訴訟取り下げ後の対応

先日に訴訟を債権回収業者から起こされていましたが20年以上前の債権でしたので答弁書にて時効の援用を求める内容を書き、提出しましたところ
昨日取下書が届きました。
これは時効の中断時由がなかったので取り下げたのでしょうか?
また取り下げしたあとは内容証明を送った方がよいのでしょうか?
一応、自分なりに調べたところ取り下げた場合は訴え自体が無かったものとなり答弁書での時効の援用も無かったものとして扱われると認識しておりますがこの認識で大丈夫ですか?
※あくまで浅はかな素人の考えなのでプロである先生方との考え方に差がある場合は御容赦ください。
2017年05月12日 06時40分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>これは時効の中断時由がなかったので取り下げたのでしょうか?

はい、そのように思われます。

>また取り下げしたあとは内容証明を送った方がよいのでしょうか?

取り下げされると、訴訟の中で行った時効の援用はなかったことにされてしまいますので、内容証明を送った方がいいといえます。

>一応、自分なりに調べたところ取り下げた場合は訴え自体が無かったものとなり答弁書での時効の援用も無かったものとして扱われると認識しておりますがこの認識で大丈夫ですか?

はい。

2017年05月12日 06時46分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 債権回収に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
これは時効の中断時由がなかったので取り下げたのでしょうか?
→はい、その認識でよろしいかと存じます。
債権回収会社はこういうケースでは、わざわざ
敗訴判決まで訴訟を引っ張らずに
さっさと取り下げることは、よくあります。
諦めたという認識でいいと思います。

また取り下げしたあとは内容証明を送った方がよいのでしょうか?
→はい、それが確実と思います。
弁護士の場合、業者と債務不存在の確認書を取り交わすことも
ありますが、一般の方はわざわざ業者に連絡をせず、
粛々と内容証明郵便を送った方がいいと思います。

ご参考までに。

2017年05月12日 07時04分

相談者
御回答ありがとうございます。内容証明を書いて業者に送ろうと思います。

2017年05月12日 07時07分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 債権回収に注力する弁護士
ありがとう
追加ですが、業者によっては、後日契約書が返送されてくると
思います。
それは契約が終了した=時効が完成した、
ということを業者が認めている有力な証拠になります。

大切に保管しておいてください。

2017年05月12日 07時29分

相談者
御丁寧にありがとうございます。もし届いたら保管しておきます!

2017年05月12日 07時32分

この投稿は、2017年05月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,798名の弁護士から、「債権回収に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 痴漢容疑の否認と、置かれている状況について

    痴漢の容疑で逮捕されました。 否認をしており、拘留延長は却下。 これからどうしていくかを決めていくことになります。 痴漢の内容は股間を女性へ押し付けたというものです。 また、この半年程前に、同じ路線で、やはり股間を女性へ押し付けたことによる容疑で上申書を提出しております。 上申書の内容は、容疑自体は否認し、...

  • 訴訟の取り下げについて

    訴訟の取り下げを検討中ですが、 期日前だと、答弁書が出ていても 取り下げは可能なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 訴えの取り下げはいつまでできるのか

    相手が訴えを取り下げるのを阻止したい場合です。 答弁書を提出し、第一回口頭弁論を擬制陳述で終えた後も、相手は、こちらの同意なく訴えを取り下げることはできてしまいますか。訴えが取り下げられなくなるのは、第二回口頭弁論以降ということなのでしょうか。 答弁書を相手が読んだ後に、その内容をはかって訴えを取り下げられ...

  • 時効援用の主張後について

    最終取引から8年以上経過した後に 裁判所より訴状が届き、このサイトをはじめとした専門家の方々の意見を参考に 答弁書による時効の援用を主張しました。 数日後、取り下げたとの通知がありましたが、この時点で借金は消滅されたと 思ってよいのでしょうか。それとも何かこちらから再度手続きをする必要はあるのでしょうか。 ま...

  • 口頭弁論の前での訴訟の取り下げは1週間前でも出来るのですか。

    相続問題で訴訟を起こされました。 第一回口頭弁論前に答弁書を送り、それと一緒に送った証拠が有利な重大な証拠で原告が困った場合、訴訟を取り下げてしまうこできるものでしょうか。 もし、出来てしまうならその証拠は暫く出さないでおこうと思います。 折角、原告が裁判を起こしてくれたのですから決められるチャンスです。 取り...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。