オンラインゲームのアカウントは譲渡は債権譲渡かどうか

オンラインゲームのアカウントを他人に譲渡したのですが、譲渡後にオンラインゲームの禁止事項に「アカウントの譲渡」が含まれていることに気がつきました。
オンラインゲームの運営(以下、運営とします)に、譲渡がバレるとオンラインゲームへのアクセス制限や他のアカウントの利用停止などのペナルティが与えられると困るので、譲渡した人に「譲渡は禁止で、今回の譲渡は無効だから、アカウントを返してほしい」と伝えたところ、「債権譲渡禁止特約は譲受人が善意だと適用されない。私は譲渡禁止特約を知らなかったので、特約は無効なので、今回の譲渡は有効だから、アカウントは返さない」といってきます。オンラインゲームの禁止事項はインターネット上の誰でもアクセスできる場所に掲載されていますが、これでも善意無重過失とみなされるのでしょうか?
また、相手は民法466条2項を言っているのだと思うのですが、アカウントは単なる債権譲渡ではなく、権利義務の包括的な移転=契約上の地位の移転と思いますので、契約の相手方であるオンラインゲームの運営の承諾がない限り、契約上の地位移転の効果は生じないと思うので、今回の譲渡は無効だと思うのですが、どうでしょうか。
2016年06月01日 20時54分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ありがとう
>これでも善意無重過失とみなされるのでしょうか?

買主はアカウントを買う以上そのゲームをしていたといえるでしょうから規約に同意しているはずです。
善意無過失とみなされる可能性は低いと考えられます。

>今回の譲渡は無効だと思うのですが、どうでしょうか。

規約で無効だとしても、当事者間では有効と考えられます。

2016年06月02日 07時41分

この投稿は、2016年06月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続分を譲渡する方法l自分の相続分をあげたい人がいる場合の手続き

「遺産はいらないが、自分の取り分を譲りたい人がいる」。このような場合、「相続分の譲渡」を行うことで、自分の相続分を特定の人に譲ることができま...

この相談に近い法律相談

  • 譲渡禁止のスマホゲームアカウントを購入後、利用規約違反でアカウントを停止された場合

    アカウントは譲渡禁止と利用規約に掲示しているスマホゲームのアカウントを他人から購入し、その後、そのゲームの運営会社に「アカウント譲渡は利用規約違反で無効」と言われ、そのアカウントが停止された場合、民法第466条2項を持ち出し、「アカウントが譲渡禁止であることは知らなかったので、私は善意の第三者であり、譲渡は有効...

  • オンラインストレージ ダウンロード

    ファイル転送サービスを介して送られてきたデータをダウンロードする事は違法ですか?ファイルは自分だけが見られる、オンラインストレージからダウンロードする形です。

  • リアルマネートレードに違法性はあるのか?

    最近、オンラインゲームでのリアルマネートレード(オンラインゲームの希少アイテムやキャラクターを、現実の通貨で売買すること)をよく目にします。 あるゲームAはオンラインとオフラインで両方楽しむことができ、売買で入手したアイテム・キャラクターはオフラインでしか使用しないとします。 この場合、 1.オンラインゲー...

  • ニコイチ中古バイクの売買契約の遡及取消について

    今年五月に、とある中古バイク屋(以下、甲)で、ホンダのモンキーを購入しました。ライトカスタム済で、エンジンも排気量アップされた状態でした。店主は勧誘に際し、エンジンのカスタムが、有名メーカー(タケカワ)のパーツでなされている点、セールスポイントにしていました。そこで、中古にしては高い(新車レベル)と思いつつ、納...

  • ゲームアカウント譲渡と利用規約違反による詐欺について

    オンラインゲームのアカウントを売った後、1ヵ月後に相手から「アカウントの売買譲渡は利用規約違反だが、それを隠して売ったから、お前の行為は詐欺だ。訴える」といわれた場合、アカウントを売った相手は詐欺で訴えられますか? アカウントの受け渡しは問題なく行われ、利用規約違反とはいえ、アカウントは停止などはされていません...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。