債務の相続、債権回収会社との交渉

3ヶ月前に父が亡くなりました。
父は生前に不動産を購入していましたが身体障害にかかり住宅ローンの支払いが滞り不動産を競売で売却致しました。
競売で売却後残債が残っています。
不動産の残債もあるため相続放棄を考えましたが
父の生前に国を相手にした訴訟問題の和解金が近々給付されることを聞いておりできれば和解金が給付される前に債権回収会社と残債に関して交渉を行い少しでもプラスの財産を相続したいと考えていますが、何かしら方法はありますでしょうか?
また、債権回収会社と交渉するにあたりどのように交渉すれば
よいかアドバイスを頂くことは可能でしょうか?









2013年01月10日 01時09分

みんなの回答

本橋 一樹 弁護士
ありがとう
相続放棄ではなく限定承認という方法があります(遺産の範囲内で債務を返済するという方法。共同相続人全員による申立が必要)。
手続的には破産手続での配当な様なものに似ています。
3カ月前というのが気になりますが(相続放棄も限定承認も、申立の期間は相続の事実を知ったときから3カ月以内)、相続放棄の申述申立はされているのでしょうか。
国家賠償等の訴訟による和解金額はわかっているはずです。プラス財産とマイナス財産の比較をして、微妙であるならば限定承認をした方がよろしいでしょう。

2013年01月10日 01時35分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
和解金が給付される前に債権回収会社と残債に関して交渉を行い少しでもプラスの財産を相続したいと考えていますが、何かしら方法はありますでしょうか?

・・・和解金の額 および 残債の金額によりますが

限定承認という方法がありますがプラス財産の範囲の範囲までは支払い義務を負うことになります。

結局残債務をどのように圧縮するかによることになります。任意整理・特別調停という方法がありますが元本の減額は難しいと思います。他方 個人再生という方法では債務額を原則5分の1に圧縮し3~5年で分割支払いすることができますが債権者の同意が必要となったりします。

具体的金額をもとにどのような手続きが最良か 弁護士に直接ご相談なさるのがよいでしょう。

2013年01月10日 07時34分

相談者
債権回収会社と残債に関して交渉を検討していますが
交渉が難航するようであれば限定承認を考えています。
現在、相続承認、放棄の伸長手続きを行っており
これから債権回収会社と交渉することになりますが
不動産の残債について延滞金が発生しており
正確な残債がわからない状況です。債権回収会社に問い合わせを行い正確な残債をお聞きした方がよいのでしょうか?
母は時効になるまで待って相続承認しておけばよいのでは?
と言っていますが時効前に債権回収会社から催促の連絡はないものでしょうか?(債権回収会社からかれこれ3年ほど連絡はきていませんが・・・)


2013年01月11日 01時53分

本橋 一樹 弁護士
ありがとう
正確な残債額を聞かなければ、方針についての判断ができません。
債権回収会社が、譲受債権を放置して時効期間が満了してしまった例は知っていますが名の知れた会社ではありませんでした。
時効を期待するのはリスクが高すぎると思います。

2013年01月23日 23時19分

この投稿は、2013年01月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺品の中からブランド品が…売却したら相続放棄できなくなる?

亡くなった人に借金があり、相続放棄を検討している時に、遺品の中からブランド品が出てきたーー。このような場合、ブランド品を引き取って使ったり、...

ペアローンの注意点と返済できない場合の対処法

住宅ローンをペアローン(夫婦でローンを組むこと)で組んでいて、離婚時に残債がある場合、返済義務は自分と配偶者とでどのように負うことになるので...

【相続】プラスの財産が多くても相続放棄できる?【弁護士Q&A】

亡くなった人と生前トラブルがあったような場合、預貯金などプラスの財産の方が多いとしても、「あの人の財産なんてほしくない!」と思う相続人もいる...

未払い養育費回収のため「強制執行」をする際のポイント

未払いの養育費を回収する方法として、強制執行によって養育費を支払う元配偶者の財産を差し押えるという方法があります。ここでは「[みんなの法律相談...

この相談に近い法律相談

  • 相続放棄について

    債務者→売買契約書を交わし時価相当額で資産を家族へ移動する→破たん→債務者死亡 という図式の場合、家族は債務を相続放棄できるのでしょうか? 有効に売買契約で資産を移動していればその資産は守れるのでしょうか?

  • オーバーローンの土地があっても、民事再生、自己破産は可能ですか?

    他の借金をまとめて民事再生、自己破産したいのですが土地(不動産会社二社に売却依頼中)がなかなか処分出来ず、次の行動に苦慮してます。 やはり不動産がないほうが費用面も安いのでしょうか?(売却しても残債が残る)

  • 自己破産

    自己破産の申請時に債権者リストに登録しなかった債務はどのような扱いになるのでしょうか? 売掛金の相手が自己破産をしましたが、当社に対して支払う意思があるために債権者リストに載せなかったということで、その後、数回に分けて小額を支払ってくれたのですが、現在、残金が滞っています。その残額を請求して支払ってもらうにあた...

  • 住宅ローン残債務 債権回収会社減額交渉について

    5年前に自宅マンションを任意売却しましたが、1200万ほど住宅ローンが残り債権回収会社に債権が移り、4年前から月々5000円を滞りなく支払い続けています。 任意売却の際、担当の不動産業者のかたに「債権回収会社が5年ほどしたら一括返済を求めて来るだろうから、その時に弁護士に相談すればいい」という説明を受けました。 最近にな...

  • 不動産の差押え(住宅ローンの残債がある場合)

    多重債務者です。 弁護士事務所から、某消費者金融債権の「債権回収業務受任通知」が届きました。 この債権は、7年ほど前に仮執行つきで判決が出てしまっています。 債務内容 元金60万 延滞損害金 130万 放置した場合、回収されると思いますが、 以前、他社で口座の差し押さえも受けており、その後銀行の預金はほぼゼロです...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。