ベストアンサー

少額訴訟後の売掛金回収などについて

現在、少額訴訟を起こそうとしています。
◯商売上の未回収売掛け金です。
◯相手は他県の株式会社です。
多数の証拠もあり勝訴は多分大丈夫と言われていますが、相談をしたいのはその後の強制執行などの差し押さえについてです。
1.口座や先方の売掛金などの強制執行の対象になり得るものはどんなものがありますか?
2.仮差し押さえというものがあると聞きましたが
強制執行をする前に、仮差し押さえをして口座の残高などがこちらに分かるものなのでしょうか?
3.相手方の作為(虚偽)ある内容のファックスや動画なども証拠としてあるのですが、少額訴訟後に個人的に詐欺罪として警察に相談できるものでしょうか?
4.現在の担当の先生からも言われていますが、やはり確実な回収は現在の日本では難しいのでしょうか?
2017年01月25日 09時19分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
> 1.口座や先方の売掛金などの強制執行の対象になり得るものはどんなものがありますか?

御記載のもののほかに不動産や工事機械(リ-スでない場合)、在庫(価値がある場合)、敷金や保証金などでしょうか。

> 2.仮差し押さえというものがあると聞きましたが
> 強制執行をする前に、仮差し押さえをして口座の残高などがこちらに分かるものなのでしょうか?

わかりますが、それは訴訟の前に裁判中に逃れないようにされるものです。
担保金が必要です。

> 3.相手方の作為(虚偽)ある内容のファックスや動画なども証拠としてあるのですが、少額訴訟後に個人的に詐欺罪として警察に相談できるものでしょうか?

わかりません。
相談は事前にして見られれば良いでしょう。

> 4.現在の担当の先生からも言われていますが、やはり確実な回収は現在の日本では難しいのでしょうか?

相手次第ですね。大手消費者金融に対する過払いなどは全額回収できますから。

2017年01月25日 09時57分

この投稿は、2017年01月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

未払い養育費回収のため「強制執行」をする際のポイント

未払いの養育費を回収する方法として、強制執行によって養育費を支払う元配偶者の財産を差し押えるという方法があります。ここでは「[みんなの法律相談...

財産を隠されたとき・隠されないための対処法

離婚の協議に入り、財産分与について考える中で、相手に財産を隠されていないか不安になることもあるでしょう。ここでは、財産隠しによく用いられる方...

養育費の不払いへの対処法

厚労省のデータによると、母子家庭の8割が養育費の未払いを経験したことがあり、そのうち半数以上は1度も受け取れていません。中には、離婚時に相手と...

離婚慰謝料が支払えない場合のリスク・対処法

離婚する際に不倫などの落ち度があった場合は、慰謝料を請求されることになります。慰謝料が高額で払えない場合、財産を差し押さえられてしまうのでし...

口座を差し押さえて養育費の未払いに対処する

養育費の支払いが滞っている場合、回収する方法として、相手の財産を差し押さえることが考えられます。ここでは、相手の銀行口座を差し押さえて養育費...

この相談に近い法律相談

  • 簡易裁判の通常訴訟、賃金請求事件で勝訴した後の強制執行について(手続き・流れ等)

    タイトルの通り全面勝訴となりました。 これから強制執行の手続きに移ります。 相手方(被告人、以下『債務者』)は個人事業主であり、現在も業務を続けており、業者との間での売上(売掛金)が発生している状況です。ちなみに独自に調査しましたが、業者からの売上(売掛金)は月末締め15日後払い、45日後払い、75日後払いとな...

  • 銀行口座の差し押さえについて(支店名まで?)

    少額訴訟にて、勝訴しました。 相手の銀行口座を差し押さえたいと考えていますが、 銀行の支店まで当てないと差し押さえできないのでしょうか? そんなのほぼ100%無理ですよね。 銀行名だけで大丈夫ですか? よろしくお願い申し上げます。

  • 少額訴訟(12〜3万)の強制執行について

    予想される差し押さえを教えて下さい

  • 抵当権付き不動産の仮差押え2

    抵当権付き不動産に仮差押えをした場合、仮差押え後に債務名義を得て、本差押えをした場合に、先順位の抵当権者の被担保債権の金額の方が物件の評価額を上回っていて、配当される目途がないと競売手続きが「無剰余」として取り消されてしまうということがあり得ますとご回答を頂きました。 質問1.抵当権者は強制競売に反対できるので...

  • 民事訴訟に勝訴後の認容額の回収につき、少額訴訟提起と強制執行を同時並行してもかまいませんか

    民事訴訟に勝訴(棄却)し、裁判所の手続きを経て相手方に訴訟費用(新幹線代含み30万円を超える)を請求する段階での質問です。 (1)FAXや内容証明等で数回請求。→相手方から応答なし。 (2)(1)の最後の請求から1週間後に、    ・支払いを求めて少額訴訟提起    ・職場への強制執行(月あたりの収入が少ないため、...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。