従業員の身元保証人が契約途中で身元保証を辞める方法

会社従業員の身元保証人を引き受けたものの、従業員と疎遠になった…。このような場合に身元保証人を辞めたいと思う人もいるでしょう。

  • 身元保証の有効期間を確認する
  • 契約途中で身元保証人を辞められるケース

この記事では、このようなポイントについて詳しく解説します。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる

目次

  1. 身元保証人を辞める前に確認しておくこと
  2. 身元保証の有効期間を確認する
    1. 有効期間は長くても5年
  3. 途中で身元保証を辞められるケース
  4. 会社が承諾すれば辞められる

身元保証人を辞める前に確認しておくこと

従業員が会社に損害を与えている場合には、身元保証人を辞めたとしても、会社に賠償金を支払わなければならない可能性があります。 このような場合には、別の対処法があります。次の記事で詳しく解説しています。 身元保証をした従業員が、会社に損害を与えている心配がある場合は、この記事の下の関連記事をご覧ください。

身元保証の有効期間を確認する

身元保証には有効期間があります。 有効期間が過ぎていれば、身元保証はすでに終了しています。その場合には、身元保証人を辞めるための手続きをする必要はありません。 まずは契約書を見て、有効期間を確認しましょう。

有効期間は長くても5年

身元保証の有効期間は、法律によって、5年以内と決められています。 5年より長い期間が契約書に書かれている場合には、法律によって、5年に短縮されます。 期間が決まっていない場合は、法律により3年とされます。ただし、商工業見習者(いわゆる徒弟制度)の場合には、5年です。 身元保証は、更新することができます。ただし、更新後の期間も5年を超えることはできません。 身元保証の自動更新は無効とした裁判例があります。

途中で身元保証を辞められるケース

有効期間の途中でも、次のような事情を知った場合には、身元保証人を辞めることができます。

  • 従業員に業務上不適任または不誠実な出来事があって、身元保証人が責任を問われるおそれがあることを知ったとき
  • 従業員の仕事や勤務地が変更されて、身元保証人の責任が重くなったり、従業員を監督することが困難になったとき

会社は、このような場合には、身元保証人に遅滞なく通知しなければなりません。会社から通知を受け取った場合にも、身元保証人を辞めることができます。 従業員にこれらの事情があったかどうか、会社から通知があったかどうかを確認しましょう。 これらに当てはまる場合には、身元保証人を辞めることを会社に伝えましょう。 伝え方は、後日トラブルになることを避けるため、身元保証人を辞めるという内容の書類を配達証明付きの内容証明郵便で送るとよいでしょう。

会社が承諾すれば辞められる

ここまで説明したような事情がない場合でも、会社の承諾があれば、身元保証人を辞めることができます。 身元保証人を辞めたいことを会社に相談してみましょう。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる
記事のタイトルとURLをコピー