和解契約の錯誤無効が出来ますか。

債権譲渡された債権に関する和解契約の錯誤無効について教えて下さい。

債権者Aと債務者Bがいるとします。

債務者Aが債権譲受人Cに債権譲渡を行いました。

その後にBからAに連絡がいき、AとBが和解したのでAからCに連絡したところ、Cは認められないとし、AからBに錯誤無効の通知を送りました。

争いの対象とされた事項の前提や基礎として当事者によって疑いなき事実として予定されていた事項に錯誤があった時、それ以外の事項に錯誤があった時に錯誤無効は認められるとのことですので、通知をBが受け取った時点だ解除は成立するということでよろしいのでしょうか?

そして、今後はBとCの間で交渉を進めることになるのでしょうか?

弁護士に依頼することも考えているので、回答して頂いた方の中からお願いする際はよろしくお願いします。
b4_4LjUさん
2017年11月02日 09時51分

みんなの回答

中山 知行 弁護士
ありがとう
AがCに債権譲渡した後,AとBが和解契約するということが可能なのでしょうか。
そもそも和解契約の時点でAは債権を有していないわけで,Aは既に無権利者ですよね?
それともCからAに何らかの授権があったのでしょうか。
授権がない場合,AB間の和解契約は錯誤以前の問題で無効だと思います。
最高裁判所第二小法廷判決昭和31年3月30日参照

2017年11月04日 20時51分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
債権回収に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
AからCへの債権譲渡については
債務者Bに対し、譲渡通知はなされているのでしょうか?
譲渡通知がBに届いた後になされたAとの和解は無効です。
譲渡通知がBに届く前になされたAとの和解は有効となります。

錯誤についてはどの段階で誰にどのような錯誤があったのかによって
変わって来ます。

弁護士に面談で詳しい事情を話して相談された方がよいと思います。



2017年11月06日 14時46分

この投稿は、2017年11月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,960名の弁護士から、「債権回収に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 債権譲渡

    AさんはBさんに債権譲渡を希望しA,B間で債権譲渡契約を作成しました。Aさんは債務者にCに債権譲渡通知を確定日付のある内容証明でだしました。その2週間後Aさんは亡くなりBさんは債務名義をBにした書面を裁判所経由でCに送達しました。そしてBはCに対し再三者債務(銀行)に対し強制執行をかけたところCから、債権譲渡無効の訴えを提起さ...

  • 共同親権の原則について

    未成年のAが親に内緒で何かの契約をし、その事に婚姻している母親Bと父親Cが気づいたが、Bはその契約を取り消したいと考え、Cは取り消さなくていいと考えた。 その後、Cが仕事の時に、Bが単独で契約を解除した。 この時、この解除をAやCが無効にすることはできますか??

  • 時効の援用しましたが

    時効の援用についてです。 複数社に時効の援用を行いました。そのうちの1社が債権譲渡していたのがわかり原債権者はなにも通知はないのですが、債権譲渡先より請求書がまいりました。 債権譲渡になっても中断事由にはならないと聞きましたがこういう場合は債権回収会社にもう一度時効の援用をするのでしょうか? 原債権者は何も言...

  • 債権の失効について。

    前社長の債権が銀行から債権会社に譲渡され請求がきました。 失効の手続きを取りたいと思っているんですが、失効の確定をさせるには、譲渡された日から5年なのでしょうか? それとも、前社長が最終の入金などをした日からでしょうか?前社長は残念ながら他界しています。 手続きを取るとしたら、どのようにすれば良いのでしょう⁈ ...

  • 非常に困っています。民事上の相談を宜しくお願いいたします。

    弁護士の緒先生方に以下の民事事案について、御教授して頂きたく、投稿しました。宜しくお願いいたします。 Aはある不動産(不動産鑑定評価額6000万円相当の土地)を持っていましたが、Bという不動産業者の欺罔行為により 不当な廉価での売買契約を結んでしまいました。AはCという地面師のような輩に騙され自己の実印をCに預けていま...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。