相手方への内容証明の作成期間について

現在、不当利得返還請求を弁護士に依頼していますが、初回相談から3ヶ月、委任契約締結と着手金の送金から2ヶ月経過しても特に進捗の報告がないため進捗確認の連絡を入れたところ、まだ内容証明の文面を作成中とのことでした。

こちらとしては相手方への請求金額が600万円と大きいこともあり、早急に対応していただきたいのですが、内容証明の作成に2〜3ヶ月も要するものでしょうか?

お忙しい中恐縮ですが、一般的な内容証明が相手方に到達するまでの期間をご教示いただければ幸いです。

また、併せて依頼した弁護士の仕事が遅く、早期の着手が期待できない場合の対応についてもご回答いただきたく存じます。
2019年04月11日 05時03分

みんなの回答

井澤 わかな
井澤 わかな 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県7
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
◆内容証明の作成自体について:

先日進捗を確認されたときに作成中ということだったそうなので、気が進まないかもしれないですが、再度「何日頃に作成して文案を見せてもらえるのか」を確認されては如何でしょうか。

また、その際、時間がかかっている理由(内容証明作成にあたり何かしら必要な調査に時間がかかっているのか、文案の作成自体に時間がかかっているのか)辺りも確認されてはどうかと思います。

文案自体に2~3ヶ月かかるものではありませんが、前提となる調査に時間を要することは考えられます。現在、内容証明作成のどの段階にあるのかは把握された方がよいかと思います。


◆内容証明が相手方に到達するまでの期間:

速達をつけることも出来ますので、作成して発送をすれば数日内に到達します。ただ、あくまで相手が受け取ることが前提ですので、受け取ってもらえず、そのまま戻ってくることもあります。

相手との関係性からして受け取らないことが想定される場合には、内容証明と共に普通郵便に特定記録などをつけて全く同じ内容の文書を送ることもあります。


◆早期の着手が期待できない場合:

せっかく着手金も払って依頼されている弁護士なので、進捗の確認をまめに行うことで早期の着手を促してはどうだろうかとは思います。

ただ、依頼者の方と弁護士は信頼関係ベースですので、今後の手続等に不安を覚える場合、信頼関係が崩れてしまうことも考えられます。

その場合は委任契約を終了させる(合意で終了してもよいですし、解任ということも)ことが考えられますが、着手金の返還についてよくトラブルになります。

委任契約書の中に着手金の返金について規程がない、または終了事由によって(/問わず)全く返金しない規程になっているような場合には、弁護士会の窓口(依頼者と弁護士のトラブルを受け付ける窓口が通常設けられています)に御相談されてはどうかと思います。

2019年04月11日 05時22分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
弁護士が同意2
ありがとう
> こちらとしては相手方への請求金額が600万円と大きいこともあり、早急に対応していただきたいのですが、内容証明の作成に2〜3ヶ月も要するものでしょうか?

普通はそこまでかからないと思いますが、内容証明を送るまでの準備あるいは調査が必要な場合もあるかもしれませんので、例えば、その弁護士になぜそこまで時間がかかるのか確認されてもよいかもしれません。

> お忙しい中恐縮ですが、一般的な内容証明が相手方に到達するまでの期間をご教示いただければ幸いです。

内容証明を出せば、あとは普通の書留郵便と同じ期間だと思います。

> また、併せて依頼した弁護士の仕事が遅く、早期の着手が期待できない場合の対応についてもご回答いただきたく存じます。

今の弁護士との信頼関係が保てないと思われば、新しい弁護士を見つけて、今の弁護士を解任するということは考えられます。
遅くなっている事情について弁護士の説明が納得できるのであれば、そのまま委任関係を維持することも考えられるのではないでしょうか。

2019年04月11日 05時30分

この投稿は、2019年04月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 債権譲渡… 対抗要件と不当利得返還請求

    債権者Aが債権を第三者Bに譲渡した場合に、その第三者Bが対抗要件備える前ならば、債務者は元の債権者Aに弁済すれば有効となり、債務はなくなりますよね? また、もしBが対抗要件備えた後に債務者が間違ってAに弁済したら、債務者はAに不当利得返還請求できますか?あと、この場合Bにちゃんと債務者が弁済しないと債務なくなりませんよ...

  • 債権譲渡された貸し金債権の催告書を内容証明で郵送する時は、債権譲渡に関する内容も改めて書くべき?

    法律で正しく債権譲渡された現在の債権者が、その債権(譲渡前の債権者と債務者間で公正証書あり)に係わる支払い遅延のため、催告書を内容証明郵便で債務者に出すとき、その内容証明郵便には『この債権は正しく譲渡されている』旨の内容を、改めて記載した方がよろしいでしょうか?(当然、債権譲渡時に、債権者に通知していますので、債...

  • 債権譲渡を検討しているのですが

    今、とある人にお金を貸しており、金額は20万円なのですが回収できそうにないので債権譲渡を債権回収会社に対して申し出ようと考えています。 この場合、どういった手順で債権譲渡をしなければならないのでしょうか? また、20万円の債権譲渡によって受け取ることの出来る金額はどれ程になるのでしょうか? ご教授いただけました...

  • 債権譲渡

    債権譲渡は聞いたことありますが、債務譲渡というのは存在するのでしょうか?また、債権譲渡の場合、債務者に対して債権者が内容証明等で通知しないといけませんが債務譲渡をする場合の処理方法はあるのでしょうか。

  • 債権譲渡

    個人間のお金の貸し借りに、貸し主から承諾を得て、個人がその債権を譲渡してもらう事は、法律上何か問題はあるのですか? 民事上、刑事上何か問題があれば教えて頂きたく存じます。 よろしくお願い致します。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。