債権の譲渡について

ホームページ制作業務をしている個人事業者です。

売掛金回収の手段として
受注先会社(支払い側)の取引会社の協力が得られれば、
債権の譲渡をする回収方法があると聞いたのですが、
取引会社に連絡する事によって
受注先会社(支払い側)の情報を漏洩したとかで
問題になる場合があるのでしょうか?

あと、債権の譲渡などは売掛金回収などの民事では
適用する事はないとネットで書いてありましたが、
売掛金回収のための債権の譲渡は不適当なのでしょうか?
2011年11月24日 10時37分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
債権を譲渡する場合には、譲渡人から内容証明郵便で債務者に通知しなければならないので(登記する方法もありますが)、債務者には知られます。

契約上、譲渡禁止の定めなどがあれば、契約違反になるでしょうから、あらかじめ債務者の了承を得る必要が生じます。

2011年11月24日 10時59分

弁護士A
ありがとう
売掛金回収のための債権の譲渡

債権回収業としての譲受は、弁護士法違反になるので、サービサーなどに限られます。

2011年11月24日 11時02分

相談者
追記:
最終手段として弁護士の方のお力を借りようと思っていますので
弁護士の方以外のレスポンスはしません。
何卒ご了承ください。

2011年11月24日 11時32分

相談者
ご回答ありがとうございます。


現在、お支払い遅延についての話し合いを
求めていますが、お返事がないので、
事前に債務者にご連絡したとおり
内容証明郵便は近日中に送る予定です。

取引先に連絡した場合のデメリットが知りたいです。

売掛金回収のための債権の譲渡は
弁護士法違反になるのですね。。。
弁護士さんを探していたら
その方のサイトに書いてあったので
条件さえクリアできればよいものかと思っていました。


因みに「サービサー」とは何でしょうか?
お手間でなければ教えてください。

2011年11月24日 11時35分

相談者
サービサーについては、一旦調べてみます。
ご回答ありがとうございました!

2011年11月24日 11時43分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
売掛金回収のための債権の譲渡が違法なのではなく、「業として」の譲渡が問題になります。

つまり、暴力団関係の取り立て屋に譲渡して・・・というようなことがあるからです。
ケースによるので、弁護士に相談するつもりがあるなら、具体的事情を言って確認するとよいでしょう。

サービサーとは、法務大臣による許可をえた債権回収会社のことです。

2011年11月24日 11時44分

相談者
ご回答ありがとうございます。


サービサーのこと等教えていただいてありがとうございました。
法務省のサイトで見てみました。

今回に限っては、小額すぎて
弁護士の方やサービサーにお願いするのは難しいです。
依頼する場合は捨て身に近い最終手段だと思っています。
正直なところ泣き寝入りの方が経済的です。

サイト製作なので、今回の債務者の取引先が解るので、
債権の譲渡の協力を得たいとは思いこちらに記入させていただきました。

2011年11月24日 12時28分

相談者
あと、売掛金回収のための債権の譲渡は、
違法ではないけれど弁護士法違反にはなるのですよね?

2011年11月24日 12時39分

相談者
サービサーについてもう一度調べてみます
いろいろとありがとうございました。

2011年11月24日 18時03分

この投稿は、2011年11月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,803名の弁護士から、「債権回収に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

相続分を譲渡する方法l自分の相続分をあげたい人がいる場合の手続き

「遺産はいらないが、自分の取り分を譲りたい人がいる」。このような場合、「相続分の譲渡」を行うことで、自分の相続分を特定の人に譲ることができま...

この相談に近い法律相談

  • 未払い報酬の代物弁済として債権譲渡できますか?

    個人事業でサービス業をしていますが、 顧客である会社に対して回収できていない売掛金と貸付金があります。 そこで、私が仕事を依頼している会社への報酬の代物弁済として その債権を譲渡することは可能でしょうか? (その会社は債権回収業とは無関係の会社で、 そこへの報酬額より譲渡する債権額の方がはるかに大きいです) ...

  • 賃金未払いで差押、第三債務者に優先債権者がいた場合

    退職した会社から2ヶ月分の賃金未払いがあります。 再三の支払いの要求や労働基準局の指導にも応じない為、刑事告訴と民事訴訟(少額訴訟)をしました。 少額訴訟では当方の言い分が全面的に認められ支払い命令が出ましたが、それでも支払わない為に第三債務者に対して差し押さえをかけました。 ところが第三債務者からの陳述書には優...

  • 根抵当権の債権の範囲について

    根抵当権の債権の範囲に、当社(根抵当権者)と、ある取引先A社(債務者兼設定者)との間の「売買取引」を記載しようと思っております。 実は、この売買取引は、当社が買主で、A社が売主なので、当社は基本的には買掛金債務をA社に負うことになるので、無意味にも思えるのですが、実は、買掛金をA社に前払いしていたり、取引保証...

  • 債権譲渡を受けた場合の消滅時効

    債権の消滅時効について教えてください。当社はコンサルティング業を営んでいますが、知り合いの建設会社より工事の請負代金のうち、未回収残高の譲渡を受けました。 本来、請負工事の未収金は時効は3年と思うのですが、債権譲渡を受けた場合、当社の債務者に対する時効も3年になるのでしょうか? 税理士いわく、税法上は元は工事未収...

  • 社長個人が、取引先に会社の債権を償還金請求

    私は、合資会社の無限責任社員(代表者)です。 取引先の債務不履行で、会社に損害を与えたお金について、私が会社に対して、その分を支払いました。 私個人が、その取引先に、債務不履行による損害賠償として、求償金請求できますか? 会社の債権が代表者個人に譲渡されたというような通知をするなどの手続きは必要でしょうか? そ...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。