労働問題でよく検索されている法律相談は?

弁護士ドットコムの法律相談コーナー「みんなの法律相談」には、日々、様々な相談が寄せられています。今回は、労働問題でよく検索されている相談をピックアップ。弁護士に見解を聞きました。

目次

  1. 退職後に有給は請求できる?
  2. 休憩時間10分ってアリ?
  3. 突然、早期退職を促された
  4. 仕事でミスするたびに罰金!?

退職後に有給は請求できる?

辞めた後に取得できるはずだった有給休暇を買い取って欲しい——。在職中に取得できなかった有給に関する相談が、弁護士ドットコムに複数寄せられています。 相談者は採用面接で「アルバイトは有給ない」と説明され、その通り信じこんでいたため、在職中に有給を取得することはありませんでした。 取得できなかった有給について、その分の時給を支払ってもらうことはできるのでしょうか。 記事はこちら 「退職後の有給請求」の相談を見る

休憩時間10分ってアリ?

10時間働いて、10分の休みが3回しかなく困っている——。「みんなの法律相談」には、職場の休憩時間に関する相談も多く寄せられています。 居酒屋でアルバイトをしている相談者は、週に6日ほど出勤し、14時から24時まで働いています。しかし、10時間の労働時間の中で、休憩時間は「10分休みが3回あるかないか程度」だと言います。 果たしてこんな休憩ルールは本当に正しいのでしょうか。 記事はこちら 「休憩時間」の相談を見る

突然、早期退職を促された

職場で突然、早期退職を促されたという50代男性から、断り方についての相談が弁護士ドットコムに寄せられました。 男性は「早期退職の条件は悪くはありませんでしたが、自らのライフステージを考えると辞めるわけにはいかない」と考えています。 今後、退職勧奨を強く促された場合、どのように交渉すれば良いのでしょうか。 記事はこちら 「退職勧奨」の相談を見る

仕事でミスするたびに罰金!?

会社でミスするたびに、上司に要求された「罰金」を取り戻したい——。 上司は相談者がミスをするごとに、罰金としてお金を要求してきました。会社にも相談できずにいた相談者は、気づけば男性は700万円も支払っていました。 上司からは「全額寄付した」と言われてしまったそうですが、お金を取り戻せるのでしょうか 記事はこちら 「仕事のミスで罰金」の相談を見る

記事のタイトルとURLをコピー