【回し手形も禁止?】取引基本契約書 権利譲渡の禁止条項

公開日: 相談日:2020年09月01日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

取引基本契約書で下記を定めております。

第10条(権利譲渡の禁止)
甲および乙は、相互に相手方の書面による承諾を得ないかぎり、本契約又は個別契約により生ずる権利、義務(債権債務を含む)の全部または一部を第三者に譲渡し、又は担保に供してはならない。

この場合、回し手形も禁止となりますか?

952259さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    回し手形も手形上の権利譲渡ということになりますので、書面による承諾を得ておかれた方がトラブルを防げると思います。
    特に、今後も関係を続けていきたいということであれば、契約どおりに承諾を得られた方がよろしいかと存じます。

    ご参考までに。

この投稿は、2020年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから