1. 弁護士ドットコム
  2. 債権回収
  3. 強制執行
  4. 債権執行
  5. 強制執行 給与差押えについて

公開日:

強制執行 給与差押えについて

2019年10月15日
ベストアンサー
民事訴訟の判決により、債務者となりました。
相手方から相当に恨まれており、嫌がらせ(仕返し)目的で、給与の差し押さえ(強制執行)手続きがとられそうです。
判決文が届いたらすぐに相手方へ現金書留で金銭を送付しようと思いますが、
上述のとおり、相手方の目的は、私の勤務先に訴訟の件を知らせることでしょうから、受け取り拒否されそうです。
相手方が郵便(現金書留)の不在通知を無視し返送されてきたら、供託手続きを取れば、勤務先に知られずに済むのでしょうか?
相手方の強制執行手続きよりも、私の供託手続きの方が早ければ勤務先には知られずに済むのでしょうか?
相談者(857997)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 債権回収に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 相手方が郵便(現金書留)の不在通知を無視し返送されてきたら、供託手続きを取れば、勤務先に知られずに済むのでしょうか?

理屈のうえでは、強制執行はできないことになりますが、ただ、相手が供託されたことを気にせず、強制執行してくる可能性は否定できません。

2019年10月16日 05時58分

この投稿は、2019年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

強制執行妨害目的財産損壊罪が成立する要件と刑罰の内容

財産が差し押さえられることなどを妨害するために、財産を隠したり、壊したりすると、「強制執行妨害目的財産損壊罪」にあたる可能性があります。この...

この相談に近い法律相談

  • 債権 強制執行について

    債務者の取引先企業に債権の差押えを行いましたが、陳述催告の回答で、債務者の債権は別の会社(債務者が借り入れをしている会社)に譲渡しているとの回答でした。 つまり、債務者が借り入れをした企業に対して第三債務者からの売掛金を弁済に回している事になります。 (図) お金を貸した会社A<---------第三債務者<ーーー ...

  • 給与差押についての第三債務者の対応

    公正証書に基づき、給与差押をしました。 ◎差押命令書送達日  ・第三債務者(勤務先)9/20  ・債務者 9/27 ◎第三債務者より陳述書が届いた日 10/1 ◎裁判所から送達通知と差押正本が届いた日 10/3 ◎第三債務者の給料支給日 10/5 ◎第三債務者へ支払方法等を郵送完了日(書留) 10/5 10/9になっても支払も連絡もなく、1...

  • 生命保険契約の照会について。

    知人に騙されて債務者となりました。 裁判所から仮執行に関する通知が届き、不本意ではありますが、債務整理(自己破産)を考えています。 ただ、両親が契約して支払ってくれている生命保険(解約払戻金200万円程)があることがわかり、手続きを躊躇している次第です。 そこで、質問がございます。 債務整理(自己破産)を行うにあ...

  • 差押え範囲の変更について

    公正証書により、債務者の給与と退職金を差押えしていますが、退職金だけを差押えるとの変更はできますか? 地裁で手続きできますか?

  • 債務者から訴訟を起こされました。

    債務者に対し債権差押えと不動産強制競売の手続きを進めていますが、債権差押えは空振り 競売は査定金額が不足で取り下げになってしまいそうです。 挙げ句に債務者から公正証書は時効が成立しているから無効だと訴訟を起こされています。 こちらは弁護士を立てず、話し合いで解決したかったのですが相手からは応答がありません。 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。