ベストアンサー

国外企業の国内企業に対する債権回収及び時効について

国外を本拠に事業を行っている者なのですが、日本国内の取引先さんの未払い代金の回収に悩んでいます。

契約上の支払いは出荷前の全額支払いなのですが、その時は相手の案件の状況を考慮して、後払いということで(口約束)出荷をしてしまいました。その件が発生してから今までの間、別件の取引がございましたが、そちらは全額支払いを頂いています。

なぜその案件のみ支払いができないのか?、理由ですが、案件が頓挫して不良在庫になっているとの事です。金額については数千万単位になります。

在庫が売れるまで待とうという考えもございましたが、既に期日より1年ほど経っており、また最近になって債権の時効の事に気づいたため待つ事以外の対処法を考え始めました。

そこで2つ確認したい点がございます。
1.日本の法律ではこの件での債権の時効がいつなのか?、また日本と弊社の本拠地の国の法律のどちらが適用されるのか? (契約書上は明記していません)
2.訴訟にする場合、日本と弊社本拠地の国のどちらで訴えを起こすべきなのか? (どちらで争うかという点も契約書に明記しておりませんでした)


また、日本で争うことになった場合は日本の弁護士さんに依頼するべきですよね?
宜しくお願い致します。

2015年04月28日 19時25分

みんなの回答

阿部 高明 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 具体的な取引の内容がわかりませんので正確なことは言えませんが,商品の売買であれば,日本法では2年の消滅時効とになります。
2 日本と貴国のいずれの法律が適用されるかについては,日本の法律によれば,その取引において密接な国の法が適用されることになります。
 相手方が日本の法人であり,商品が日本に納品されていることに照らせば,日本法が適用されると考えてよいのではと思います。
 さらに,日本における相手法人の財産に対して強制執行をする可能性がありますので,日本の裁判所で判決を得るのが良いのではないでしょうか。
3 日本の裁判所で裁判手続きを取られる場合,弁護士に委任するのであれば日本の弁護士になります。
4 正確なことは,実際の契約書面などに基づいて,直接弁護士に相談されてください。 

2015年04月28日 20時44分

相談者
どうも有難うございます。非常によく理解できました。助かります。

度々失礼致しますが、同じ案件で次回追加で相手方へ出荷する予定だった品物が弊社の倉庫に眠ったままになっています。

専用品のため他のお客さんには売ることができず、弊社にとっては想定外の事態となっております。これも契約内容次第かと思いますが、同時にこれらの求償ができる可能性はあるのでしょうか。宜しくお願い申し上げます。

2015年04月29日 19時15分

阿部 高明 弁護士
ありがとう
これも具体的な契約内容が不明ですので,確定的なことは言えませんが,すでに売買契約が成立していると認定できるのであれば,売買代金の請求するなど法的手続きを取ることができると思います。

2015年04月29日 20時27分

相談者
何度もすみません。早いうちにある程度の方向性を決めたほうが良さそうですね。ありがとうございます。

2015年05月01日 11時02分

この投稿は、2015年04月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,619名の弁護士から、「債権回収に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 未払い印税を出版社へ請求すべきか、泣き寝入りすべきか。請求するとすれば、どんな方法が最も効果的か。

    翻訳の仕事をしている者です。数年前にある地方の出版社と翻訳出版契約を結び、翌年本が出版されました。契約書では発行部数で印税を支払うことになっていますが、「経営状況が悪いのでもう少し待ってほしい」と言われ、現在まで未払いの状態が続いています。本が売れていないのであれば仕方がないとこちらも強く出なかったのですが、幸...

  • 資産のない企業への支払い要求について

    ・土地を外国企業Aに賃貸借していますが、Aが「収入が落ち込みお金がない」いい、賃料の振込みがなされません。契約書はあるのですが、それとおりに支払いがされません。  たとえ日本で裁判を起し、支払請求の訴えで勝訴し強制執行、差押したとしても、無いものは払えないと思います。   日本の判決で、外国での差押はできるのでし...

  • 行政訴訟は本人でできるのか?

     今度行政訴訟をしようかと考えています。が、???の点が多く少し厄介だなと感じています。  で、どのような訴えかというと、 1、ある申請(承諾されれば1年ごとに3年間お金が支払われる)を行ったが、これが要件に一部該当せずとし認められなかった。 2、しかし、要件には該当しているはずであるので、認めていただきた...

  • 債務を回収したいのですが時効は2年となるか5年となるかご教授ください。

    ①債務内容:学校行事のDVD制作を元請け会社から請負いしていた制作代金 ②請負形態:元請けは株式会社、こちらは個人事業主、支払期日等を文書で交わしたものではありません。 ③債務金額:90万余り 先月自作の内容証明にて請求しましたところ、相手方の弁護士より『民法第173条1号・2号による短期消滅時効を援用します』...

  • 未払金の時効の効力を停止したい

    お世話になります。 相談内容は未払いの役員報酬についてです。 義理の父母が経営する有限会社を結婚後に手伝って欲しいと言われ入職したのですが、 経営が厳しいことがあり小遣い程度を手取りとし報酬の一部を未払いにしていました。 10年近くが過ぎ会社の事情や状況を知り継続が厳しいこと、また、その間に子供が授かり、来年に...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。