残業代

弁護士監修記事 2019年06月28日

裁量労働制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。

  • 「裁量労働制」とは何か
  • 裁量労働制を導入できる条件
  • 残業代が発生する場合

この記事では、これらのポイントについて詳しく紹介します。

目次

  1. 裁量労働制とは?
  2. 会社が裁量労働制を導入できる条件
    1. 専門業務型裁量労働制
    2. 企画業務型裁量労働制
  3. 裁量労働制で働いていても残業代を請求できる場合
    1. 残業代の計算方法
  4. 残業代を請求する

裁量労働制とは?

「裁量労働制」は、正確には「裁量労働みなし労働時間制」といいます。 本来、従業員の始業時刻と終業時刻は、「9時から17時」といったように、固定されていることが通常です。 始業時間と就業時間が決まっている働き方だと、原則として、1日8時間・週40時間(法定労働時間)を超える労働をした場合には、残業代が発生します。 一方で、「裁量労働制」は、労働時間を実際の労働時間ではなく、あらかじめ定めた「みなし労働時間」で計算します。 具体的には、業務の性質上、その業務の遂行方法を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要のある業務について、あらかじめ労使協定などで定めた「みなし時間」で労働時間を算定する制度です。 たとえば、会社がみなし労働時間を「1日8時間」と決めた場合、実際には6時間働いた日や10時間働いた日があったとしても、8時間働いたことになります。 裁量労働制には、実際の労働時間に関係なく労働時間が決まっているため、時間外労働という概念がありません。基本的には残業代は支払われないということです。 ただし、みなし労働時間の設定が、法定労働時間の「8時間」を超えている場合、8時間を超えている部分は時間外労働となるので、残業代・割増賃金が発生します。 たとえば、みなし労働時間が「1日10時間」に設定している場合、時間外労働にあたる2時間分は残業時間となります。この2時間には、月給を時給に換算した賃金(基礎時給)に、最低でも25%を上乗せした割増賃金が発生します。 裁量労働で残業代が発生する場合でも、契約内容では、「裁量労働手当」や「固定残業代」という名目で、給与に残業代があらかじめ含まれている場合があります。 この場合でも、残業代は必ず一定額というわけではなく、みなし分の残業時間を超えた部分については、残業代や割増賃金が発生します。

会社が裁量労働制を導入できる条件

会社が裁量労働制を導入するためには、法令で定められたさまざまな条件をクリアする必要があります。また、条件をみたした労使協定の内容を、労働基準監督署に届け出る必要があります。 条件をみたしていないのに裁量労働の形で勤務していた場合、実労働時間どおりの賃金や残業代を会社に請求できる可能性があります。

自身の会社が裁量労働制を適法に導入しているか疑問を持っている方は、弁護士や最寄りの労働局などに相談しましょう。

裁量労働制は、「専門業務型裁量労働制」と「企画業務型裁量労働制」の2種類の働き方に分類されます。導入するための条件はそれぞれ異なるので、分けて解説します。

専門業務型裁量労働制

導入可能な19の業種

対象となる業種は以下の19の業種に限定されています。

1. 新商品もしくは新技術の研究開発、または人文科学もしくは自然科学に関する研究の業務
2. 情報処理システムの分析または設計の業務
3. 新聞もしくは出版の事業における記事の取材、もしくは編集の業務または放送番組、もしくは有線ラジオ放送もしくは有線テレビジョン放送の放送番組の制作のための取材、もしくは編集の業務
4. 衣服、室内装飾、工業製品、広告等の新たなデザインの考案の業務
5. 放送番組、映画等の制作の事業におけるプロデューサーまたはディレクターの業務
6. 広告・宣伝等における商品等の内容、特長等に係る文章の案の考案の業務(いわゆるコピーライターの業務)
7. 事業運営において情報処理システムを活用するための問題点の把握またはそれを活用するための方法に関する考案もしくは助言の業務(いわゆるシステムコンサルタントの業務)
8. 建築物内における照明器具・家具等の配置に関する考案、表現または助言の業務(いわゆるインテリアコーディネーターの業務)
9. ゲーム用ソフトウェアの創作の業務
10. 有価証券市場における相場等の動向または有価証券の価値等の分析、評価またはこれに基づく投資に関する助言の業務(いわゆる証券アナリストの業務)
11. 金融工学等の知識を用いて行う金融商品の開発の業務
12. 大学における教授研究の業務(主として研究に従事するものに限る)
13. 公認会計士の業務
14. 弁護士の業務
15. 建築士(一級建築士、二級建築士および木造建築士)の業務
16. 不動産鑑定士の業務
17. 弁理士の業務
18. 税理士の業務
19. 中小企業診断士の業務

導入にあたり決めなければならないこと

会社側と従業員側の労使協定で以下の内容を定めなければなりません。

1. 制度の対象とする業務
2. 対象となる業務遂行の手段や方法、時間配分等に関し従業員に具体的な指示をしないこと
3. 労働時間としてみなす時間(休憩時間や時間外労働、深夜労働、休日労働に関しては、就業規則で定めることも可能)
4. 対象となる従業員の労働時間の状況に応じて実施する健康・福祉を確保するための措置の具体的内容
5. 対象となる従業員からの苦情の処理のため実施する措置の具体的内容
6. 労使協定の有効期間
7. 従業員ごとに講じた4および5の記録を協定の有効期間およびその期間満了後3年間保存すること

この他、8時間を超えるみなし労働時間を設定する場合、会社は従業員の間で協定(36(さぶろく)協定)を結んで、労働基準監督署に書面を届け出る必要があります。

企画業務型裁量労働制

対象となる業務・対象外の業務

具体的には、以下のような、事業運営に関する企画・立案・調査・分析の業務を自らの裁量で行う従業員を対象とした制度です。

・経営企画担当部署における業務のうち、①経営状態・経営環境等について調査・分析を行い、経営に関する計画を策定する業務、②現行の社内組織の問題点やその在り方等について調査・分析を行い、新たな社内組織を編成する業務

・人事/労務担当部署における業務のうち、①現行の人事制度の問題点やその在り方等について調査・分析を行い、新たな人事制度を策定する業務、②業務の内容やその遂行のために必要とされる能力等について調査・分析を行い、社員の教育・研修計画を策定する業務

・財務/経理担当部署における業務のうち、財務状態等について調査・分析を行い、財務に関する計画を策定する業務

・広報担当部署における業務のうち、効果的な広報手法等について調査・分析を行い、広報を企画・立案する業務

・営業企画担当部署における業務のうち、営業成績や営業活動上の問題点等について調査・分析を行い、企業全体の営業方針や取り扱う商品ごとの全社的な営業に関する計画を策定する業務

・生産企画担当部署における業務のうち、生産効率や原材料等に係る市場の動向等について調査・分析を行い、原材料等の調達計画も含め全社的な精算計画を策定する業務

導入できる場所の条件

企画業務型裁量労働制は、会社全体で一気に導入することはできません。本店や支店などの「事業場」ごとに、導入の条件をみたしている必要があります。 具体的には、以下の事業場が該当します。

1. 本社・本店である事業場
2. 事業場の属する企業等が取り扱う主要な製品・サービス等についての事業計画の決定等を行っている事業本部である事業場
3. 事業場の属する企業等が事業活動の対象としている主要な地域における生産、販売等についての事業計画や営業計画の決定等を行っている地域本社や地域を統括する支社・支店等である事業場
4. 本社・本店である事業場の具体的な指示を受けることなく独自に、当該事業場の属する企業等が取り扱う主要な製品・サービス等についての事業計画の決定等を行っている工場等である事業場
5. 本社・本店である事業場の具体的な指示を受けることなく独自に、当該事業場を含む複数の支社・支店等である事業場に係る事業活動の対象となる地域における生産、販売等についての事業計画や営業計画の決定等を行っている支社・支店等である事業場
6. 本社・本店である事業場の具体的な指示を受けることなく独自に、当該事業場のみに係る事業活動の対象となる地域における生産、販売等についての事業計画や営業計画の決定等を行っている支社・支店等である事業場

この他、8時間を超えるみなし労働時間を設定する場合、会社は従業員の間で協定(36(さぶろく)協定)を結んで、労働基準監督署に書面を届け出る必要があります。

企画業務型裁量労働制導入の手続

対象となる事業場において、会社側が労使委員会を設置し、その委員会の委員の4/5以上の多数によって、以下の事項を決議し、労働基準監督署に届け出る必要があります。 「労使委員会」は、従業員を代表する委員と使用者を代表する委員で構成されます。人数については特に規定がありませんが、従業員側の委員が半数を占めていなければなりません。

1. 対象業務
2. 対象従業員の具体的な範囲
 例)「大学の学部を卒業して5年以上の職務経験を有し、主任(職能資格○級)以上の職能資格を有している」など
3. 労働時間としてみなす時間
4. 対象となる従業員の労働時間の状況に応じて実施する健康・福祉を確保するための措置の具体的内容
5. 対象となる従業員からの苦情の処理のため実施する措置の具体的内容
 例)苦情の申出の窓口および担当者、取り扱う苦情の範囲
6. 制度の適用について従業員本人の同意を得なければならないこと・不同意の従業員に対して不利益な取扱いをしてはならないこと
7. 決議の有効期間(3年以内が望ましいとされています)
8. 従業員ごとに講じた4、5および6の同意に関する記録を決議の有効期間およびその期間満了後3年間保存すること

裁量労働制で働いていても残業代を請求できる場合

みなし労働時間の設定が、法定労働時間の「8時間」を超えている場合は、8時間を超えている部分に対して、残業代・割増賃金が発生します。 たとえば、みなし労働時間が「1日10時間」に設定している場合、時間外労働にあたる2時間分は残業時間となります。この2時間には、月給を時給に換算した賃金(基礎時給)に、最低でも25%を上乗せした割増賃金が発生します。 しかし、法定労働時間を超えるみなし労働時間を設定している会社では、あらかじめ決まった額の残業代をセットにしていることが少なくありません。 基本給の他に、「裁量労働手当」や「固定残業代」といった名目で給与明細に記載されていることが一般的です。 たとえば、「基本給20万円、裁量労働手当5万円」などと記載されています。 「固定」残業代という名前から、何時間残業しても残業代が一定額と考える人もいるかもしれませんが、そうではありません。 固定残業代や裁量労働手当として割り当てられた残業時間を超えて残業している場合には、その超えている部分について、別途残業代が発生します。

反対に、割り当てられた時間残業をしなかったとしても、残業代は満額支給されます。

以下では、「みなし労働+固定残業代」の場合に、残業代や割増賃金をどのように計算するのかについて解説します。

残業代の計算方法

「みなし労働+固定残業代」で勤務している場合でも、次の場合は、固定残業代の他に、残業代・割増賃金が発生します。

  • 固定残業として定められた時間以上に残業した場合
  • 深夜(22時〜5時)に働いた場合
  • 法定休日に働いた場合
  • 所定休日に働いた場合

どのように計算すればよいのか、簡単な例を紹介します。

時給の計算方法や休日の考え方など、残業代を計算するために確認が必要な点がいくつかありますが、固定残業における残業代をイメージしてもらうために、ここでは詳細は省いて解説します。時給の計算方法や休日の考え方については、別に詳しく解説した記事があるので、そちらを参考にしてみてください。記事の末尾に参考リンクを掲載してあります。

固定残業として定められた時間以上に残業した場合

固定残業として定められた時間を超えて残業した場合、超えている部分は時間外労働となるので、超えた部分の時間に別途残業代が発生します。 具体的には、超えた部分の時間に対して、時間外労働した場合の割増賃金率(25%以上)を時給に上乗せした割増賃金が生じます。 たとえば、以下のようなケースで計算してみましょう。

  • 固定残業代は5万円(40時間)
  • 実際の残業時間は50時間だった
  • 月給から換算した時給は1000円
  • 時間外労働の割増賃金率は25%

この場合、固定残業として定められた時間(40時間)に対し、実際には50時間残業しているので、10時間分の割増賃金が別途発生します。具体的な計算式は以下のようになります。 10時間 × 1000円 × 1.25 = 1万2500円 固定残業として定められた時間を超えて残業した時間(10時間)に対し、1万2500円の割増賃金が、固定残業代とは別に生じることになります。

深夜(22時〜5時)に働いた場合

深夜(22時〜5時)に働いた場合は、働いた時間に対して、基礎時給に深夜労働した場合の割増賃金率(25%以上)をかけて計算します。 たとえば、以下のようなケースで計算してみましょう。

  • 固定残業代は5万円(40時間)
  • 1か月の残業時間は30時間だった
  • 残業時間のうち、深夜(22時〜5時)の残業は10時間だった
  • 月給から換算した時給は1000円
  • 深夜労働の割増賃金率は25%

この場合、固定残業代に含まれた残業時間の範囲内ですが、深夜労働の割増分について別途賃金が発生します。具体的な計算式は以下のようになります。 10時間 × 1000円 × 0.25 = 2500円 このように、固定残業代の範囲内の残業であっても、別途2500円分の深夜残業代が生じることになります。

「法定休日」に働いた場合

労働基準法では、従業員が最低でも1週間に1回、または、4週間に4回以上の休みを得られるよう定めています(法定休日)。 多くの会社で週休2日制を採用していますが、法律で定めれられた休日(法定休日)は週1日であり、残り1日は会社が定めた「所定休日」です。 法定休日の曜日は、就業規則や雇用契約書を確認してみましょう。記載がない場合、土日が休みの会社であれば、日曜日を法定休日としていることが多いです。 法定休日に労働した場合は、働いた時間に対して、法定休日に労働した場合の割増賃金率(35%以上)を基礎時給に上乗せした割増賃金が生じます。 法定休日に出勤した場合の割増賃金について、以下のようなケースで計算してみましょう。

  • 固定残業代は5万円(40時間)
  • 休日以外の残業時間は20時間
  • 日曜日が法定休日になっている
  • 日曜日に4時間働いた
  • 月給から換算した時給は1000円
  • 法定休日に働いた場合の割増賃金率は35%

固定残業時間には、法定休日の労働時間を含むことができません。そのため、月の残業時間が、固定残業で決められた時間の範囲内でも、法定休日に働いた場合は、その時間分の残業代と割増賃金がフルで発生します。 計算式は以下のようになります。 4時間 × 1000円 × 1.35 = 5400円 固定残業代とは別に、法定休日の残業代・割増賃金が生じることになります。

一方、会社が定める法定休日以外の休日(所定休日)に働いた場合は、固定残業の時間の範囲内に収まっている限りは、残業代・割増賃金は別途発生しません。

残業代を請求する

具体的に未払いの残業代を請求する方法については、この記事の下の関連記事で解説しています。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求を扱う弁護士を探す

残業代に関する法律相談

  • 残業代未払い、有給休暇拒否について

    労働問題について、どのような証拠を集めれば良いですか。 私は動物病院に勤めています。 社内規則では8:30〜19:30までの8時間労働、3時間休憩となっていますが、実際の休憩は長くて1時間程...

    1弁護士回答
  • 基本給に残業代が含まれている場合の残業代請求

    以下の状況で残業代が請求可能かを教えて下さい。 ○基本給に残業代が含まれていると会社側が主張(就業規則に記載あり。雇用契約書に記載なし) ○基本給に含まれている残業時間の明確な時間数...

    1弁護士回答
  • 半強制の接待飲み会を回避したいです。

    会社の接待飲み会に行きたくない。 終業後の接待飲み会に参加したくありません。 よく会社の飲み会に参加したくない時は断ってもいいという記事を見ますが、それは接待も適応されるのでしょ...

    2弁護士回答
  • 残業代の時間区切りに関して

    残業代に関して教えてください。 現在、9時から18時まで勤務しております。 18時から19時までの残業は18時59分で帰ったら残業代なし。 19時までの1時間までは1時間単位。 そ...

    2弁護士回答
  • 二年間の残業代を請求したい。

    先日今の会社に勤めて丸二年が経ちました。12時間就業の週6日勤務という条件でしたがお金のために頑張ろうという気持ちで働き出しました。 ところが初めアルバイトで入ったのですが、アルバ...

    2弁護士回答

相談を絞り込む

残業代の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...