債権回収会社の訴訟提起の可能性

今現在、個人再生の申し立てに向け弁護士費用を積み立てているところなのですが、その中で弁護士の先生から、個人再生対象業者のうちある銀行は債権回収会社に債権譲渡するから、そこだけは裁判を起こしてくるかもしれない、と言われました。そこで、皆様の経験則上、このような状況の場合、裁判を起こしてくる可能性はどれくらいでしょうか?また、訴訟は受任通知後どれくらいで提起してくるものなのでしょうか?受任通知は9月2日付けで出してあります。
2016年09月13日 17時11分

みんなの回答

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
 債権回収会社に限らず、勤務先を知っている債権者は、この人からは、給料を押さえれば、かなり債権を回収できると判断した場合は、訴訟を提起してくる可能性があります(逆に言えば、勤務先がわかっていないとか、他に財産があるかどうかわからないとか、債務者が高齢者の年金暮らしで、経費を掛けて訴訟を提起したところで費用倒れだと思うような場合は、訴訟を提起してくる可能性はかなり弱まります。)。
 受任通知後、すぐに提起してくるという場合は、消滅時効完成間近の場合や和解契約書を締結したのにもかかわらず全く支払いなくすぐに弁護士に頼んだというような場合に多いですが、受任弁護士に何の連絡もなく、いきなり訴訟を提起してくるということは、三流の一部の業者を除き、通常はありません。
 結構早めに訴訟提起してくる可能性のある業者もいくつかありますが、それでも3か月以内にいきなりということはまずないでしょう。
 私の経験からは、債権回収会社は、時効完成間近とか逆に時効にかかっている案件について、やたらと訴訟を提起してくる(何度も戦っています)という印象がありますが、一部の消費者金融や信販会社に比べると、それほど強硬的とは思っていません(弁護士が受任していようが構わずいきなり訴訟提起というようなものではないと思います)。
 ただ、貸金業界は冷え込んでいますので、今後何をしてくるかは分からず、安心するのは禁物と言ったところでしょうか。

2016年09月13日 17時53分

この投稿は、2016年09月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

口座を差し押さえて養育費の未払いに対処する

養育費の支払いが滞っている場合、回収する方法として、相手の財産を差し押さえることが考えられます。ここでは、相手の銀行口座を差し押さえて養育費...

この相談に近い法律相談

  • 訴訟開始までに要する時間

    名誉毀損や脅迫で訴えたいと思っていますが、弁護士先生へ依頼してから、訴訟開始までに何度弁護士事務所に出向く必要がありますか? また、訴訟開始までにそのようなことで要する時間はどのくらいでしょうか? 相手方に裁判所から訴状が届くのは、弁護士先生に依頼してからどのくらいですか?

  • 破産申立前に提訴された訴訟について

    来年初頃に破産申立を目指し、現在債権調査を債権者に対し行っているところです。 債権調査を開始する直前に、債権者の1社から訴訟を起こされました。 破産担当の弁護士は「訴訟は受任範囲外である」として、本人裁判で対応しています。 (簡易裁判所に属する訴訟です。) 弁護士から「答弁書に『破産申立の準備中である』と記載して...

  • 訴訟代理人の資格について・・

    訴訟代理人の資格は、簡易裁判所についていみ弁護士でない者を訴訟代理人とすることができる→司法書士・社員等に可能とされる。 訴訟代理人以外がした訴訟は、無効とする等が出てきてます。 この弁護士代理人の原則の例外を被って不利な判決を受けた者に限り、例外を認める法令の排除(違憲立法審査権)が可能ではと思いますが・・ ...

  • 弁護士の訴訟代理権について

    離婚訴訟にて依頼人より訴訟委任状を受けた弁護士が、反訴の提起をする場合には離婚訴訟時とは別に訴訟委任状を依頼人から入手して家庭裁判所に提出する必要があるのでしょうか?(以上質問?) また上記反訴が家庭裁判所の裁判官の判断により地方裁判所への別訴になった場合にも離婚訴訟時および反訴時とは別に訴訟委任状を依頼人から入手...

  • 敗訴しましたが相手の訴訟代理人弁護士から請求がありません。

    損害賠償請求の民事訴訟を提起され敗訴しました。 相手(原告)は訴訟代理人弁護士が付いており、私(被告)は本人訴訟でした。 11月5日に判決の言い渡しがあり、翌日に判決文を特別送達で受け取りました。 控訴はしませんでした。 判決はとうに確定していますが、本日に至っても訴訟代理人弁護士から何も請求が無く、仮執行が付いた判決でした...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。