権利能力なき社団に債権回収の義務はあるか?

同社団が債権を有しており、また、債権放棄には全会一致が必要である旨の内部規約があるとします。

・1人以上の構成員が、「回収すべき」と主張した場合、同社団には回収義務がありますか?
・1人以上の構成員が、「時効による債権消滅を回避すべき」と主張した場合、同社団には回避義務がありますか?
・1人以上の構成員が、「時効による債権消滅を回避すべき」と主張したにもかかわらず、時効となってしまった場合、誰かに責任をとってもられますか?

よろしくお願いいたします。
相談者(292406)からの相談
2014年10月21日 20時16分

みんなの回答

古川 穣史
古川 穣史 弁護士
ありがとう
債権放棄は全会一致だとしても,通常の業務の遂行はどのようにきめると規約に書いてあるかということによるのではないでしょうか。

2014年10月22日 10時44分

相談者(292406)
ありがとうございます。

規約には、「滞納については、期日を定めて競売」とあります。つまり、社団には「債権放棄はしない」という消極的な意志ではなく、「債権は回収する」という積極的な意志があると考えられます。

一方、管理者の不作為により結果的に時効となってしまった場合でも、一定数以上の構成員が賛同がなければ、管理者に損害賠償を請求できないようです。そうしますと、「債権放棄には全会一致が必要である」とする規約との整合性がないように思えます。同規約が、実質的に、軽視・形骸化されているように思えます。

もしかすると、滞納事案に限り、管理者の義務行為不履行により社団が被った損害については、「一定数以上の構成員の賛同」は不要で、1人以上の構成員により損害賠償を請求できる、といったことがあるのでしょうか?

2014年10月23日 14時57分

古川 穣史
古川 穣史 弁護士
ありがとう
規約などを持って,実際に弁護士に相談しにいかれてはどうでしょうか。
質問が抽象的で回答が難しいように思います。

2014年10月23日 16時06分

この投稿は、2014年10月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,001名の弁護士から、「債権回収に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 役員が簿外債務を認識していながら隠して役員会承認をし、後にばれた場合、役員はどういう責任負担?

    店を経営難のために譲渡するつもりです。私は簿外債務があることを認識していながら、これを譲受会社に公開すると譲渡できないために、譲受会社にこの債務を隠して一部の債務だけで役員会承認をして譲渡しようとしています。 しかし、契約後債権者が簿外債務という形で譲受会社に、債権の公開をし、債権者保護の申立や契約解除の申立を...

  • 債権者代位権の行使範囲について

    「取締役の法律知識」(日経文庫)を読んでいて、監査役や監査委員会等の企業統治について、大変勉強になりました。 しかし、監査役は株主総会の決議によって選任及び解任されるものであり、大会社や上場企業となると株主代表訴訟を見据えたコーポレート・ガバナンスが必要と考えますが、中小零細企業では「100%株主=代表取締役」と...

  • 抵当不動産に第三取得者が現れた場合の対応について

    抵当権者からの代価弁済(378条)、第三取得者からの抵当権消滅請求(379条)がありますが、この場合に被担保債権の弁済期日との関連がよくわかりません。 たとえば、 (1)被担保債権の弁済期日が平成28年12月末で、債務者には期限の利益がある場合に、本日抵当不動産が第三者に移転した場合、抵当権者は代価弁済...

  • 【債務超過ではない時には詐害行為が成り立たないか】

    何かしらの行為の前後において、債務超過ではない場合には当該行為は詐害行為にならないとの理解は正しいでしょうか? また、会社のプラスの資産に「回収の見込みが低い債権」が含まれていた場合、 当該債権を除いた上で債務超過か否かが判断されるのでしょうか? それとも、回収可能性等は考慮せずに単純に債務超過か否かが重要...

  • 根抵当権の債権の範囲について

    根抵当権の被担保債権の範囲として、 「年月日金銭消費貸借契約」は、継続性がない特定債権のため、根抵当権の被担保債権とすることはできず、抵当権を設定すべきだと存じますが、 同じ債務者との間に、いくつも金銭消費貸借契約があり、 今後も同様の貸付行為が、発生する可能性があります。 この場合は、根抵当権の被担保債権...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。