【弁護士Q&A】配置転換命令を拒否できるケースとは

会社から配置転換を命じられたとき、どのような理由であれば、配置転換を拒否できるのでしょうか。 たとえば、病気を理由に配置転換を拒否することはできるのでしょうか。 みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 配置転換を拒否できるのはどんな場合か
  2. 病気を理由に配置転換を拒否できるか

配置転換を拒否できるのはどんな場合か

会社に専門職から一般職への配置転換を命じられた場合、拒否できるのでしょうか。

専門職から一般職の異動(配置転換)は拒否できますか。

相談者の疑問 育児休業復帰予定です。復帰するに当たり、専門職の復帰は難しいと言われました。

一般職になると専門職手当もなくなります。元々専門職の部署は正社員2人で働いていました。今は正社員が1人、アルバイトが2人います。

そして、バイトが正社員に上がりたい人もいるから難しいと言われました。この場合拒否するのは難しいでしょうか。

徳田 隆裕の写真 弁護士の回答徳田 隆裕弁護士 まずは、労働契約で職種が限定されているかを検討します。

労働契約において、専門職で働くことに限定されていれば、一般職への配置転換を拒否できます。

次に、専門職での職種が限定されていない場合、

①配置転換を行う業務上の必要性があるのか
②配置転換が嫌がらせなどの不当な動機・目的をもってなされているのか
③配置転換が労働者にとって通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものか
④配置転換について、会社は必要な情報を労働者に提供して説明をしたか

について、総合考慮して、配置転換が有効か無効かが判断されます。

たとえば、①専門職の部署は現在3人いて人員が過剰であり、②会社に嫌がらせの意図がなく、③一般職になることで失う専門職手当の金額が少なく、④会社が配置転換の理由を丁寧に説明したのであれば、本件の配置転換は有効となり、配置転換を拒否するのは難しいと考えます。

労働契約であらかじめ職種が限定されていれば、配置転換を拒否できるでしょう。 職種が限定されていない場合でも、配置転換が有効かどうかは、次の4つの条件などから判断されるようです。無効と判断された場合、配置転換に従う必要はありません。

  • 配置転換を行う業務上の必要性があるのか
  • 配置転換が嫌がらせなどの不当な動機・目的をもってなされているのか
  • 配置転換が労働者にとって通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものか
  • 配置転換について、会社は必要な情報を労働者に提供して説明をしたか

病気を理由に配置転換を拒否できるか

自身の病気を理由に配置転換を拒否することもできるのでしょうか。

不当人事に該当しますか?

相談者の疑問 この5年で4つ目の職場への異動内示が出ました。

私にはうつ病の持病があります。持病を理由に異動を断ることは可能でしょうか。

内示の出方もおかしくて、あらかじめ打診などは一切なく、異動する者の名前が書かれた一覧表がFAXで送り付けられてきました。

全員が回覧できるような形での内示の提示は、断りにくい状況を作るという観点から無効ではないのでしょうか。

野澤 裕昭の写真 弁護士の回答野澤 裕昭弁護士 異動により健康を害するなど不利益を被る可能性があるのであれば配置転換(異動)を断ることはできます。

ただ、使用者は人事権を持ち、配転も人事権の行使の一環として裁量にまかされているので、不利益を被ること(持病が悪化すること)を労働者の方で立証しなければなりません。

配置転換による環境の変化などが病気に影響する場合については、配置転換を拒否できる可能性があるようです。 異動が病気に及ぼす悪影響などについては、労働者自ら証明しなければならないでしょう。

記事のタイトルとURLをコピー