銀行の債権回収行為について

主人が小規模個人再生、私が自己破産をすることになり弁護士に依頼しました。
弁護士が受任通知を10月6日に各債権者に送ったのですが、その中に含まれていたA銀行で ※ローン(下記参照)を組んでいたのですが銀行側が受任通知を受け取った後に、夫名義の口座に10日に振込まれた勤務先からの燃料手当て約16万円を出金できなくなってしまいました。
その燃料手当てが振込まれることは弁護士にも伝えていたし、事務員にも再度伝えましたが特に何も言わなかったので、こちらもあえて何もしませんでした。
結果、手当ては振込まれ、銀行側はそれを押さえてしまいました。
それを弁護士に伝え、銀行側と協議して頂くようお願いしましたが、このようなメールが返ってきました。

「銀行には損害賠償の警告書を内容証明郵便で出しました。ただ、支払停止後の債権回収行為は否認権行使などで倒産法上の違法性が確定すればともかく、倒産法の申立がなされるまでは自由競争だから違法と限らない、と突っぱねられると裁判上も勝ち目はないと思います。」

後からインターネットで調べてわかったのですが、銀行が取った回収行為を避けるための手段はいくつかあったにもかかわらず、弁護士が適切なアドバイスをしなかったために生じたことと考えています。

※ 夫: 総合口座型自動貸越とマイカーローン(車検費用等)、妻:パーソナルローン

そこで質問なのですが・・・

質問1. 回収された16万円が返還される見込みはありますか?

質問2. 銀行側が返還を拒否した場合、この手当てが返還される方法は他にないのでしょうか?

質問3. 担当弁護士が銀行に対してとった措置は一般的なんでしょうか?

質問4. 今回のことで弁護士に対して不信感がめばえました。この程度のことは弁護士と依頼人の間でよくあることなんですか?

質問5.このA銀行は先日、B銀行と合併しました。私はB銀行に給与振込み口座を持っていますが、合併によって、債権回収行為 or 出金停止等の措置はありますか?
(担当弁護士にメールで聞いたのですが、返答がありません)

担当弁護士との今後のことも含めて参考にさせて頂きたいのでアドバイス頂けたら助かります。
宜しくお願い致します。
2008年10月15日 02時00分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
1 受任通知到着前なら無理です。後なら可能性があります。
2 裁判手続(再生手続)の中でやります。
3 質問内容だけからは判然としません。
4 不信感があるなら、そのままにしておくべきでなく、そのことを直接伝えるべきです。
5 質問の意味がよくわかりません。主体が別なら合併しようが無関係ですが、あなた自身が破産手続をしているなら、そのような処置がとられるかもしれません。

2008年10月15日 12時12分

弁護士B
ありがとう
銀行が弁護士からの受任通知を受け取った後に、このような債権回収をすることは、債務整理に手慣れた弁護士なら常識として心得ていることです。したがって受任通知にあたり、相殺などされたくないなら銀行口座に入金しないようにアドバイスしたり、他からの入金が予定されている場合には、入金先の変更とか入金後の受任通知にするとかの方法をとります。
その弁護士に抗議して、言い訳したら、私の見解を言ってください。その弁護士の処理がいいかげんとまでは言えないですが、適切だともいえないと思います。
なお、銀行合併後の債権回収行為などの危険は皆無でないと思います。

2008年10月15日 12時55分

相談者
>弁護士A様、

お忙しい中、ご回答ありがとうございました。

>1 受任通知到着前なら無理です。後なら可能性があります。

上にも書きましたが、銀行側に受任通知が届いてからの債権回収行為になります。
私も通知後なら回収されることはないと思っていたのですが、銀行は残貸金を相殺する権利があるとのことでした。
その点は素人がネットで読んだ情報なんですが、実際どうなんでしょう?


>2 裁判手続(再生手続)の中でやります。

この方法で担当弁護士が対処してくれると思っていたのですが、そうではなかったようです。
やはりこの方法だと望みはありそうですか?


>4 不信感があるなら、そのままにしておくべきでなく、そのことを直接伝えるべきです。

仰る通りですね。
こちらが何かを言うと、不機嫌そうにまくし立てて法律用語を駆使して一方的に話し始めるので威圧的な印象でしたが大事なことなので勇気を持って話してみます。


>5 質問の意味がよくわかりません。主体が別なら合併しようが無関係ですが、あなた自身が破産手続をしているなら、そのような処置がとられるかもしれません。

A銀行はB銀行と合併して、今後はB銀行の名前になりました。
合併というと主体も一緒なのではないのですか?
私は破産手続き中なので今後の入金に対してはローンの残金に充てられる可能性は高いのでしょうね。

一つ一つの質問へのそれぞれのご回答ありがとうございました。

2008年10月16日 02時21分

相談者
>弁護士B様、

お忙しい中、ご回答ありがとうございます。

弁護士B様の仰る通りです。
自分なりに基礎知識としてわかっていたのですが、「弁護士の言うことに間違いはないだろう。弁護士のアドバイス通りに進めれば案心だ。」と思っていただけにショックです。
支払はまだ何も滞ってなかったから入金予定の10日以降に受任通知を送ってくれても何も問題なかったのに。
たったそれだけだったのに、とても残念で仕方がありません。

ここで相談するまでは自分達の落ち度だったのかも・・・と思い、泣き寝入りで諦めようと思ってましたが、弁護士B様にご理解頂けて嬉しいです。
ありがとうございます。
担当弁護士は頑張ってくれているとは思いますが、今の私達にとって16万は大金です。
その16万の一部を今月末から始まる積立金の一部に充てようと思っていたのですが、どうにも無理そうです。
積立金(支払い)のことを含めて、担当弁護士に相談してみます。

銀行合併後の回収行為の可能性は否めないのですね。
同じ過ちを避けるためにも万全策を取って事前に対策を取ります。

ご丁寧な回答に感謝致します。
ありがとうございました。

2008年10月16日 02時47分

この投稿は、2008年10月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 弁護士は銀行に申し出すれば口座の入出金を停止できるのか?

    情報商材を販売する会社を経営してます。 弊社販売の情報商材を購入したお客さんが返金を求め、弁護士事務所に相談しました。 その後、弁護士事務所が銀行サイドに連絡し弊社の口座を一旦ロック(凍結扱い)したのですが、 返金をしたら銀行サイドに解除通知をし口座を元通り使えるようにする。と言ってきました。 しかし弁護...

  • 弁護士。銀行振込ですか?

    (1)弁護士に着付金等の全額を払えない場合は着付金のローンを払うにはクレジットカードですか?銀行振込ですか? (2)自宅療養生活を送っている人は弁護士の事務所へ行けない場合はどうしますか?

  • 個人再生の申し立て手続きにネット銀行のIDとパスワードを教える必要があるのでしょうか。

    <質問内容> 個人再生の申し立て手続き <近況> 現在とある弁護士事務所に依頼し、個人再生の申し立て手続き(7月予定)を実施しようとしています。 先日、弁護士事務所から追加の必要書類に、  ・通帳のコピー ※ネット銀行の場合はIDとパスワードをメール等でお教え下さい。 と依頼がありました。 わたくしが利...

  • 個人再生での銀行ローンと口座解約について

    個人再生を弁護士に依頼しております。 銀行ローンを含んでおりますが、弁護士からは受任通知受理後、過去の事例から銀行は口座を強制解約してくる可能性が高いと言われております。ですが、会社の経費精算口座として利用しており口座が利用できなくなると非常に困ります。そこで質問ですが、 1.受任通知受理後、口座解約する事を防...

  • 過去の銀行口座の解約は必要ですか?

    法テラスを利用して弁護士に自己破産を依頼してます。 担当の弁護士さんに聞いたら良いんですが、ちょっと苦手な弁護士なので、こちらで回答頂きたいです。 昔、使っていた銀行口座も解約して下さいと言われましたが、13年くらい前に使っていたネットバンクも解約しないといけませんか?残高も無いはずですし、ログインも出来ないし何...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。