売掛金踏み倒し 余命宣告と高級外車

公開日: 相談日:2021年07月27日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
アパレルを経営しております。売掛金が¥141万の残っている取引先があるのですが、5/末に先方の弁護士より下記のような手紙が届きました。
①オーナーが癌になった(4/中頃に医師より余命3か月宣告)
②現金・預貯金はほとんどない(銀行残高は数万円)
③銀行系の借金¥3800万、弊社やアパレル系の未払金¥250万、他家賃・社会保険料等の未払金約100万有
④今後は弁済もできない、さらには自己破産する費用もないので諦めて欲しい。連絡は私(弁護士)にしてください。
**オーナーは、まだ元気に生きています。オーナーのLINEに連絡したのですが弁護士に連絡してくれ。と返信が来て、その後はブロックされて既読にもなりません
**弁護士に連絡したとたんに言いくるめられると思い、まだ直接連絡しておりません
**オーナーは会社名義の高級外車(支払いは個人預金から捻出したと言ってます)に乗っています。弁護士には車のことは内緒にしていると思います
**弊社の商品(在庫)は全く残っていない
**先方の店長を信用して(以前弊社に勤めていた者)回収作業が甘くなっていたのも事実です
**今は↑の店長を通して支払いを依頼しています
**知合いの司法書士もいますが140万を超えるため難しいのかな。と考えています
**先方の寿命?もあり、不安定な事案になります。

【質問1】
この様な場合は諦めるしかないのでしょうか?この弁護士は先方にとっては有難くても弊社にとっては鬼畜にしか思えません。こちらも弁護士の先生に依頼すれば戦える事案なのでしょうか?お知恵を頂ければ幸いです。

1049424さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。

    >諦めるしかないのでしょうか?
    >こちらも弁護士の先生に依頼すれば戦える事案なのでしょうか?

    →相手方に資産があるか、貴社側でその資産を特定できるか、がポイントになるでしょう。


    >オーナーは会社名義の高級外車・・・に乗っています。

    →この車のナンバーなどを把握できれば、回収の可能性はあります。


    訴訟を経る必要がある可能性もありますが、現時点で諦める必要はないように思います。
    具体的資料を持って弁護士に相談することもご検討ください。

    ご参考になれば幸いです。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す