【労災保険】仕事や通勤によるケガや病気で後遺障害が残った場合の後遺障害等級認定の手続き

仕事や通勤によりケガや病気になったけれど、完治せずに症状が残ってしまった…。このような場合、後遺障害の認定を受ければ、労災保険から補償を受けられます。

  • 労災保険で後遺障害の場合にもらえる補償内容
  • 後遺障害等級認定の内容

この記事では、上記のようなポイントについて詳しく解説します。

目次

  1. 後遺障害の場合に労災保険で受けられる補償の内容
    1. 後遺障害が残ったことに対するお金が支払われる
    2. 症状固定後の治療費(アフターケア)
    3. ケガのため介護が必要になった場合の費用
  2. 労災保険を使うには「後遺障害等級認定」を申請する
  3. 労災保険の等級認定を先に申請する場合の手続きの流れ
    1. 労基署に障害補償給付を申請する

後遺障害の場合に労災保険で受けられる補償の内容

仕事や通勤によりケガをしたり病気になったりして治療をしたけれど、完治せずにこれ以上はよくならない状態となった場合、医師から「症状固定(これ以上治療を続けても症状が改善しないと医学的に判断されること)」と診断されます。 残った症状の内容によって、労災保険では後遺障害等級が1級から14級まで定められています。 症状固定の診断を受けた場合には、残った症状がどの等級になるのかを決めるために、「後遺障害等級認定」の手続きを行います。 等級が認められると、労災保険から等級に応じた補償を受けることができます。 補償の内容は次のとおりです。 alt 症状固定と診断される前の補償については、この記事の下の関連記事で詳しく解説しています。 詳しい内容を見ていきましょう。

後遺障害が残ったことに対するお金が支払われる

労災保険からは、後遺障害が残ったことに対するお金が支払われます。 後遺障害等級が1〜7級であれば、毎年、年金の形で支払われます。後遺障害等級が8〜14級であれば、一時金の形で支払われます。 1〜7級の場合の年金を「障害補償給付」(通勤による場合は「障害給付」)、8〜14級の場合の一時金を「障害補償一時金」(通勤中の事故の場合は障害一時金)といいます。 これらの年金や一時金は、被害者の給料をもとに計算します。 さらに、上記の年金や一時金とは別に、ボーナスをもとに計算した「障害特別年金」(後遺障害等級が8〜14級の場合は一時金)と、一時金として支給される「障害特別支給金」も支払われます。

症状固定後の治療費(アフターケア)

仕事や通勤によってケガや病気になった場合には、症状固定と診断された後も、再発防止や、後遺障害によって新たな病気が発症するのを防ぐため、労災保険指定医療機関での診察や治療などを無料で受けることができます。

  • せき髄損傷
  • 頭頸部外傷症候群等(頭頸部外傷症候群、頸肩腕障害、腰痛)
  • 尿路系障害
  • 慢性肝炎
  • 白内障等の眼疾患
  • 振動障害
  • 大腿骨頸部骨折及び股関節脱臼・脱臼骨折
  • 人工関節・人工骨頭置換
  • 慢性化膿性骨髄炎
  • 虚血性心疾患等
  • 尿路系腫瘍
  • 脳の器質性障害
  • 外傷による末梢神経損傷
  • 熱傷
  • サリン中毒
  • 精神障害
  • 循環器障害
  • 呼吸機能障害
  • 消化器障害
  • 炭鉱災害による一酸化炭素中毒

アフターケアを受けるためには、所轄の労働局に申請をします。

ケガのため介護が必要になった場合の費用

ケガのため介護が必要になった場合には、介護費用として「介護補償給付」(通勤中の事故の場合には「介護給付」)が支払われます。

労災保険を使うには「後遺障害等級認定」を申請する

症状固定の診断を受けたら、後遺障害についての保険金を受け取るために、「後遺障害等級認定」を申請することになります。 労災保険では後遺障害等級が1級から14級まで定められています。それぞれの等級の内容は次のとおりです。 alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt 等級が決まると、等級に応じた補償を労災保険から受けることができます。 後遺障害等級認定の申請先は、労働基準監督署です。労働基準監督署は厚生労働省のホームページから探すことができます。 申請をすると、労災保険の指定医と面談するように求められます。面談で話したことや、提出した書類などをみて、審査が行われます。 等級認定の結果に納得がいかない場合には、不服申立てをすることができます。

労災保険の等級認定を先に申請する場合の手続きの流れ

労災保険の等級認定の申請手続きも、会社が手続きを代わりに行ってくれることが多いようです。 会社に手続きをしてもらえないか、総務部などに確認しましょう。

労基署に障害補償給付を申請する

自分で手続きをする場合には、労働基準監督署に障害補償給付(通勤中の事故の場合には障害給付)を申請します。 労災保険の申請先は、所轄の労働基準監督署です。労働基準監督署は厚生労働省のホームページから探すことができます。 必要な書類は厚生労働省のホームページからダウンロードできます。労働基準監督署に行って手に入れることもできます。 症状に応じてエックス線写真などを提出することもあります。どのような資料が必要か労働基準監督署に問い合わせましょう。

労働災害により後遺障害が残った場合には、労災保険を利用することとは別に、会社に対して慰謝料の支払いなどを求めて訴えることができる可能性があります。労災の手続きと併せて検討してみてもよいでしょう。

記事のタイトルとURLをコピー