青森県から東京都の債権回収をお願いする場合

公開日: 相談日:2022年05月12日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
青森県在住です。東京都内在住の女性に300万を貸した所、今の所返済が滞っているのと困っていた理由に不審な点も出てきました。色々やり取りしてますが、正直もう疲れてきたので弁護士にお任せしたいと思ってます。

【質問1】
この場合は青森県の弁護士と東京の弁護士どちらに依頼したほうが利便性が高いですか?

【質問2】
なかなか東京には行けないので、それでも対応できるのでしょうか?

【質問3】
仕事時間が5時から19時で休みがないのですが、メールやLINEでもやりとりできるのでしょうか?

【質問4】
債権を買い取ってくれる会社などもあるのでしょうか?

1143332さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    タッチして回答を見る

    お困りのこととお察し致しますので、一般論にはなりますがお答え致します。

    【質問1】
    この場合は青森県の弁護士と東京の弁護士どちらに依頼したほうが利便性が高いですか?

    →必ずどちらというわけではなく、意見が分かれるところではあるかと思いますが、
    ・近くの弁護士の方が会ってやりとりもできること。
    ・裁判等になった場合、青森の裁判所で手続ができること。
    ・弁護士が相手の家に行ったりすることは通常はなく、弁護士と相手とのやりとりは書面や電話が中心であること。
    などからすれば、青森の弁護士に依頼をされた方がよいのではないかと思います。

    【質問2】
    なかなか東京には行けないので、それでも対応できるのでしょうか?

    →法律事務所によって、対応地域や、面談が必須かどうかは異なってきます。相談予約時に電話等で確認をした方がよいと思います。

    【質問3】
    仕事時間が5時から19時で休みがないのですが、メールやLINEでもやりとりできるのでしょうか?

    →個々の法律事務所ごとに異なります。初回の依頼時には面談が必要な事務所が比較的多く、正式依頼後はメール等でのやりとりも可能な事務所が多いように思われます。

    【質問4】
    債権を買い取ってくれる会社などもあるのでしょうか?

    →サービサー(債権買い取り会社)の購入対象債権は、消費者金融や商工ローンなどに限定されていることが多く、個人の貸金債権は一般的なサービサーは扱わないことが多いです。

  • 弁護士ランキング
    福岡県9位
    タッチして回答を見る

    >【質問1】
    この場合は青森県の弁護士と東京の弁護士どちらに依頼したほうが利便性が高いですか?
    →採る手段にもよりますが、訴訟などを検討されるのであれば、青森でも訴訟が可能になるのが原則です(特別な取り決めがなかったかどうかなどは、ご相談される弁護士の先生にしっかりお話しになってください)。
    その場合、コミュニケーションの取りやすさの観点から、青森の先生にお願いするのが便利かと思います。

    >【質問2】
    なかなか東京には行けないので、それでも対応できるのでしょうか?
    →上記のとおり、青森で裁判ができるのが普通ではありますが、たとえば支払督促を行うなどの理由で東京の先生にご依頼される場合、オンラインなどでも面談を受け付けている事務所もありますので探してみるといいかもしれません。

    >【質問3】
    仕事時間が5時から19時で休みがないのですが、メールやLINEでもやりとりできるのでしょうか?
    →メールやLINEでのやり取りや、土日祝日の相談が可能な事務所など、色々な事務所がありますので、本サイトなどで探してみられるといいでしょう。

    >【質問4】
    債権を買い取ってくれる会社などもあるのでしょうか?
    →通常、債権回収会社は事業者の債権しか取り扱いませんので、個人の方となるとなかなか難しいように思います。

    以上、参考にしていただけると幸いです。

  • 相談者 1143332さん

    タッチして回答を見る

    支払催促は相手の居住地の裁判所なんですね。いきなり裁判まではハードルが高そうですし、都内の弁護士の方が合ってるかと思います。ただ将来的に裁判まで発展する可能性もあるかもしれないので、そこは悩ましいです。状況を説明して判断を仰ぐ為にまずは相談からしていきたいと思います。そこで弁護士に相談するにあたり、こちらが気をつけたり準備する事があれば教えて頂きたいです。あと検索はしてますが、弁護士を選ぶのも難しいです。

  • 弁護士ランキング
    福岡県9位
    タッチして回答を見る

    > 支払催促は相手の居住地の裁判所なんですね。いきなり裁判まではハードルが高そうですし、都内の弁護士の方が合ってるかと思います。
    →さらに悩ましいことを申し上げて恐縮ですが、支払督促後に訴訟を行う場合、東京に係属してしまった訴訟を取り下げて改めて青森で訴訟ということも考えられますので、訴訟まで発展する可能性を踏まえると東京の先生を選ぶ決め手にはならないかもしれません。
    この部分も含めて、ひとまず弁護士の先生に面談にて相談してみると良いでしょう。

    >そこで弁護士に相談するにあたり、こちらが気をつけたり準備する事があれば教えて頂きたいです。
    借用書や送金履歴など資料を揃えた上、経緯を時系列で整理してから相談するとスムーズですし、弁護士にも喜ばれると思います。

    >あと検索はしてますが、弁護士を選ぶのも難しいです。
    →結局は相談してみないと人となりも分からない部分があるので、何人かに問い合わせてみるというのも手かもしれませんね。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 支払催促は相手の居住地の裁判所なんですね。

    →確かに、簡易裁判所の支払い督促の手続きは、今回の場合東京簡易裁判所になりますが、この手続きは郵送のみで行えますので、青森の弁護士でも東京の弁護士でもそれほど手続き面での違いはありません。

    また、他の弁護士が言うとおり、支払督促に相手方が異議を述べれば、そのまま裁判に移行しますが、取下をして青森で訴えることも可能です。

    > そこで弁護士に相談するにあたり、こちらが気をつけたり準備する事があれば教えて頂きたいです。

    →結局は、弁護士が信頼できそうかどうか、自分の考えと合うかどうかがもっとも重要だと考えます。そして、どうしてもネット上の情報よりは、30分だけでも直接会ってアドバイスを聞いてみる方が、その弁護士が信頼できるかどうかを知るために得られる感覚や情報は多いのではないかと思います。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す