現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

新型コロナウイルスに関する給付金 簡易診断

新型コロナウイルスの影響で世帯主の収入が減少した場合、30万円の給付金が支給される可能性があります。
最大5つの質問に答えることで、対象になるかどうかがわかります(2020年4月13日時点の情報です。今後条件などが変更される可能性があります)。

Q1 2020年2月から6月までに世帯主の月収が減る月はありますか?

Q1 あなたは単身者、もしくは扶養親族等(同一生計配偶者および扶養親族)がいない方ですか?

Q1 収入が減って10万円以下になる月はありますか?

Q1 扶養親族等(同一生計配偶者および扶養親族)は何人いますか?
※4人以上の場合は、1人あたりにつき基準額を5万円加算します。

Q1 収入が50%以上減って20万円以下になる月がありますか?

Q1 収入が減って15万円以下になる月はありますか?

Q1 収入が50%以上減って30万円以下になる月がありますか?

Q1 収入が減って20万円以下になる月はありますか?

Q1 収入が50%以上減って40万円以下になる月がありますか?

Q1 収入が減って25万円以下になる月はありますか?

Q1 収入が50%以上減って50万円以下になる月がありますか?

給付の対象です

※お住まいの地域その他の条件によっては給付の対象になる可能性があるので、自分があてはまるのか詳しく知りたい方は、自治体の窓口などに問い合わせて確認することをおすすめします。

給付の対象ではありません

※お住まいの地域その他の条件によっては給付の対象になる可能性があるので、自分があてはまるのか詳しく知りたい方は、自治体の窓口などに問い合わせて確認することをおすすめします。

一つ前の質問をやり直す

「はじめからやり直す」ボタンを押すと
すべての結果がリセットされます

はじめからやり直す