傷害事件、被害者側対応のその後について

傷害事件の被害者です。
民事裁判、刑事裁判共に終わっています。
加害者は服役を終え、現在出所しています。
また、民事の方は強制執行を終え、損害賠償の一部分だけ受け取った状況です。
その上で質問です。

1.直接、加害者の元へ行き、残りの損害賠償金の支払いを求めてはいけないのか

2.直接、加害者へ電話し、残りの損害賠償金の支払いを求めてはいけないのか

3.加害者の近況を調べる行為(張込みや、聴き込み)はしてはいけないのか

4.事件についてのブログを始めたいのですが、どこまで事件についてのことを書いて良いのか
例えば、事件概要、裁判内容など

宜しくお願い致します。

2017年06月09日 16時07分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ベストアンサー
ありがとう
> 1.直接、加害者の元へ行き、残りの損害賠償金の支払いを求めてはいけないのか
> 2.直接、加害者へ電話し、残りの損害賠償金の支払いを求めてはいけないのか

加害者のプライバシー等の権利を害しない範囲の訪問や電話による請求は、許されると思います。ただ、訪問や電話を拒絶されれば、それ以降の訪問や電話による請求は、加害者のプライバシー等の権利を害したことになるとは思います。

> 3.加害者の近況を調べる行為(張込みや、聴き込み)はしてはいけないのか

上記1、2と同様に、加害者のプライバシー等の権利を害しない範囲では、許されると思います。ただ、近所の聞き込みは、加害者のプライバシーや名誉を害する可能性はあると思います。

> 4.事件についてのブログを始めたいのですが、どこまで事件についてのことを書いて良いのか

相手が特定できない仕方であれば、事件概要や裁判内容などを記載しても構わないと思います。

2017年06月23日 15時34分

この投稿は、2017年06月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

傷害事件・傷害罪での慰謝料・損害賠償や示談金の相場

人に暴行を加え、傷害(怪我)を負わせた場合には、加害者は治療費などの被害を損害賠償する責任があります。賠償方法は、示談交渉を行った上で支払う...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

殴られて怪我をした、嫌がらせを受けてノイローゼになってしまったなど、傷害事件に巻き込まれると、恐怖や苦痛、そして治療の必要性など、被害者の負...

殺人事件の被害者遺族にできること - 刑事告発や犯罪被害者支援制度、損害賠償請求

ご家族が殺害された場合には、深い悲しみと犯人への強い憤りを感じることでしょう。しかし、どのように乗り越え生活を立て直せばいいのか、また犯人を...

殺人・殺人未遂事件の慰謝料や損害賠償の相場

人の命はお金に代えがたいものではありますが、亡くなった方が家計を支えていた場合には、遺族には生活の問題も残されてしまいます。ここでは、殺人事...

セクハラ加害者や勤務先などに損害賠償を求める方法を解説

セクハラ被害を受けたとき、被害を回復するために加害者に損害賠償を求めることができます。また、勤務先に対しても損害賠償を求めることもできる場合...

この相談に近い法律相談

  • 傷害事件の損害賠償ついて

    一方的に家に土足で上がりこまれ暴行を受けた傷害事件の被害者です。 犯人との示談は一切しません。 しかし、自分で怪我を負わされた治療費を払うのも腹立たしいので、民事で損害賠償を考えています。 拘留中の刑事罰の確定しない犯人に対して、民事で損害賠償請求することは可能なのでしょうか?

  • 傷害による損害賠償

    傷害による損害賠償の時効は何年でしょうか

  • 損害賠償請求の時効について

    傷害行為の損害賠償請求の時効3年とは、傷害行為が行われた時点からですか?それとも傷害行為による損傷を知った時点からですか? よろしくお願いいたします。

  • 損害賠償

    少し前の話しですが、私の知人の兄弟が、暴行を受け、亡くなりました。俗にいう、傷害致死らしいです。 損害賠償を請求したいらしいのですが、あくまで、紙約束なんですよね? 公判調書に記載すると、よいと聞きましたが、どうですか?

  • 損害賠償請求事件について

    簡易裁判所から訴状が届いている状態で 加害者から被害者にまたは被害者から加害者に 直接連絡とるのは可能ですか? また連絡したら何か問題あるのでしょうか よろしくお願いします

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。