1. 弁護士ドットコム
  2. 債権回収
  3. 強制執行
  4. 民事訴訟・損害賠償支払いについて

公開日:

民事訴訟・損害賠償支払いについて

2012年11月09日
現在、原告として民事訴訟中です。

和解や判決で損害賠償支払ってもらう事になっても、相手にその意思がないと、支払ってもらえないと初めてしりました。
裁判で結果がでれば、支払っていただけるもとばかり…

その場合、強制執行等というものもあるのをしりました。 けれどやっと裁判が終わると思っていたのに、万が一そんな事になってしまったら

精神的・肉体的・金銭面で辛いです。

そうならないように、【和解する場合、減額してでも必ず支払ってもらえるような、やり方は無いのでしょうか?】

一回で支払う約束しても、払ってくれない。分割にして次から支払ってくれないとかなったらと思うと心配です。
相談者(149113)の相談

みんなの回答

北山 祐記
北山 祐記 弁護士
ありがとう
絶対に払ってもらえる制度は残念ながらなく、分割払いの合意を行う際に、相手方の収入・支出などの生活状況を踏まえて、月額いくらの返済が可能かを話し合っていきます。そして、月々2万円の返済が可能と考えれば、2万円×36ヶ月(3年)=72万円(和解額)といったように和解案を作成していくのです。
ただ、それでも相手が失職したり、破産したりすると回収ができないことは、ありえます。

2012年11月10日 00時11分

本橋 一樹 弁護士
ありがとう
あまり和解手続で経験したこはありませんが、不動産を担保として和解するということはあり得ないことではないと思います。

2012年11月10日 00時20分

保坂 康介
保坂 康介 弁護士
ありがとう
【和解する場合、減額してでも必ず支払ってもらえるような、やり方は無いのでしょうか?】

 和解条項の文言のみで、被告の支払いを確実にするのには限界があります。
 たとえば、「被告の支払義務を100万円と設定し、実際の支払は70万円と減額した金額にする。月7万円ずつの10回払いとし、もし被告が支払を2回怠った場合には、100万円から既払い金額を控除した金額を一括して支払う」といった約定を設けることは、相手方に支払に対する危機感を与え一定の効果がある思われます。

 また、相手方に不動産があれば、支払を担保するために抵当権を設定することで支払いを確実にすることができます(ただ、相手方において特定の不動産を所有していること等をこちらで把握していなければ、実現がむずかしいでしょう。)。

 もっとも、このような和解条項で訴訟上の和解が成立したとしても、支払懈怠を厭わない不誠実な被告はいるものです。
 その際には、強制執行によらざるを得ません。被告の給与債権(被告の就業先を把握することが必要)、預金債権、不動産、自動車等の財産を把握することが重要となってまいります。

2012年11月10日 00時36分

相談者(149113)
北山 祐記先生
回答ありがとうございます。

絶対支払ってもらえるというのは無いのですね…。

てっきり判決下れば、支払ってもらえると安心していました。

この弁護士ドットコムを見させていただいて、義務が無いのを知りました。

世の中…悪い事をした人にとって逃げ道は、いくらでもあるのですね…

ありがとうございました。

2012年11月10日 21時41分

相談者(149113)
本橋 一樹先生
回答ありがとうございます。

不動産は持ち家があると思います。場所も知っています。

けれど持ち家を強制執行で差し押さえするのは、大変なのですよね?

2012年11月10日 21時44分

相談者(149113)
保坂 康介先生
回答ありがとうございます。

その様な約定の取り付け方があるのですね…

私が依頼している弁護士さん、あまり教えていただけず…

支払わない人もいるし、その場所、また弁護士に依頼して強制執行を取るしかないと…

来月、裁判所から和解案を提示されると弁護士さんから伺いましたが、とても不安です。

依頼している弁護士さんに、もし和解案をのむので、万が一支払いが滞った場合、一括で支払ってもらえるよう約定を付けて貰えないか伝えても良いのでしょうか?


2012年11月10日 21時54分

北山 祐記
北山 祐記 弁護士
ありがとう
裁判所が作る和解案には、分割が2回滞った場合、期限の利益を喪失し、一括で支払う義務を負うと記載されます。
本スレッドで問題となっていたのは、強制執行が可能だとして、それが可能かどうか(回収できるかどうか)の話だったと思います。
義務があっても「ないそでは振れない(払いようがない)」が問題になりうるのです。

2012年11月10日 22時06分

本橋 一樹 弁護士
ありがとう
裁判所というところは、債権の回収までは真剣に考えてはいません。
要するに、債権回収=当事者の納得・充足ということまでは考えておりません。
相手に持ち家があるであれば、和解調書などで担保設定することはできます。現在依頼している弁護士さんに相談されてください。

2012年11月11日 00時19分

保坂 康介
保坂 康介 弁護士
ありがとう
もちろん、みかんさんが原告本人ですから、そのような和解条項案を代理人の弁護士さんに提案することは当然してよいことです。

代理人との信頼関係もあるでしょうから、そのような和解条項の設定の仕方を紹介して、できるだけ相手方からの支払が確保されるような条項を付けるように代理人弁護士のプライドを壊さない程度に促してみてください。

2012年11月11日 00時44分

この投稿は、2012年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

養育費が支払われず強制執行する場合に必要な手続き

調停や裁判を経ず、夫婦の話合いだけで離婚し、養育費の未払いが発生した場合、強制執行の手続きをしてお金を回収することができるのでしょうか。「[み...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

この相談に近い法律相談

  • 民事の賠償支払いができない場合

    民事裁判で負けて賠償支払いをすることになったとき、 本人に支払い能力がない場合どのようになるのでしょうか? 財産の差し押さえだけですか? 刑事裁判のように金銭で賠償できない場合服役を選ぶことも可能なんでしょうか。 親と同居であればその親から請求できるでしょうか? 一人暮らしの場合も学生ならその親から支払わせられる...

  • 休業手当の支払いで裁判

    何度か相談している休業手当についてです。 話合いでは解決できそうにないので、労働基準局に申告しに行きましたが、労働基準局は指導するだけで指導されても払わない場合も多いと聞きました。仮に支払わず法的に罰せられたとしても罰金30万円…休業手当は80万円…罰金の方が安くつきますよね 罰金払うだけで会社にとって他に不利な事は...

  • 民事訴訟賠償金の支払いについて

    民事訴訟の被告になり、判決が出て◯◯円、お金を支払うよう裁判所から命令が出ました。 相手からはメールで銀行口座と金額が書かれたものだけが送られてきました。 支払う意思はありますが、きちんと「この裁判で出た判決の結果として◯◯円支払った」と証明できるようにしたいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?

  • 和解金の支払いについて

    配偶者の不倫相手と裁判をし、和解が成立しました。慰謝料は「不貞による損害賠償金」という名目で、和解金の支払い期限は今月末ですが、2日後に迫った現在もまだ入金がなく、ちゃんと受領できるのか不安です。 判決よりも和解の方が支払ってもらえる可能性が高いと聞き当方も和解に応じたのですが、それでも支払いから逃げられてしま...

  • 判決で支払い命令がでてから1ヶ月異常まだ支払いが無い時は?

    少額訴訟の判決で私が訴えているとおり20万円の支払い命令が相手(被告)にでました。 質問です。1ヶ月たっても支払ってくれない場合は、裁判所に電話をかけるだけで支払って貰えるのですか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。