解雇に該当しないか知りたいです。

飲食店店長を務める者です。

【店舗の概要】
会社の新規事業として6月1日に、某商業施設にオープン
スタッフは社員3人含め計17人

【前提】
・新規事業所の雇用保険や労災関係、未申請
・雇用契約書なし(作成してほしいと何度も言い続けてます)
・扶養控除等の書類 未申請
・就業規則、36協定なし
 本社の就業規則はあり、残業代を支払う規定あり
・雇用台帳、賃金台帳など未作成
・タイムカードは打刻してますが保管は本社
 コピーは7月分しかなく、
 過去のを開示請求しても取り合えってくれず
・給料支払い日が、月末締の翌10日払ですが、
 8月10日の7月分未払い(全員)
 ※他の店舗も併せ同施設内で26人、
  他の施設合わせ31人給与遅延
 ※現在、本社の人は全員、
  該当店舗も一部の人は支払われてます
・8月14日以降3回労基署に相談済み
 考え得る労基法違反申告も書面で提出済み
・8月16日に残業代、遅延損害金含め支払いを求める
 請求書を内容証明で郵送。
 (その日の段階で請求の意思があった16人のみ) 
 18日に受取確認済み
・労基署から来週火曜か水曜で出頭要請が会社に出されてます


【相談内容】
8月23日付けで「事業困難による退職のお願い」
と言う書面が届きました。

・家賃を一回も支払っておらず、施設側から内容証明で退去勧告
・8月31日で解約通知を受け入れ、運営終了
・7月分と8月分の給料は保障(今後の対応は個々)

記載されている要点は上記3点です。


我々としては、

1.
退職の意思はないので、
退職勧奨と思えるこの書面は受け入れられない

2.
給料支払日を明記してほしい

3.
遅延損害金、残業代、未精算の立替金
の保障も明記してほしい

4.
解雇予告手当の金額と支払期日の明記された解雇通知書と
解雇理由証明書を労基法22条に基づき請求したい

という4点を会社に伝えたいのですが、
今回の件は解雇には該当しないのでしょうか?

私は、解雇予告手当の免除には該当しないと思ってますし、
本社は存続するので、事業縮小という点で
整理解雇ではないかと思うので、ご教授頂きたいです。

会社都合退職になり、直近の生活の保障が
されていない現状に納得いかないのです。

ご回答の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
2013年08月24日 10時09分

みんなの回答

中間 隼人
中間 隼人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県2
ありがとう
●今回の件は解雇には該当しないのでしょうか?

→「解雇」とは,使用者が一方的な意思表示によって労働契約を解約する事を言います。おっしゃる通り,先方の対応は,いわゆる退職勧奨というもので,合意解約を促すものですから,一方的意思表示による解約ではなく,上記「解雇」には当たりません。もちろん,これに応じなければ,解雇してくる可能性はあります。

あくまで,合意解約なので,受け入れる意思がなければ拒絶してもいいでしょう(解雇等の不利益処分につながる可能性はあります)。
現状としては,退職勧奨にとどまるので,解雇予告手当等の問題は今のところ生じないのではないでしょうか。

解雇前提で先方と交渉する場合は,パスタマシーンさんの相談内容にあることを先方に明らかにしてもらうことになります。
 

2013年08月24日 11時01分

相談者
中間隼人 弁護士  殿

早速のご回答、誠にありがとうございます。

文中にある「解雇等の不利益処分」とは、
具体的に解雇以外には何が考えられるのでしょうか?

今の時点で、考え得る事例について、
防御策を講じることは出来ますでしょうか?

お忙しいことと存じますが、
ご回答の程何卒宜しくお願い申し上げます。

2013年08月24日 13時41分

この投稿は、2013年08月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不当解雇による生活困窮による内容証明

    先月の平成25年5月17日付けで不当労働行為による会社側からの一方的な不当解雇にあっています。 今、現在は解雇の無効と地位保全の為に毎日所定労働日には会社に出勤しては、経営者から帰れと言われるまで会社にいます。 5月20日には5月17日までの未払い賃金と解雇予告手当てが会社側から一方的に私の口座に振り込まれまし...

  • 退職した会社への未払い残業代の請求について。

    昨年入社した会社を相手に未払い残業代の請求を考えております。 某転職エージェントを介して入社しました。 ・入社時に雇用契約書はなし ・給与は年俸制。 ・残業代の規定はなし(就業規則にて説明) ・毎月の給与は年俸の12分割 入社後の社長による暴言や、急な出張を命じられるなど継続して勤務することに不安を覚え、 退...

  • 工作機械搬入遅れによる弊社損害の賠償について

    2013/2月 機械発注(A商社を介してB機械に注文)(2013/8月納入と決定) 2013/7月末 機械搬入に向け立会いしたが、立会いワークが不完全のため納入延期          本機械にて加工予定の製品の製作開始を2ヶ月延期(12月納入開始)してもらう          ように部品納入先に要請 2013/...

  • 未払い賃金請求 内容証明の書き方について

    未払賃金請求の内容証明を送る際、以下内容で問題ありませんでしょうか。 未払い賃金請求通知書 通知人は貴社と雇用関係にあり平成25年12月xx日より社員として労務を行なっているが入社当初より現在まで割増賃金が支払われていない。 通知人は貴殿に対し平成27年8月x日頃労働基準法115条によるところの消滅時効...

  • 給与未払いへの法的手続き

     A社勤務の私は、5月15日の給与支払日に4月分給与が支払われず、私は同日「退職願及び給与支払い請求通知書」を配達証明付内容証明郵便でA社代表取締役宛に送付しました。翌日午前中、郵便は事業主に到達しています。4月分給与の支払日を、文中5月19日と指定しました。また、5月15日の午後管轄の労働基準監督署へ赴き、4...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。