仕事中や通勤中の事故により死亡した場合の労災保険の手続き

仕事中や通勤中の事故などで死亡してしまった場合、遺族は、労災として労災保険を利用することができます。 この記事では労災保険で受けられる補償の内容、手続きの進め方などについて詳しく解説します。

目次

  1. 仕事中や通勤中の事故により死亡した場合には「労災保険」が使える
  2. 労災保険で受けられる補償の内容
    1. 葬式の費用
    2. 従業員が亡くなったことに対するお金が支払われる
  3. 労災保険を使う場合の手続きの流れ
    1. 労基署に労災保険を申請する

仕事中や通勤中の事故により死亡した場合には「労災保険」が使える

仕事中や通勤中に起きた事故などによって死亡し、その事故が労働災害(労災)と認められた場合には、「労災保険」を使って遺族年金などの支払いを受けることができます。 労災保険は、雇用形態を問わず、原則として全ての事業主(会社)が加入している保険です。 会社が労災保険の届出や保険料の支払いをしていないこともありますが、そのような場合でも亡くなった従業員の遺族は労災保険から遺族年金などの支払いを受けることができます。

労災保険で受けられる補償の内容

労災保険を使うと、次のような補償を受けることができます。 alt 詳しい内容を見ていきましょう。

葬式の費用

従業員が労災によって亡くなった場合には、葬式の費用として「葬祭料」(通勤によるケガや病気の場合には「葬祭給付」)が支払われます。

従業員が亡くなったことに対するお金が支払われる

従業員が労災によって亡くなった場合、遺族に年金などが支払われます。遺族補償年金(通勤によるケガや病気の場合には「遺族年金」)といいます。 従業員の給料をもとに計算した「遺族補償年金」(通勤によるケガや病気の場合は「遺族年金」)のほか、ボーナスをもとに計算した「遺族特別年金」、一時金として支払われる「遺族特別支給金」があります。

労災保険を使う場合の手続きの流れ

労災保険を請求するには遺族が手続きを行なうこともできますが、会社が手続きを代わりにすることも多いようです。 会社に手続きをしてもらえないか、総務部などに確認しましょう。

労基署に労災保険を申請する

遺族が手続きをする場合には、労働基準監督署に労災保険の給付を申請します。 労災保険の申請先は、所轄の労働基準監督署です。労働基準監督署は厚生労働省のホームページから探すことができます。 必要な書類は厚生労働省のホームページからダウンロードできます。労働基準監督署に行って手に入れることもできます。

労働災害によって死亡した場合には、労災保険を利用することとは別に、会社に対して慰謝料の支払いなどを求めて訴えることができる可能性があります。労災の手続きと併せて検討してみてもよいでしょう。

記事のタイトルとURLをコピー