継続的供給契約を財団債権に該当させない

大学の破産法のレポート課題なんですが、全くわからないのでヒントをお願い致します。

オフィス事務用品の販売業を営むA株式会社は,2015年2月頃から売れ行き不振に陥っており,資金繰りは次第に苦しくなっている状況であった。 そして,同年4月中旬頃には,A社の従業員に対する給料の遅配やA社と取引のある業者に対する代金決済の滞留が生じていた。その後,A社の資金繰りはさらに悪化し,同年5月20日にA社振出しの手形が不渡りになり,その翌日の21日に,A社は,破産手続開始の申立てをした。そして,同年6月15日,A社に破産手続開始決定がなされ,甲が破産管財人に選任された。A社は,従業員全員に会社名義の携帯電話を持たせており,破産開始決定当時,従業員は携帯電話を保持したままとなっていた。就職後直ちに破産財団の占有に着手した甲は,破産管財業務に携帯電話は不要であるとの観点から,携帯電話の数・所在を確認し,携帯電話を早急に回収することにしたが,破産手続開始申立後開始決定までの間に,従業員が取引先等への事情説明などのため,普段以上の頻度で当該携帯電話を使用しており,その間の携帯電話料金は,かなり高額なものになっていた。
破産法55条2項によれば,携帯電話契約は,継続的供給契約として,手続開始申立後開始決定前の携帯電話料金は財団債権になると考えられるが,甲は,管財業務の遂行に関係のない契約にまで同条の適用があるのか,従来から疑問をもっていた。甲としては,十分な破産財団の確保のため,なんとか当該携帯電話料金の財団債権化を回避したいと考えている 。
そこで,あなたが管財人甲であったとしたら,どのような解釈論を展開して,当該携帯電話料金が財団債権に該当しないと主張するか。
2015年07月21日 07時43分

みんなの回答

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
まったく分からないなら、教科書を読み、文献を調べ、自身の頭で考えるのが学生の仕事です。

大学なら、破産法コンメンタールなどがあるでしょうから、そういう文献などを読んでください。

2015年07月21日 07時45分

この投稿は、2015年07月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 破産した会社から債権者への分配について

    以前に勤めていた会社が今月破産し管財人から破産手続開始決定通知書が届きました。退職金と給与が未払だったので管財人に債権を届けようと思います。 そこで請求した債権について破産した会社から分配についてお聞きいたします。 私の債権は労働債権なので他の一般債権より優先して支払われるのは存じているのですが以下の条件の場...

  • 取引先、顧客に知られずに会社を破産したいです。

    個人破産と会社破産を検討しています。 取引先、顧客に分からないように破産をしたいと思っています。 現在、社会保険の滞納、公庫から借り入りが残っていますが、買掛金は毎月1万程度です。 コンサル事業がメインで前金回収が基本なので、月を跨ぐ売掛金はほぼないのですが、3〜5万は毎月売掛けでの入金があります。 売掛金...

  • 経営者の個人保証に関する不動産、知財の譲渡について

    ベンチャー企業X社のA社長から個人資産の譲渡について相談を受けています。 同社は、設立10年で実質社長1名で事業を営んでいる企業です。 同社の債務は、金融機関Yから400万程度の借り入れがありますが、協会の100%保証がついており、この保証について、A社長の個人保証をつけています。 現在、金融機関Yへの返済が2か月滞っておりま...

  • 困ってます。

    【STB債権回収株式会社】様より↓ ▼財産差押通告▼382万円をお支払しない場合は特定した自宅、勤務先、親戚宅、友人宅へ強制徴収しにお伺い致します。【STB債権回収株式会社】強制徴収担当:新垣 ▼本文詳細(閲覧・送受信永久無料!)▼ 本通知をもちまして「債権譲渡通知」及び「財産差し押さえ強制執行」最終通知となります。 この...

  • 倒産可能性の高い企業への債権回収について

    取引先(売掛先)の企業が、倒産するか否かの瀬戸際にあります。 但し、同社(取引先)は会計基準が歪で、当社の売掛金(同社にとってみれば買掛金)の一部が、簿外債務となっています。 同社が倒産した際、債権者集会の通知は来るのでしょうか? また、債権者集会の通知等も来ない可能性が有れば、「負債として計上しろ」と言った方...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。