1,506件見つかりました
  • ★相殺の意思表示が相殺適状前に到達してしまった場合の有効性

    相殺適状前に相殺の意思表示を行なった場合、 後日相殺適状になった際にその意思表示が有効になるのでしょうか? 例えば、XがY銀行に10/1満期の定期預金を保有しており、さらにXはY銀行より弁済期が12/1の借入があったケースにおいて、 XはY銀行に対し9/30に逆相殺の意思表示を行なった場合、自働債権の弁済期が未到達であるため相殺適状ではありませんが、 10/1に...

    弁護士回答
    1

法律相談一覧

  • 債権の相殺はできますか?

    化粧品の製造を外注に委託して製造し、販売をしているものです。 ある外注先に原料を支給して加工してもらい納品してもらっていましたが、1年経過したころから度々不具合が発生して、納期が遅れたり、欠品状態が続きました。 委託先は支給された原料に問題があるといい、原料を送りなおしたり、原料の改良もいたしましたが、一向に改善されずとうとう他の会社に変更しま...

    弁護士回答
    2
  • 異なる種類の債権の相殺について

    ベストアンサー

    種類の異なる債権の相殺についてお伺いしたいことがあり、 投稿させて頂きました。 民法の改正により、不動産の賃貸に於いて、貸主の所有する設備に 異常が発生した場合、借主が貸主へ支払うべき賃料は当然に減額 されるという一文が施行されたと思います。 具体的には〇〇が故障時には△%減額するといった賃料減額割合を予め、 書面にて設定するのが良いと思いま...

    弁護士回答
    1
  • 個人間の一方的な債権相殺が可能か

    ベストアンサー

    個人間の債権相殺について 知人A(現在刑務所に収監中)に金の運用を頼まれ承諾したら現金を送ってきました。暇を見て金を購入しましたがAとトラブルになり購入した金と残金を至急送るよう要求されました。私の手元には違う友人から譲渡して貰ったAに対する手書の借用書が有ります。額面は借用書の方が2倍程多良いので債権の相殺をしたいのですが可能でしょうか?

    弁護士回答
    2
  • 三者間の金銭債権相殺について

    私は2年前詐欺に会い230万円を騙し取られました。その230万円は消費者金融に借りたものです。 その後詐欺師に何度もお金を返すよう電話した結果、詐欺師は弁護士を使い債務整理をしたいと言い、和解をしましたが半年くらい支払い続いていたのですが急に支払いが無くなり弁護士に確認すると詐欺容疑で逮捕されたとのこと。 今まで消費者金融には私が返済していまし...

    弁護士回答
    1
  • 債権と債務の相殺について

    A社の大阪支店と福岡支店の2支店と取引があります。大阪支店に80万円ほどの未払金があります。しかし福岡支店には同額の未入金があります。A社に債権債務の相殺を 伝えたところ、相殺できないので別々に処理して欲しい。まず大阪支店の80万円を支払って欲しい。その後で福岡支店の80万円を入金すると言って来ました。先に支払って逃げられたら大変です。相殺できな...

    弁護士回答
    1
  • 下請法における親事業者の債権の相殺について

    下請法についてご教示頂きたいです。 下請法では親事業者の禁止事項として「有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止」が定義されています。 親事業者が有償支給した原材料以外の債権、債務を下請業者に有している場合に、当該債権と債務を相殺することは下請法には違反しないのでしょうか。

    弁護士回答
    1
  • 債権と給料相殺について

    会社に30万借金があり、体調不良の為退職しました。 今月の給料分は有給休暇を10日使い、それ以外は働けず退職しました。 有給休暇分の給料はもらえるんでしょうか? 借金は債務整理か毎月分割で支払うか考え中です。

    弁護士回答
    3
  • 裁判をした場合の会社との間の債権債務の相殺について

    会社との債権債務について相談させてください。 私は会社に債権を持っていると考えています。 と言いますのは、会社が傷病手当の申請書の証明を拒否しているため、 会社にその傷病手当金を受け取れない金額を損害賠償として請求しようと考えています。 一方で、会社は私に社会保険料の建て替えなどの貸付金があります。 私が会社に対し傷病手当金の損害賠償を請求す...

    弁護士回答
    1
  • 着服金を自動債権としての相殺の主張は適法か。

    ベストアンサー

    相続人三人、故母が入院中に一人の相続人が預金通帳を預かっていたことをよいことに生前に全額引き出しました。 死後相続人全員で私(質問者)がすべて相続する旨の遺産分割協議書が作成され、その後、これに基づき着服した相続人に対し故母の権利を行使し不当利得返還請求をするため私が弁護士に依頼したところ勝手に着服した相続人2/3私1/3との割合の相続分の合意書を一人...

    弁護士回答
    3
  • 新株予約権と債権の相殺に係る二つの条文

    ベストアンサー

    公認会計士試験にむけて会社法を学習している者です。 会社法281条3項によると、新株予約権者は金銭の払い込みをする債務と会社に対する債権を相殺することができないとされています 。 一方で、246条2項によると、新株予約権者は払込金額に相当する会社に対する債権をもって相殺することができるとされています。 これらの条文は全く逆のことを言っていているよう...

    弁護士回答
    1
  • 既に消滅した債権を自動債権としての相殺の抗弁の既判力

    ベストアンサー

    【相談の背景】 既に消滅した債権を自動債権として相殺の抗弁をして「債権は100万円と認められるが、債権は消滅した」と判断された場合 【質問1】 1既に消滅したとの判断は既判力を有するか? 2消滅した債権の金額についての判断は既判力を有するか?

    弁護士回答
    1
  • 債権者破産の申立をして、債務者の持っている株券を債権と相殺して債権者名義にできますか?

    個人への債務名義(執行文付き判決) 約1300万円を持っています。 債務者は株式会社の代表取締役。 会社の株は未公開発券、譲渡制限付き。 一株5万円の800株で4000万円。 800株の持主は債務者。 債権者破産の申立をして 申立が認められた場合、 私の債権で、この株券を10株、 (10株分の評価額)を債権と相殺? 買い取る?事はできますでしょうか? 株券は評価...

    弁護士回答
    1
  • 債権譲渡による借入金の相殺についてお聞かせください。

    債権譲渡による借入金の相殺についてお聞かせください。 会社名義でA氏から65万円を借り入れていますが、経営が苦しく返済が難しい状況です。そこで、個人で持っているB氏への債権を、A氏に譲渡することで相殺したいと考えています。 すでにA氏からの了承は得ているのですが、B氏への対応はどのようにすればよいでしょうか。事前にB氏の了解などは必要なのでしょうか。

    弁護士回答
    1
  • 連帯保証ついて。この場合、aの債権をcから相殺できますか?

    A社の連帯保証人がB社で、B社の連帯保証人はC社です。 3社とも弊社と契約しています。 この場合、Aの債権をCから相殺できますか?

    弁護士回答
    1
  • 債権債務の相殺を約した相手方が死亡した場合、後継者に相殺は不知としてその債権を請求されるか。

    相手方(旧会社)と貸事務所の賃貸借契約(口頭)とリフォーム工事契約をしました。その際、1年半分家賃を工事代金との相殺とし、契約の日から事務所を使用しています。その1年後に旧会社の代表者の死亡により(登記簿上は存続)、旧会社の社員が別の新会社を設立し、新会社で賃貸借契約すると言っています。なお、その社員は旧会社の代表者の息子で役員を名乗っており、全ての...

    弁護士回答
    1
  • 民法債権 第505条【相殺の要件等】を主張できる時

    ベストアンサー

    事案が複雑なので簡単に説明しますと、私は原告で、工作機械の製作をしました。 私はその機械を被告に納品して、被告は客先にその製品を納めて支払を受けています。 しかし私に支払をしてくれません。 仕方がないので提訴したのですが、被告の答弁はその機械が不良品で、それが原因で客先から信用を失い仕事が来なくなり損失を伴った。 よってその損失と機械代金を相殺...

    弁護士回答
    1
  • 債権との強制相殺。1法的に返還しないといけないのでしょうか?

    弊社Aが、顧客Bへ貸付を行っておりました。しかし、Bが破産をして、破産の決定通知が届きました。しかし、弊社はB名義の不動産の家賃管理を行っており、B名義の不動産の家賃を弊社が受領をして、弊社の債権に充当しておりましたが、Bの破産管財人より返納してほしいと、電話連絡とfaxの催促が来ております。①法的に返還しないといけないのでしょうか?また、②返還しなかった...

    弁護士回答
    1
  • 一方的に決められた債権と役員報酬の相殺について

    【相談の背景】 現在、ある法人で雇われの代表取締役を務めています。筆頭株主兼取締役(最高意思決定者)の以前から続いている金銭的な不正行為を我慢できず指摘した所、逆ギレされて私自身の経費の使い方にも問題があると、弁護士を通じて今まで経費として計上した金銭と役員報酬の相殺を一方的に通達されています。 正直、私自身の経費の使い方も潔白とは言い切れる自信...

    弁護士回答
    2
  • 当方が債権者で相手方に破産された。管財人から否認権を主張された場合当方の債権の残額との相殺できる?

    ベストアンサー

    当方が債権者で勝訴判決取得(400万)後、強制執行により300万回収したのですが、おそらく破産管財人から否認権の主張をされると予想しております。この場合、未回収債権の100万円分については、相殺の主張ができるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

    弁護士回答
    2
  • 生前の債権の時効を遺産相続時に相殺できるか

    父が生前、弟に家を新築しましたが、その際、(贈与税対策のためか?)弟が父からお金を借りたという契約書を交わしておりました。 実際には、弟から父への返済はなく、新築後しばらくは住んでいた弟も、現在はその家には住んでおりません。 そして、父の死後その空き家(未登記のまま)と借金の契約書、預貯金が残り、遺産分割をすることになりました。 この場合、父の債...

    弁護士回答
    3
  • 民事上債権の請求を止める為、時効の主張及び相殺を主張することの可否とその方法を教えてください。

    ベストアンサー

    下記の様な民事上の不当な債権の請求を無くすにあたって法律上有効となる為にどの様な対応をすればよいか教えてください。 ①個人である当方(以下、甲)は、個人ユーザーとしてある業者(以下、乙)の有料サービスを利用しておりその未払いのサービス料(月額課金制)を請求されています。 ②一方で乙の提供するサービスは個人情報保護法などの観点やその他の対応など諸々...

    弁護士回答
    1
  • 債務引き受けによる相殺の無効について

    ベストアンサー

    Aから債務を引き受けて、持っていた債権を第三者Bと相殺しました。 債務引き受けの契約が無効になった場合、 相殺した債権はどうなるのでしょうか? 相殺の無効になりますか?

    弁護士回答
    1
  • 相殺契約に関して

    ベストアンサー

    相殺契約は自働債権が弁済期でなくともできますよね? またお互いの債権が同種の債権でなくてもできますよね? 金銭債権と不法行為債権を相殺するとか‥ また相殺契約に和解契約みたいに、以後その契約内容について争えなくなるような確定力はありますか? 不法行為債権を相殺する場合でも、相手の金銭債権と相殺されたけれども、やっぱりもっと損害があったので...

    弁護士回答
    2
  • 過払金の相殺について

    ベストアンサー

    任意整理のために債権者に債権額の開示を行った際、貸金の利息引き直しがあり、他の弁済期にある債権と相殺したと書面に記載されています。 仮に任意整理を取り止めたとしても、債権は相殺されている認識で良いですか。別途請求手続きなどが必要ですか。

    弁護士回答
    2
  • 過払い金の相殺について

    ベストアンサー

    顧客より任意整理を目的に債権額の開示請求があり、計算すると、過去の貸金利用により過払い金が発生しました。 他の弁済期が到来した債権があるため、相殺しようと思います。この際、債権者側から通知のみ相殺処理を行っても、問題ないですか。 民法上、一方からの通知により、相殺できると解釈できるのですが、教えて下さい。

    弁護士回答
    1
  • 相殺について教えて下さい

    相手方との間に対立する債権、債務があります。よって相手方に相殺をしたい旨を伝えたところ、応じないという返事でした。この場合相殺を成立させることは不可能でしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 車両保険に係る保険金は、相殺禁止では?(民法509)

    ベストアンサー

    不法行為に基づく損害賠償請求権を受動債権とする相殺は禁止されています(民法509条)が、車両保険に係る保険金は、この相殺禁止の債権に該当するでしょうか? 保険会社の顧問弁護士が、保険会社が私に対して有している(と一方的に主張している)債権と、車両保険に係る債権とを相殺すると通告してきているのですが、この相殺は違法ではないかと考えております。 すみま...

    弁護士回答
    1
  • 損害賠償。損害賠償額はそのままもらえるのか?

    個人再生認可決定後に、ある債権者に対して損害賠償を請求して、認められた場合 損害賠償額はそのままもらえるのか? 元の債権と相殺されてしまうのか?

    弁護士回答
    1
  • 民法第505条2項の相殺意思について

    ベストアンサー

    Bに対する不法行為に基づく債権Xを持つAと、Aに対する不法行為に基づかない債権Yを持つBがいるとして、Bは債権Yを債権Xから相殺することはできませんが、もし、Aの方から相殺の意思表示があった場合、Bはこれを一切拒否することができないのでしょうか?(双方弁済期債務) 民法第505条2項は『相殺禁止特約を結んでいた場合など』に適用と解されているようですが、元々相...

    弁護士回答
    3
  • 相殺について。公的保険の滞納金と過払い金は相殺できますか?

    相殺について質問です。公的保険の滞納金と過払い金は相殺できますか? 消極的要件に該当する債権でしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 相殺の方法。)だと駄目なんですか?

    ベストアンサー

    AのBに対する債権と、BのAに対する債権(どちらも代金支払い債権とすると‥)を相殺したい場合、どうすればいいんでしょうか?裁判外で。 AがBに対して債権を相殺したいと思った場合、Bの合意や通知が必要なのでしょうか? また何かしら要件を満たしていないと相殺の効果はないんですよね? 自働債権も受動債権も弁済期じゃないと駄目なんでしょうか。自働債権だけ...

    弁護士回答
    3
  • 「相殺」対当額?対等額?

    ベストアンサー

    相殺の取り決め契約書で 相手方に債権を有するときは、当該債権の弁済期の到来すると否と問わず、その債権と相手方に対して負担する債務とを対等額で相殺することができる。 この条文の「対等額」「対当額」どちらが正解でしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 会社の不当利得返還請求権についてです。

    会社から給与計算が間違えていると言われ返還するように言われました。それに対抗して請求していなかった残業代請求権の時効消滅したものを自働債権として相殺できるでしょうか?残業代請求権は2年ですが普通の債権の場合は時効消滅していても弁済期に到達していて時効消滅していても自働債権として相殺が可能だと思ったのでそれが残業代請求権ならどうなるのでしょうか?...

    弁護士回答
    3
  • 取引先の民事再生手続き

    ベストアンサー

    取引先が民事再生手続きを行うと通知がありました。 9月20日に弁済禁止などの保全決定がされたと書かれていました。 これから10月に請求書が出される予定ですが、9月20日前の売上から相殺処理をしても問題ないでしょうか。 調べたところ、今後発生される債権は相殺できないと認識したのですが、間違っていますでしょうか。

    弁護士回答
    1
  • 相殺可能か?下記のようなケースにおいて相殺は可能でしょうか?

    ベストアンサー

    当社(A社)はB社と取引をしており、不定期ではありますが、お互いに債権・債務が発生します。 下記のようなケースにおいて相殺は可能でしょうか? ・11/1 C社よりB社のA社に対する債権が差押さえられました。 ・A社は上記差押前にB社に対し100万円の債権も持っていました。  この自動債権は弁済期にあるものとします。 ・受動債権は差押時点では発生していないもの...

    弁護士回答
    3
  • 詐害行為取消についての疑問

    詐害行為取消権 取り消した行為が金銭債権に関する物であれば、 取り消した者にお金を直接渡すことが認められており、 このお金を債務者に返すときに、自分が債務者に対して有している債権で相殺して、優先弁済を受けることができるという記事をみつけましたが、 事実でしょうか? だとすると 高額な場合は分割払いなどもありえるのでしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 受任通知送付後の銀行口座預金について

    自己破産手続きのため、弁護士より債権者に受任通知を送達して頂きました。 そこで質問なのですが、銀行口座の預金相殺はどの時点で行われるのでしょうか。 受任通知送付後に、債権者にあたる銀行の口座に入金がありました。このお金はまだ相殺されていないようです。 このお金も直に相殺されるのでしょうか

    弁護士回答
    2
  • 取引先の会社が民事再生手続きの開始決定があった場合の相殺通知書について質問させてください。

    ベストアンサー

    取引先の会社が民事再生手続きの開始決定があった場合の相殺通知書について質問させてください。 債権届出期間が、今月いっぱいですので、買掛金、売掛金を相殺する通知書を再生債務者に対して発送しようと考えています。 質問ですが、 1 相手の当社に対する支払日は、6月15日(債権届出期間後)ですが、相殺できますでしょうか? 2 提出書類は相殺通知だ...

    弁護士回答
    1
  • 債権者代位権の効果について

    債権者代位権の効果として、債権者は事実上優先弁済を受けることができる根拠として、「債務者への引き渡し債務と自己の債権とを相殺できるから」と習ったのですが、「債務者への引き渡し債務」とは具体的にはどのようなものが考えられますか?

    弁護士回答
    2
  • 受任通知受領後の対応について

    ベストアンサー

    ①金銭貸付のある先から、債務整理の受任通知が届きました(代理人弁護士名で)。 半年分、利息を前取りしているのですが、破産申し立となった場合でも、その部分は、当社の収入として問題ないでしょうか。 それとも破産財団な何かに組み入れなければならない(戻さなければならない)のでしょうか。 ②また、反対債権を持っており、相殺する場合ですが、いつ時点の反対債権...

    弁護士回答
    1
  • 相殺による弁済は時効の中断の要件になりますか?

    <本題> 予め相殺の可能性を約束していた場合、それが消滅時効の時期到来後であっても一方的意志で実施できるでしょうか。 またそれは債務の承認として時効中断事由になるでしょうか? <状況> 私は相手方に対し不当利得の返還請求権による債権Aを有しておりますが、 直接請求することはせず、相手方が私に対して債権Bを有した時に相殺させてもらうとの約束をして...

    弁護士回答
    1
  • 不法行為 相殺

    ベストアンサー

    交通事故の場合は不法行為による損害賠償請求権同士って相殺できるのでしょうか? 不法行為による損害賠償請求権を自働債権として、不法行為による損害賠償請求権を相殺する事ってで来るんですか? 自働債権が不法行為による損害賠償請求権でも、受働債権が不法行為による損害賠償請求権なら無理ですよね? お互いに相殺する事を合意すれば、それが優先するのでし...

    弁護士回答
    7
  • 不法行為によって生じた債権について

    ベストアンサー

    民法509条の『不法行為によって生じた債権』について質問ですが、例えば、不法行為に基づくものではないのに名目上『慰謝料』とされた場合、やはりこれも相殺を禁じられた『不法行為によって生じた債権』となってしまうのでしょうか? よろしくお願いします。

    弁護士回答
    3
  • 内容が確定できない意思表示

    ベストアンサー

    被告は、「対当額をもって相殺する予定です」と言ったが、原告の主張する債権を否認しており、いくらを相殺したいかわかりません。 1被告の意思表示は、内容が確定できませんので、法律行為としては無効ですか? 2また、「予定」というのは、これからすることだから、まだ効力は生じていないのですか?

    弁護士回答
    2
  • 破産債権一部取下書に書く債権について

    ベストアンサー

    破産管財人から、競売が終了したので破産債権一部取下書を裁判所へ提出するように言われました。今回強制競売から破産事件に変わり、競売を引き継いだという異例の手続きをしています。強制競売の仮差押費用、競売費用は全額還付金(手続き費用や還付予納金)で返済されて、元金の一部は預金で相殺しました。取下書に記載する取下債権とは、相殺した仮差押費用と競売費用と...

    弁護士回答
    1
  • 相殺通知書。別にそこまで記載しなくとも良いですよね?

    ベストアンサー

    相殺通知書を送る時に、通知書に、双方の代金が何日に弁済期(履行期)に達した、かということも記載するのでしょうか? 別にそこまで記載しなくとも良いですよね?(相手方の債権が弁済期に達していなくとも相殺は出来ますが‥) 相殺通知書に必ず記載しなければならないことなんて特には決まっていないのでしょうが‥

    弁護士回答
    1
  • 弁済期を過ぎたら相殺できますか?

    ベストアンサー

    双方の債務が弁済期にあるという相殺の要件があるのですが。 この度、甲は乙に対し、貸金50万円の債権を持っている。しかし、既に弁済期から一年が経って、年5パーセントの割合による遅延損害金が発生しています。 乙は、ついに最近、甲に対し、甲の不法行為に基づく50万円の損害賠償債権を獲得しました。損害賠償請求権について、不法行為の日から、遅延損害金が発生しま...

    弁護士回答
    1
  • 不当解雇裁判について

    ベストアンサー

    2ヶ月前に不当解雇裁判が和解で終わり、ちょうど1ヶ月前が和解金の支払いの期日でしたが社長は払いませんでした。 そして、差押命令で1つの銀行に執行してもらったのですが銀行から『反対債権によって相殺するため弁済の意思がないということで債権を回収することができませんでした』ときました。 残高も一万もないとのことでした。 もう1つの銀行に今月末に申し立...

    弁護士回答
    1
  • 取引先自己破産申し立て手続きに対しての対応について。

    ベストアンサー

    建設業を営んでおります。 取引先が自己破産申し立て手続き準備に入ったとの通知が代理人の弁護士より届きました。 当方、通知人に対して売掛金と工事代金(下請)が存在します。 代理人より債権調査書が郵送で届いた後、依頼書として工事代金振込先が郵送で届きました。 相殺するとの意思表示を代理人へfaxにて連絡致しました。 質問事項は、 1、債権調査書は相殺...

    弁護士回答
    1
  • 本訴の相殺抗弁と反訴請求は二重起訴に該当しますか

    ベストアンサー

    原告(反訴被告)は貸金返還請求権に基づいて、被告に訴えを提起した。被告(反訴原告)は、原告の不法行為に基づく損害賠償請求権に基づいて、原告に対し、反訴を提起した。 1被告は、本訴において、原告の貸金債権と被告の損害賠償債権の相殺抗弁をしたにもかかわらず、反訴も提起したのは、二重起訴になりまませんか?

    弁護士回答
    1

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから