請求書発行済み、かつ先方より入金済みだが金額は変わら商品が変わる。再度請求書を発行すべきでしょうか。

利用料を前払いで頂くようなサービス提供を行っています。

そのため、契約内容の変更が発生した際、契約の変更が発生するタイミングでは
既に旧契約の名称で発行された請求書で、対象期間分の料金を請求・入金されています。

この場合、請求書は再発する必要がありますでしょうか。
金額の変更があった場合
・次回請求にて差額を調整
・当該請求書内容を修正し再発行、入金額との差額のみ入金いただくor返金
どちらが正しいでしょうか。

また金額の変更がなかった場合、契約の名称を契約内容変更後のものに修正し
再度発行する必要がありますでしょうか。
2019年08月21日 15時41分

みんなの回答

今村 幸次郎
今村 幸次郎 弁護士
債権回収に注力する弁護士
ありがとう
1 詳しい業務内容等がわかりませんので、一般論になりますが、まず、契約内容(提供するサービス内容)が変更された場合、その都度、契約書または覚書など、サービス内容が変更されたことを書面で残しておいた方が良いかと思われます。その方が後の争い(「うちはこんなことを頼んだわけではない」などのクレーム等)を避けられると思います。
2 そのようにしておけば、その際に(その覚書等で)、金額の変更の有無、変更があった場合の清算(支払い)方法もあわせて明確にしておく(書面に残す)ことができるのではないでしょうか。
3 請求するときも、そのような変更後の契約に基づき請求するものであることを明確にして請求すれば、お互いに疑義がなく、決済もスムーズになるのではないかと思います。
4 このような方法をとるのが理想的ですが、あとは、実務的な事務負担との兼ね合いでどこまで手間を掛けられるかの問題でしょうか。

2019年09月01日 07時12分

この投稿は、2019年08月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。