債権回収できる方法について

公開日: 相談日:2014年04月17日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

母親が離婚した父方親族に貸したお金は回収することが出来ますか?
詳細
30年前程に父方親族に母親がお金を二百万程貸しています。その際の借用証書あり、署名捺印あり。
未だに返済はないのですが回収することは出来るのでしょうか?
民法上の時効で消滅してしまうのでしょうか?

246253さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    請求して父方の親類が支払ってくれれば問題ありません。

    この点、一般の貸金債権の消滅時効は10年です。
    父方の親類が消滅時効を援用すると、法的に請求できなくなります。

    ただ、消滅時効を援用する前に父方の親類が債務があることを認めたり、200万円のうちの一部を返済したら時効は完成しません。
    そこで、父方の親類に債務を認めさせる書面を作成してもらうか、一部の返済をしてもらったらいいでしょう。

  • 相談者 246253さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    腹落ちしない部分があるので追加記載します。

    追加記載
    借用証書上では、期限に拘わらずとの文言が入っております。この場合、債務を認識したということにはならないのでしょうか?
    返済がない場合、個人間の債権債務契約において、契約不履行、信義則違反にはならないのでしょうか?
    法令違反したものについてまで時効の救済されるのでしょうか?

  • タッチして回答を見る

    >借用証書上では、期限に拘わらずとの文言が入っております。この場合、債務を認識したということにはならないのでしょうか?

     いったん、債務を承認したとしてもその時から時効期間が進行すると、消滅時効の援用をすることができます。
     一方、消滅時効の時効期間が経過した後でも、債務者が債務が存在することを認めれば時効の援用を放棄したものとして、請求できることになります。

    >返済がない場合、個人間の債権債務契約において、契約不履行、信義則違反にはならないのでしょうか?
    法令違反したものについてまで時効の救済されるのでしょうか?

     契約不履行があることも考慮された上で、民法167条が消滅時効を規定しています。時効期間が経過していれば、時効を援用することができ、信義則違反となることはありません。

  • 相談者 246253さん

    タッチして回答を見る

    ご解答ありがとうございます。

    もうひとつ確認させて下さい。

    債務を認識させる書面とは借用証書みたいに作成しないと時効援用の放棄とみなされないのでしょうか?
    例えば、手紙等の返信で債務を負ってますとの記述だけでは弱いですか?

    お願いします。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

     誰のどのような債務を認めるのかが、書面上、はっきりとしていれば手紙でも問題ない場合があると思います。

     ただ、複数の手紙のやりとりを総合するとわかるというような状況だと、どの手紙の次に相手方からどの手紙が来たかなどがわかりにくくなるので、お勧めはできません。

     手紙の中に、「○○(お母様)さんから昭和●●年●月●日にお借りした200万円は、お返ししますのでもう少し待ってください。 平成○○年○月○日 署名 押印」という書面を入れて、相手方に署名時の日付、署名、押印をしてもらって返送させたら一応の効力は認められるのではないかと思います。

この投稿は、2014年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから