は、この入居者が会社に損害を与えたとの事で450万もの借金を毎月多額に天引きしているもようです。 それによりこちら...

  • 過去に自己破産した保証人への請求について

    伯父がある人間(仮にAとします)の連帯保証人をしていて、Aが近々自己破産をするのですが、伯父も過去事業に失敗し数年前(7年たってません)に自己破産しています。もちろん伯父が免責してもらった債権には、Aの分の借金は含まれていません。また伯父の自己破産の際に、Aの債権者に対し特に破産した旨を伝えていません(契約上知らせ...

  • 貸金回収の訴訟手続き及び遅延損害金の計算方法に関してご教示ください。

    7年ほど前に「会社の運営資金にしたい」といわれ法人の代表に100万円貸しました。(借用書も作成してあります) 借用書では借主は法人ですが、代表と専務が連帯保証人になっております。 しかし6万円ほど返してもらったあと代表に突然夜逃げされてしまい現在の居住地が判りません。訴訟を考えていますが法人は休眠状態となっ...

  • 偏頗弁済によって管財人へ返還をした後の破産債権届出書の金額について

    法人間取引において、取引先である債務者法人に連帯保証人(代表者)がいました。 その法人が破産手続開始決定を受けたのですが、保証人には破産や弁護士介入がなかったため、保証人から回収をしていましたが、その後、保証人も破産手続開始決定を受けました。 法人の弁護士介入時から保証人の破産手続開始決定までの間に保証人から回...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。