期限の利益の喪失?

公開日: 相談日:2014年10月23日
  • 1弁護士
  • 1回答

2 被告(相手)は、原告(私)に対し、前項の金員を、次のとおり分割して、毎月末日限り、●●銀行●●支店の「」名義の普通預金口座(口座番号)に振り込む方法により支払う。なお、振込手数料は被告の負担とする。
(1)平成26年2月から同年12月まで161万円ずつ
(2)平成27年1月末日限り166万円

3 被告が前項の分割金の支払を怠ったときは、当然に同項の期限の利益を喪失し、被告は、原告に対し、第1項の金員から前項による既払金を控除した残金を直ちに支払う。


平成26年9月30日までに支払うはずだったものが、払われなかったので期限の利益を喪失していると思います。(平成26年10月1日に161万円支払われましたが)

残金の649万円は平成26年10月31日に支払うと被告(相手)は言っています。

ここで質問なのですが

民法の所定利息(年5分)は被告(相手)に請求できるでしょうか?和解条項による文言は上記のとおりです。

また、出来る場合、起算は平成26年10月1日から支払日まででよろしいでしょうか。

292824さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2014年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました