1. 弁護士ドットコム
  2. 債権回収
  3. 免責的債務引き受けについて

公開日:

免責的債務引き受けについて

2018年12月03日
ベストアンサー
免責的債務引き受けをしてもらった時点で
元の債務者の債務は消滅しないのでしょうか?

免責的債務引き受けをした後になって、
債務引き受けをしたのだからと、その件に関して、貸付けの契約を結んだり、請求したりすることは可能でしょうか?
相談者(736978)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 債権回収に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 免責的債務引き受けをしてもらった時点で元の債務者の債務は消滅しないのでしょうか?

免責的債務引受は、元の債務者の債務が消滅するものです。

> 免責的債務引き受けをした後になって、債務引き受けをしたのだからと、その件に関して、貸付けの契約を結んだり、請求したりすることは可能でしょうか?

新しい債務者に対して、請求することはできると思います。
ただ、新たに契約書を作ってくれるかどうかは、その新しい債務者次第のところもあるかもしれません。

2018年12月04日 05時58分

相談者(736978)
ご回答ありがとうございました。

債務引き受けをした者が、元の債務者に免責的引き受けにより消滅した債務に対して、
引き受けをしたのだからと、貸付けの契約を結んだり、請求したりすることは可能でしょうか?

2018年12月04日 09時21分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 債権回収に注力する弁護士
ありがとう
> 引き受けをしたのだからと、貸付けの契約を結んだり、請求したりすることは可能でしょうか?

新たな契約をすることをお願いすることはできても、強制はできないと思います。

2018年12月05日 06時25分

相談者(736978)
大変貴重なご意見ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

2018年12月06日 00時19分

この投稿は、2018年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

離婚した後に年金分割を元配偶者に請求する方法

離婚するときに年金分割について決めなかった場合でも、離婚後に、元配偶者に対して年金分割を求めることができます。この記事では、年金分割の概要や...

偽装ファクタリング業者への取締り強化を要請 東京弁護士会が会見

東京弁護士会(東弁)は6月11日、都内で会見を開き、売掛債権を買い取る「ファクタリング」を装い、実質的に高金利の貸付を行う「偽装ファクタリング業...

この相談に近い法律相談

  • 重畳的債務引受けの同意が不要

    重畳的債務引受けは、当初の債務者の意思に反して債権者と引受人との間の合意によっても成立する(大判大正15年3月25日民集5-219)・・とありますが  相続人Aと同Bがいて2人が兄弟では債務の法定相続分は半分づつになります。 重畳的債務引受人が相続人Aとなった場合で もしAが支払い不能になった場合は BがAの分も含めて...

  • 免責的債務引き受けについて

    免責的債務引き受けについてです。 最初から引き受けの対価として求償権を行使するつもりで、免責的債務引き受けをすることは違法ではないのでしょうか?

  • 非債弁済

    >ただし、債務の弁済として給付をした者は、その時において債務の存在しないことを知っていたときは、その給付したものの返還を請求することができない(民法705条)。 例えば客にお釣りをちゃんと渡したのに、客がお釣り貰っていないといってだだこねている場合、店長が一度ちゃんとお客さんにお釣りを返した認識はあるけれども、...

  • 養育費強制執行を執行して第三債務者からの支払いが途絶えた

    第三債務者は支払う意思があるという陳述書、初回振り込みがありました。初回の振り込みが7月月始めで給与日が25日という回答をもらいましたが、7月分は2回振り込みがあるのでしょうか?それとも初回の振り込みが7月からの支払いとなっていて、1ヶ月飛ばし9月に振り込みがされるのでしょうか? 強制執行をして第三債務者が忘れて債務者に...

  • 免責的債務引受だったのに、重畳的債務引受契約を結んでいた場合

    本当は免責的債務引受契約だったのに、契約書上、重畳的債務引受契約を結んでいます。 後日、新しい債務者で条件変更もしている(もともとの債務者は署名していない)のですが、 もともとの債務者が連帯債務から外れている契約をする必要はあったのでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。