債権譲渡先が無許可債権回収会社の場合

譲渡先からの譲渡通知が無く、知らない業者から譲渡されたと支払いの催促、訪問や差し押さえを伺わせるような内容の書類が普通郵便で届きました。
知人の話ではサービサー法の違法行為だから請求も裁判も出来ないし、相手にするなと言われました。
確かに債権回収会社リストに無い会社ですが、この場合はどう対処すれば良いのでしょうか?
2014年10月15日 20時47分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
基本的には無視すれば足りると思いますが、もし債権そのものが存在しているのであれば、譲渡元に状況を確認してみてもよいかもしれません(情報の流出があるかもしれないので)。

2014年10月15日 21時20分

岡田 崇
岡田 崇 弁護士
ありがとう
譲渡された債権に心当たりがないのであれば、いわゆる架空請求ですので、相手にするべきではありません。相手にするとかえって見込みがあるということで、請求がひどくなる可能性があります。

他方、心当たりがあるということであっても、譲渡元からの通知(もしくは譲渡先からの債権譲渡の登記事項証明書を付けた通知)がないということであれば対抗要件がありませんから支払う必要はありません。経験上このような場合は時効である場合が多いので、時効援用通知をすることは考えられますが、こちらからアクションをすることは慎重に判断した方がよろしいかと思います。

2014年10月15日 21時24分

相談者
弁護士A様、岡田弁護士様 早速の回答有難うございます。
今後の様子を見て何かあれば又、相談させて頂きます。

2014年10月15日 22時23分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
知人の話ではサービサー法の違法行為だから請求も裁判も出来ないし、相手にするなと言われました。

サービサー法違反といっても実際に譲渡があるなら請求される場合もあると思います。
ただ,譲渡会社が相談者に対して何も通知をしてこなかったとしたら,譲渡されたのか本当かどうかわかりませんので,支払う必要はないと思います。
また,そもそも譲渡された債権自体に心当たりがないのであれば,詐欺の可能性もありますから,相手にしてはいけません。

2014年10月16日 04時52分

相談者
原田弁護士様、ご回答有難うございます。
今後の様子を見て何かあれば又、質問させて頂きます。

2014年10月16日 07時07分

この投稿は、2014年10月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

財産を隠されたとき・隠されないための対処法

離婚の協議に入り、財産分与について考える中で、相手に財産を隠されていないか不安になることもあるでしょう。ここでは、財産隠しによく用いられる方...

養育費の不払いへの対処法

厚労省のデータによると、母子家庭の8割が養育費の未払いを経験したことがあり、そのうち半数以上は1度も受け取れていません。中には、離婚時に相手と...

相続分を譲渡する方法l自分の相続分をあげたい人がいる場合の手続き

「遺産はいらないが、自分の取り分を譲りたい人がいる」。このような場合、「相続分の譲渡」を行うことで、自分の相続分を特定の人に譲ることができま...

この相談に近い法律相談

  • 譲受債権請求事件と債務名義

    現在、支払督促に異議を申立て簡裁に移っています。 当方は被告で、原告はサービサーです。 表題の通り支払督促から移行した譲受債権請求事件です。 当方は、答弁書にて商事債権の5年の時効を主張しました。 すると、原告から譲渡人が債務名義を取得していると主張。 それを、証明する第1号証から第3号証が添付されおり ...

  • 債権譲渡通知を複数受領した場合の対応について

    債権譲渡通知を複数受け取った場合の対応につき質問です。 ①債権譲渡登記の登記事項証明書を譲受人甲から 6/1(登記日付5/1) ②譲受人乙への債権譲渡通知書(内容証明郵便)を、譲渡人Aから 9/1 受け取った場合、支払いは甲にするとして、乙へは当社からなんらかの連絡をする必要があるでしょうか。 法律上の義務はないと...

  • 債権譲渡と訴えの変更

    法人A債務○○百万円がサービサーに債権譲渡され、そのサービサーが原告となって裁判が始まりました。 サービサーは法人Aを被告とせず、法人Aの代表者でかつ当該債務の連帯保証人であった個人Bのみ訴えました。 サービサーが債権の譲受した時に、もちろん債務者の法人Aはその承認をしておらず、かつ、債権譲渡通知も確定日付のな...

  • 事業譲渡 免責の通知、登記をした譲受会社への対応

    事業譲渡を行い商号の続用があって、譲渡会社の債権者相手に免責の登記(または通知)を行った場合元の譲渡会社の債権者(残存債権者)は泣き寝入りするしかないのでしょうか?

  • 持参債務を、自宅か職場以外で渡そうとする行為

    裁判に勝訴して、持参債務を要求したとします。しかし、相手が自宅や職場への持参に応じず、裁判所の廊下で出会った時に、その場で渡そうとしたので、拒否。 この拒否は、「弁済の提供に対する受領拒否」とされてしまいますか。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。