1. 弁護士ドットコム
  2. 債権回収
  3. 強制執行
  4. 不動産執行
  5. 自分に配当の可能性の少ない不動産の強制執行(競売)の申し立ての保証料は?

公開日:

自分に配当の可能性の少ない不動産の強制執行(競売)の申し立ての保証料は?

2015年04月27日
私は友人Aに570万円の損害賠償の債権があり、裁判で勝訴し債務名義もあります。
その友人A名義の不動産(戸建て)を見つけたのですが、抵当権を銀行が3000万円付けており銀行への現在の残債務額は1500万円のようです。
この不動産(戸建て)を不動産屋に見積もって貰うと、普通に売買すれば1800万円で売れる可能性あるけど競売にかけると1500万円位にしかならない可能性もあると言われました。
この場合、私がこの不動産を競売にかけても配当は1円も貰えない可能性はありますが、配当0円でも印紙代、郵便切手代、登録免許税は返金されるのであれば懲罰的な意味もこめて競売の申し立てをしようと思うのですが「配当の見込みの薄い債権者からの競売申し立ては基本却下され、どうしても強制執行する場合は別途保証金を積む手続きが必要なはず」と不動産屋に言われました。

この保証金というのがいくらなのか計算方法を教えてください。
相談者(344214)の相談

みんなの回答

鎌田 智
鎌田 智 弁護士
ありがとう
保証金ではなく予納金のことと思います。
予納金は不動産の鑑定費用などに充てられます。

金額は数十万円程度で、50万円から100万円近くする場合もあります。
裁判所によって異なるはずですから物件のある場所の地方裁判所に問い合わせてみると良いでしょう。

2015年04月27日 21時33分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
債権回収に注力する弁護士
ありがとう
まず、差し押さえの申し立ての際に
債権者は予納金を支払います。
物件によりますが、通常、60万円くらいです。

そのお金を使って物件を差し押さえ
評価することとなります。
評価額が優先する抵当権の価格に満たない場合は
無剰余(配当見込みがないこと)を理由に競売は取り消しとなり
予納金は評価に使われた部分は
返って来ません。

逆に、優先する抵当権を上回る価格となれば
競売にかけられることとなります。

競売の評価は時価の7割くらいなので、1800万円が時価だと
競売の評価額1260万円となるので
競売は取り消しになる可能性が高いと思われます。

差押えがされただけで
評価が出る前に
お金を払うので
取り下げてほしいという債務者も
いますので、
何とも言えませんが、
住宅ローンの返済がもう少し進んで
抵当権の債権額が減るのを待ってから
差し押さえした方がよいかもしれません。

2015年04月28日 16時18分

この投稿は、2015年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 公的な方法で所有権移転の請求はできますか?

    主人の住宅ローンの連帯保証人で、ローンを1/2づつ組んでいます。持分も1/2です。 主人がローンを滞納し、その後出て行かれ、別居に至っています。 収入が激減しており、今後も支払う気持ちはない、と連絡がありました。 銀行からもギリギリの期限と連絡があり、子供と住み続けるために肩代わりして支払いました。 住宅ローンをひと...

  • 代位弁済中での強制執行申し立ては?

    オーナーです 賃借人が家賃を4ケ月 不払いで 保証会社に 代位弁済中です が 裁判で明け渡し訴訟を 考えています、代位弁済中でも 動産の強制執行が できますか? 2重取りに 成らないのですか?

  • 個人間借金の『時効の援用手続き』後の返済行為は可能ですか?

    祖母(89歳)に個人間借金があることが判明しました。 先日債権人から接触があり親族間の知るところになりました。 祖母は「借りたものだから生きてる間に返せる分は返したい。」と隔月に定額を債務者に振込むことで話はまとまりました。 その借金は10年以上前のもので、当時の借用書などはなく口約束だったそうです。 私として...

  • 家が担保の銀行融資中の不動産は強制執行で取ることが出来ない?

    調停で決まった財産分与としての800万円を未だ支払ってもらえない為、強制執行申し立てをしようと思っています。 相手(元夫)名義で不動産を購入しているようで購入したばかりなのと担保は家で銀行から融資受けてるとのようです。 1、銀行が一番の債権者になると聞きましたが、強制執行できても競売に掛ける事が出来ずアンダーロー...

  • 離婚裁判 生命保険の財産分与の強制力は?

    貯蓄性のある生命保険の解約返戻金は、婚姻前から加入していた終身保険です。これを解約すると死亡保障がなくなってしまう、また新たに加入では保険料が高額になることと加入できる体況ではないかも知れませんので、解約したくありません。この場合、婚姻から別居した時点までの期間での解約返戻金金額から払い込み保険料を差し引いて算...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。