労災

弁護士監修記事 2019年06月28日

仕事のストレスでうつ病になり自殺した場合に労災保険を利用できるケース

家族が仕事のストレスでうつ病などの精神的な病気になり自殺によって死亡した場合、いわゆる過労死として、労災保険から遺族年金などの補償を受けられる可能性があります。 どのような場合に労災保険を利用できるのか、過労死と認められる基準を詳しく解説します。

目次

  1. 過労死とは
  2. 過労死の場合に労災保険から受けられる補償
    1. 葬式の費用
    2. 遺族年金など
  3. どのような場合に過労死と認められるのか
    1. 認定基準の対象となる精神障害を発病していること
    2. 病気になる前のおおむね6か月の間に、仕事による強いストレスが認められること
    3. 仕事以外のストレスや本人側の原因により病気になったとは認められないこと
  4. 過労死かもしれないと思ったら弁護士に相談する

過労死とは

いわゆる過労死と言われるものには、次の2つがあります。

  1. 仕事による過重な負荷による脳血管疾患や心臓疾患を原因とする死亡
  2. 仕事による強いストレス(心理的負荷)による精神障害を原因とする自殺による死亡

この記事では、2.精神障害を原因とする自殺によって死亡した場合について解説します。

過労によって精神障害となったけれど死亡に至らなかった場合には、精神障害になったこと自体を労働災害として、労災保険の補償を受けられる可能性があります。この記事の下の関連記事で詳しく説明しています。

過労死の場合に労災保険から受けられる補償

労災保険を使うと、次のような補償を受けることができます。 労災保険を使うことで受けられる補償の内容

葬式の費用

葬式の費用として「葬祭料」が支払われます。

遺族年金など

遺族に対し年金などが支払われます。遺族補償年金といいます。 「遺族補償年金」は亡くなった方の給料をもとに計算されます。このほか、ボーナスをもとに計算した「遺族特別年金」、一時金として支払われる「遺族特別支給金」があります。

労災保険から遺族補償年金を受け取る場合でも、別途、国民年金(厚生年金)からも遺族年金を受け取ることができます。ただし、金額が調整されて全額を受け取れない場合があります。

どのような場合に過労死と認められるのか

仕事のストレスにより精神的な病気になったこと自体が労災として認められような場合には、その後に自殺を図って死亡したことについても、原則として、労災(過労死)と認められます。 過労死と認められるための条件のフロー 精神的な病気になったこと自体が労災として認められるには、次の条件にあてはまることが必要です。 認定基準の対象となる精神障害を発病していること 病気になる前のおおむね6か月の間に、仕事による強いストレスが認められること 仕事以外のストレスや本人側の原因により病気になったとは認められないこと

認定基準の対象となる精神障害を発病していること

認定基準の対象となる精神障害については、この記事の下の関連記事をご覧ください。

病気になる前のおおむね6か月の間に、仕事による強いストレスが認められること

病気になる前のおおむね6か月の間に、仕事による強いストレスあったかどうかを判断する方法については、この記事の下の関連記事をご覧ください。

仕事以外のストレスや本人側の原因により病気になったとは認められないこと

仕事による強いストレスがあったと認められる場合でも、仕事以外にも大きなストレスがあったといえるケースでは、労災だと認められない場合があります。 仕事以外にもストレスがあったかどうかの判断方法については、この記事の下の関連記事をご覧ください。 また、精神障害の既往歴やアルコール依存症など、本人の側にも病気となる原因があるケースでも、労災だと認められない場合があります。 このような場合に労災を利用できるかどうかは、労災認定を行なう労働基準監督署が判断しますが、どちらの場合も慎重に判断されることになっています。

過労死かもしれないと思ったら弁護士に相談する

この記事を読んで、もしかしたら過労死かもしれないと思った場合には、弁護士に相談することおすすめします。 労災保険を利用するためには、労災保険を申請するための手続きを行ないます。 その際、過労死であることを裏づけるための証拠を一緒に提出すると、過労死だと認めてもらえる可能性が高まります。 たとえば、病気を証明するための診断書や、長時間労働を証明するためのタイムカードの記録、業務内容を証明するためのメール、職場の同僚の証言などがあります。 どのような証拠を揃えればよいかは、個別の事情によって様々です。 弁護士に相談すると、どのような証拠が必要か、どのように手続きを進めればよいかについて、アドバイスをもらうことができます。

過労死の場合には、労災保険を利用することとは別に、会社に対して慰謝料の支払いなどを求めて訴えることができます。労災の手続きと併せて検討してみてもよいでしょう。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

労災に関する法律相談

  • 弁護士探しについての相談

    労災後遺症認定及び会社への損害賠償を検討しております。 つきましては適任な弁護士に依頼したいと思いますが、どこへ頼めば良いか見当がつきませんので、検索や依頼方法などアドバイス願い...

    3弁護士回答
  • 労災の休業補償について

    労災についての質問です。 当社の従業員の事です。 6月に作業中に荷台より落下し怪我をしました。 首の頚椎損傷の診断有。 1か月半入院し現在は復帰しております。 最初の病院での診察は頚椎...

    1弁護士回答
  • 【労災】じん肺の遺族補償一時金を不支給と判断されてしまいました。この判断は正しいのか知りたいです。

    祖父がじん肺起因による(医師判断)にて死亡しました。 もともと労災認定はされていました。 遺族補償一時金を請求できるとのことで、書類を提出したところ「不支給」との判断でした。 不服申...

    3弁護士回答
  • 労災認定されても社を解雇となった。

    企業正社員だった11前に過剰労働で社が過失を認め休業補償給付を受けています。患って1年半は傷病手当を受けていましたが、社の休養期限1年半になり退職となりました。厚生年金もあと一年で1...

    1弁護士回答
  • 労災で失われた雇用保険の権利、会社に損害賠償請求できる?

    精神疾患(うつ病など)が原因で会社を退職し、雇用保険(失業保険)の手続きをしましたら、 「病気療養中では保険の給付は出来ないので、受給延長手続きをしてください。3年以内に病気が治...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

相談を絞り込む

労災の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...