【弁護士Q&A】内定辞退したら損害賠償請求された…支払う必要ある?

会社から内定をもらい、実際に勤務が始まる前に辞退したいと申し出た場合、損害賠償を請求されたり、「他の人が見つかるまで働いてほしい」と言われたりするケースがあるようです。 内定辞退に関するトラブルについて、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる

目次

  1. 内定辞退後に損害賠償を請求されたら
  2. 「次の人が見つかるまで働いて」と言われたら

内定辞退後に損害賠償を請求されたら

内定を辞退したことを理由に、会社から損害賠償請求された場合、支払いに応じなければならないのでしょうか。

中途採用、転職エージェント利用時の内定辞退可否

相談者の疑問 転職エージェントを利用し、内定通知書をもらいましたが、内定承諾に迷っています。内定承諾した後に、「内定辞退はできない。場合によっては訴訟を起こす」と言われました。

内定承諾後の内定辞退はできないのでしょうか?

古屋 文和の写真 弁護士の回答古屋 文和弁護士 法的には、募集への応募が申し込みにあたり、内定通知が承諾にあたるため、内定の承諾をしない段階でも雇用契約が成立している可能性はあります。

一度雇用契約が成立すると、期間の定めのない雇用契約の場合は、辞職の申し入れから原則として2週間が経過しないと退職の効果が生じません(民法627条1項)。

内定の辞退についても、法的には、雇用契約を一方的に解約することを指しますので、辞職(辞退)を申し入れてから2週間は雇用契約の効果は続きます。

その間に勤務開始日を迎えた場合は出勤しなければいけないのが原則です。

会社のいう訴訟の内容ははっきりしませんが、おそらく、辞退したことで会社に損害が生じたとして損害賠償請求をすることを念頭においている可能性が高いです。

ただし、会社に具体的な損害が生じなければ損害賠償請求は認められません。

質問者様の仕事内容、内定辞退のタイミング、辞退による会社への影響などによって、その可能性は大きく変わってきます。

▶ 労働問題に注力する弁護士を探す

「次の人が見つかるまで働いて」と言われたら

内定辞退を告げたところ、「次の人が見つかるまで働いて」と言われた場合、応じる必要はあるのでしょうか。

入社直前の内定辞退について

相談者の疑問 転職活動をしており、4月採用ということで11月に面接で口頭にて内定をいただきました。

内定承諾書や雇用契約書はまだいただいていません。

しかしやむを得ない理由(祖母の介護)が発生し、3月1日に内定を辞退したい旨の連絡をしたのですが、代わりが見つかるまで働いてほしいと強めに言われています。

私の入社を前提に動いていたため、私が入社しなければ人員が足りなくなり、会社が回らなくなる可能性が大きいとのことです。

入社しないことによって損害が発生することが確実な場合、内定をいただいたことで成立した労働契約に従って、新たな人員が見つかるまでその会社で働かなければならないでしょうか?

中井 陽一の写真 弁護士の回答中井 陽一弁護士 内定は、始期付きの労働契約の一種であると考えられています。

そして、民法627条1項において、労働者は、2週間前の予告により、労働契約を一方的に解約できるとされていますから、入社1か月前の時点で内定を辞退することは、法律的には有効であり、次の人材がみつかるまでその会社で働く義務はないと考えられます。

▶ 労働問題に注力する弁護士を探す

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる
記事のタイトルとURLをコピー