※大至急 債務回収に関して

公開日: 相談日:2021年06月10日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
知人に返済期日のない借用書にお金を貸しました。
今まで一度も返済がなかったため、貸した金額、遅延損害金、内容証明の発行の経費を記載した内容証明を先月発送致しました。
そうしたら遅延損害金を除いた金額なら支払いをする意思があると返信が来ましたがこちらが遅延損害金を含んだ金額を支払いして下さいと返信しところ債務者から以下のような返信きました。

「いつまでにお支払いください」と言われて支払いが遅延したという事実がない以上は遅延損害金は払う理由が発生していないのではないか
返済期日の記載されたメモなどがあれば提示して下さい

という内容です。
借用書はありますが上記の通り返済期日は記載していません。

【質問1】
返済期日を決めていなかった場合、遅延損害金を請求するのは不可能でしょうか?
不可能であれば他に迷惑料等と称して幾らか請求するのは可能でしょうか?
もし遅延損害金が可能であれば起算日はいつですか?

1034579さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県3位
    タッチして回答を見る

    >返済期日を決めていなかった場合、遅延損害金を請求するのは不可能でしょうか?

    支払期限の定めがない場合、請求時から遅延損害金が発生します(民法412条3項)



    (履行期と履行遅滞)
    第四百十二条 債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。
    2 債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した後に履行の請求を受けた時又はその期限の到来したことを知った時のいずれか早い時から遅滞の責任を負う。
    3 債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた時から遅滞の責任を負う。

  • 相談者 1034579さん

    タッチして回答を見る

    返信ありがとうございます。
    今回の場合は3に該当するということでよろしいでしょう?
    また5月14日に内容証明を発行しました。この日付が起算日ということでよろしいでしょうか?
    ご教授よろしくお願い致します。

  • 弁護士ランキング
    長崎県3位
    タッチして回答を見る

    >今回の場合は3に該当するということでよろしいでしょう?

    412条3項になります

    >また5月14日に内容証明を発行しました。この日付が起算日ということでよろしいでしょうか?

    内容証明の到達日と考えられます。

    配達証明書で確認できます(送付時にオプションとしてつけていなかった場合には、事後的に郵便局に申請できます)。

  • 相談者 1034579さん

    タッチして回答を見る

    詳しい説明ありがとうございます。
    配達証明はつけていま
    最後に確認ですが利率は24%で合っていますか?10万円以下です。

  • 弁護士ランキング
    長崎県3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >最後に確認ですが利率は24%で合っていますか?10万円以下です。

    約定利率の合意がない限り法定利率によります(民法419条1項)が、現在の利率は年3%です。

    (金銭債務の特則)
    第四百十九条 金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、債務者が遅滞の責任を負った最初の時点における法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。
    2 前項の損害賠償については、債権者は、損害の証明をすることを要しない。
    3 第一項の損害賠償については、債務者は、不可抗力をもって抗弁とすることができない。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す