原告に別の主張で提訴する場合の裁判所は?

原告を相手方として、新たにこちらが提起する訴えを反訴というそうですが
同じ相手でも、別訴を異なる裁判所にて起こせないのでしょうか。

相手は不法行為による損害賠償で、
こちらは、それとは別の商行為による債権回収です。

相手の管轄裁判所が遠方のため
こちらが原告になる場合は、こちらの裁判所で行いたいのですが
相手が同じだと、移送されてしまうのでしょうか。
2015年05月30日 21時06分

みんなの回答

山根 聡一郎
山根 聡一郎 弁護士
ありがとう
別の裁判所で、新たに訴訟を提起することは可能です。

現在係属している訴訟と事実関係が異なっているならば、現在係属している訴訟があることを理由に移送される可能性は低いでしょう。

2015年05月30日 21時17分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県2
ありがとう
たまたま当事者が同じで、請求する内容に関連性がなければ、反訴の要件をみたしませんから、別訴となるのが原則です。

ですから、あなたの商行為による債権回収は、別に提訴されて問題ありません。

2015年05月30日 21時17分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
同じ相手でも、別訴を異なる裁判所にて起こせないのでしょうか。

可能ですよ。

相手は不法行為による損害賠償で、こちらは、それとは別の商行為による債権回収です。

むしろ請求に関連性がなければ、反訴は難しいと思います。

相手の管轄裁判所が遠方のためこちらが原告になる場合は、こちらの裁判所で行いたいのですが相手が同じだと、移送されてしまうのでしょうか。

請求に関連性がなければ相手が同じだというだけで、移送の可能性は低いと思われます。

2015年05月31日 04時13分

この投稿は、2015年05月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 民事訴訟について相談

    民事訴訟について相談です。 1.訴状・期日呼出状が送付されると思うのですが、その中に「答弁書」の書類は   入っているのでしょうか?また、裁判所のサイトを見ると、訴えの相手方(被告)へ   というのが、あるのですが(被告人が裁判が裁判を受けるための注意事項等が記載さ   れている)、このような物も同封されて居るの...

  • 相手からのみの控訴申し立てで当方の不満箇所も審議されますか? 当方の不満箇所審議には双方控訴が必要?

    遺産の範囲確認で地裁で争っています。結審が住み来月判決がでます。前々回、尋問が終わった時点で裁判裁判官から和解案が、理由と共に提示されました。相手の遺言書偽造等が理由として記載されていました。相手はその後死因贈与契約等を提出してきましたが、それも偽造との反論をしました。 さて、相手はまず控訴してくるだろうとの弁...

  • 控訴出来る場合、出来ない場合。控訴したらやらなくてはならない事

    地裁判決に不服の場合、 単に「地裁判決に不服だから」というだけで控訴しても良いのでしょうか それとも、何かしらの 「これこれこういう訳で、地裁の判決は誤りだと思います。よって控訴します」 という意見書のようなものを提出し、それを裁判所側が判断して、裁判所が控訴を認めた場合のみ、 控訴が認められるのでしょうか?...

  • 被告として勝った相手に、裁判を提起するか迷っています

    誹謗中傷をやめるよう求めたことを、名誉毀損だと言われ、裁判をおこされました。 一審二審とも棄却、勝訴が確定しました。こちらは悪くないと。相手の行為が発端・原因なのだからと。 この後、こちらから提訴しようか迷っています。 上記裁判に勝訴したからといって、相手からの誹謗中傷を法的に制限する効力はもたないのでし...

  • 勝訴した判決書の批判を控訴答弁書で行うこと

    同じ相手から2つの裁判を起こされており、1つは勝訴確定、もう1つも、おそらく負けないだろうと考えてはいるのですが、裁判官が少し気がかりな人です。 そこで、仮定の質問です。 もし、第一審勝訴で相手が控訴してきた場合(相手は必ず控訴する人です)ですが、 第一審で請求棄却で勝訴となったものの、判決書に、こちら...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。