債務不履行の帰責とは?

公開日: 相談日:2018年08月23日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

債務不履行の「事実」が帰省事由に該当する場合はありますか?

契約書上の債務を履行していない⇒その状況が故意過失にあたる⇒損害賠償請求可能

というケースはあるのでしょうか?

698247さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    債務不履行にも、履行遅滞、履行不能、不完全履行の3類型があります。
    履行遅滞の場合、それだけで帰責事由ありとされるのが普通であり、帰責事由なしとされることはほとんどありません。
    履行不能の場合、不可抗力による場合や債務者の故意・過失によらない場合が有り得ます。
    不完全履行の場合、そもそも何が債務不履行か(債務者がどこまでの義務を負っていたか)が問題となりますが、債務不履行の事実を立証すれば、帰責事由も立証されたに等しいと考えられます。
    cf.内田貴著『民法Ⅲ債権総論・担保物権(第3版)』140頁~

この投稿は、2018年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから