時効援用の内容証明の文面について

公開日: 相談日:2016年10月23日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

最終支払い日から5年以上経過しているかどうか確認のため信用情報を照会いたしました。
その結果5年以上経過しているのは確認出来たため、時効援用を行おうと思います。
内容証明の文面について色々検索したところ、
「貴社からいついつ請求があったものを〜」とあるものがほとんどでした。
ですが、ここ数年全く請求がありません。電話は数回あったようですが出られておりません。
また、債権回収会社に債権譲渡されておりました。が、通知はありませんでした。
この場合、
「私は〇〇(以下「譲渡人」とする)から貴社へ債権譲渡された旨確認いたしました。
しかし、わたしが譲渡人より借り受けた金員は最終弁済期日より5年以上が経過しており、
消滅時効が完成しております。」
といった冒頭の文章で問題ないでしょうか。

よろしくお願いします。

495895さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 「私は〇〇(以下「譲渡人」とする)から貴社へ債権譲渡された旨確認いたしました。
    > しかし、わたしが譲渡人より借り受けた金員は最終弁済期日より5年以上が経過しており、
    > 消滅時効が完成しております。」

    上記のような内容で問題ないと思います。

  • 相談者 495895さん

    タッチして回答を見る

    早速のご回答ありがとうございます。
    安心いたしました!

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    債権回収
    タッチして回答を見る

    > といった冒頭の文章で問題ないでしょうか。

    冒頭の文書とありますので、それ自体おかしくはありませんが、時効の援用ということであれば、その債権を特定する必要があります。
    あと時効を援用する旨は書いてください。
    あと、「金員は」・・・「経過しており」「時効が完成しており」というのは使い方として変ですね。

  • 相談者 495895さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    ネットから拾った文章をそのまま使ったので、頂いた回答を元に推敲したいと思います。

この投稿は、2016年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから